人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2020年テレビCMの起用社数が最も多かったタレントランキング、同率1位になったのは?

2020.12.14

2020年も様々なコマーシャルがテレビを彩った。その中で、もっとも長い時間テレビCMに出演していたタレントと、もっとも多くのCMに起用されたタレントは、いったい誰なのだろうか?

そんな「今年のテレビCMの顔」を選ぶ、2020年の年間タレント別テレビCM出稿量および、テレビCM起用社数(関東地区)※ランキングがこのほど、ビデオリサーチにより発表された。

2020年の年間テレビCM出稿量1位は米倉涼子、テレビCM起用社数1位は橋本環奈と広瀬すず

タレント別テレビCM出稿量(秒数)で首位となったのは「米倉涼子」で、前年の11位から大きく順位を上げている。「興和」「楽天モバイル」などのCMに出演しており、2020年はこれまで以上の躍進だ。

2位の「橋本環奈」は「NTTドコモ」などのCMに出演、前年16位から大きくジャンプアップ、3位の「田中圭」も「BOAT RACE振興会」などのCMに出演し、前年9位から順位を上げている。映画やドラマ、数多くの話題作に出演する二人がCM出稿量でも上位に食い込む形となった。

そのほかにも、大幅にランクアップしたのは、「ソニー損害保険」「興和」などのCMに出演した「松本白鸚(藤間昭暁)」(前年97位→7位)、「ソフトバンク」「スマートニュース」などのCMに出演した「千鳥」(前年72位→10位)。

千鳥は、タレントイメージ調査(2020年8月調査)の男性タレント人気度でも5位にランクインしており、生活者と企業の双方からの支持を得ていることがわかる。

また全体を通して、携帯キャリアのCM出演者が多数ランクインしているのは例年の傾向だが、トップ10にランクインした顔触れの半数以上が入れ替わったことは今年の特徴といえるかもしれない。

タレント別テレビCM起用社数では、「橋本環奈」と「広瀬すず」が同数の20社で首位となった。両名とも昨年より起用社数を大きく増やしている。

※ビデオリサーチのグループ会社である株式会社ビデオリサーチコムハウスが、関東地区において「いつ」「どの局で」「何の(企業・商品)」CMが放送されたのかを収集し、独自の基準によって取りまとめた国内最大のテレビCMに関するデータベースであるテレビ広告統計により集計。テレビ広告統計は、ビデオリサーチがデータの提供を行い、ユーザニーズに応じて、月報(翌月)、週報(二週後)、テレビCM速報[全国テレビCMデータ](オンエア翌日)など様々なタイミングで関連業界にてご活用いただいている。

<集計概要>
 集計対象局:関東地区 民放5局(日本テレビ・テレビ朝日・TBS・テレビ東京・フジテレビ)
 集計対象期間:2020年1月1日~2020年11月22日のオンエアCMを対象
※当リリースは、2020年1月1日~10月31日データはテレビ広告統計・月報(確定データ)、11月1日~8日はテレビ広告統計・週報(確定前データ)、11月9日~22日は全国テレビCMデータ(確定前データ)の各データを使用

※本記事は速報版のため、確定版(2021年2月予定)とはデータや順位が異なる可能性がある。

出典元:株式会社ビデオリサーチ

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。