人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

長引く外出自粛でパートナーにイライラ!?コロナ禍で「自分の時間」を取り戻したいと思う人が増えている理由

2020.12.11

コロナ禍で「自分時間」を取り戻したい人が急増中?

カップルや家族、友人同士でお互いにひとつ屋根の下で何ヵ月も外出自粛生活を過ごし、少しでも「自分の時間」が欲しいと感じている人は多いはずだ。

愛する人たちと一緒に過ごすのはとても大切だが、数ヵ月間一緒に外出自粛し、笑いのツボが合わないなどギクシャクした時間を過ごしていると、一人っきりで夜を過ごしたいぬと思う方がいてもおかしくない。

実際、Hotels.comの最新調査によると、世界で5人に1人以上となる21%のミレニアル世代のカップルが、自粛開始一週間でパートナーにイライラし始めたと判明している。

調査結果によると、カップルはそれぞれ一人の時間を見つけるために様々な手段を取っていることがわかった。主要な回答は、「必要もないのに家をこっそり抜け出して散歩する」(33%)、「スマホ画面を意味もなく見つめる」(27%)、「SNSを眺める」(23%)、そして「アルコールがあればとりあえず口にする」(23%)など。

パートナーから離れて一人で一泊する心の準備がすでに出来ている人は、希望の宿泊先として「ラグジュアリーホテルの一室」(30%)が最多となり、「自分の家で一人で過ごす」(27%)、「人里離れた場所にあるホテルやバケーションレンタル」(19%)が続いた。

また、ミレニアル世代のほぼ3分の1(28%)が、パートナーと家で過ごすより、非難されるリスクがあったとしても、政府の自粛要請を破って外に出たい!という欲望に駆られていたようだ。

また、今回の自粛生活を家族と過ごした日本人の49%が、家族に対してイライラしたことを明かしている。世界平均では56%もの人がイライラしたと回答したことから、日本では家族と日常的に過ごす人が多く、今回の環境にある程度は慣れていると言えるのかもしれない。

イライラから逃れるために、日本では「お風呂でゆっくりした」(30%)、世界では「散歩に出かけた」(31%)が最も多い回答となり、異なるストレス解消方法が取られていたことが分かりました。また、日本では、家族と離れて一人の時間ができたら真っ先に「好きな物を食べたい」(40%)人が世界の平均(21%)を大幅に超え、食へのこだわりが明らかになった。

「自分時間」を取り戻したい人のために、Hotels.comは、皆様にゆったりと貴重な「自分時間」を満喫し、体も心も元気になるホテルを紹介。パートナーや友人、家族と過ごすうんざりな生活から離れた、落ち着いた静かな夜を過ごしてはいかがだろう。

ホテルイースト21東京

屋内と屋外のプールに加え、温水ジャグジーもあり、都心にいることを忘れてしまうような優雅な時間を楽しめる。フィットネスジムやサウナなどの施設も完備されているので、心身ともに豊かになれるホテル。1泊6,654円から予約可能だ。

トランクホテル

渋谷と原宿の間に位置し、アクセスの便が良いホテルだが、都心とは思えない空間で心と体を癒しながら自分時間を楽しめる。1泊27,216円から予約可能。

ホテル椿山荘東京

森のような庭園にたたずむホテル。温泉プールやサウナを含むSPAとトリートメントで癒しのひとときを過ごすことができる。緑豊かな庭園でリフレッシュしてはいかがだろう。1泊30,027円から予約可能だ。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。