人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍で迎える米国の年末商戦、Eコマースが下支えに

2020.12.12

今年も残りあとわずか。

年末の物入り時のこの時期は、各小売業が『年末商戦』へと突入する。

米国では『年末商戦』とは一般に、ブラック・フライデー(感謝祭翌日の金曜日、2020年は11月27日)からクリスマス・イブ(12月24日)まで、ギフト需要などによって消費が喚起される時期のことを指す。

近年、消費者による出費時期の前倒し傾向や、Eコマース(EC)の利用増加などが指摘されてきた。こうした流れの中、コロナ禍における今年の『年末商戦』はどのような傾向が見られるのだろうか?

以下、三井住友DSアセットマネジメントのレポートを紹介していきたい。

コロナ禍で迎える『年末商戦』

『年末商戦』は、米国の家計消費にとって大きな割合を占めており、足元の消費者の状況を占う意味で注目されるイベントだ。

一般には11月下旬から12月24日までとされているが、近年では前倒しの傾向が指摘されており、10月以前の指標にも『年末商戦』の影響が反映されると言われている。

10月の小売売上高は前月比+0.3%、ガソリンなど変動の大きい項目を除いたコア小売売上高は同+0.1%となった。大きな伸びには届かなかったものの、家計消費がコロナ禍により大幅に落ち込んだ4-6月期を経て、7-9月期に急増したことも考慮すると、引き続き増勢を保っている点は好材料と言える。

小売業協会は堅調な水準を予想

全米小売業協会(NRF)によると、2020年の『年末商戦』で消費者が予定している消費額は一人当たり平均998ドル。前年の1,048ドルは下回ったが、過去5年平均(2016年-2020年)の991ドルを上回っている。

その中でも、食品や装飾品などギフト用品以外の消費については230ドルと前年(227ドル)、過去5年平均(219ドル)のいずれも上回っている。『年末商戦』に対する消費者の購買意欲がさほど減退していない状況が窺われるが、ギフトや年末用品以外についてはやや慎重な姿勢が見られる。

【今後の展開】ECの利用増加が『年末商戦』を下支え

Eコマース(EC)の利用増加も、コロナ禍における『年末商戦』を下支えすると見られる。米IT企業Adobe社の予測によると、11-12月のECを利用した家計消費は前年比+33%増加し、1,891億ドルに達する見込み。

増加率、金額ともに2018年(同+17%、1,260億ドル)、2019年(同+13%、1,425億ドル)を大きく上回っている。

こうしたEC利用増加も背景とした『年末商戦』の堅調さが、米国景気回復を後押しすることが期待される。※個別銘柄に言及しているが、当該銘柄を推奨するものではない。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。