小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ゲーセンで遊んだ思い出が蘇る!超ミニ化しても本気で遊べる懐かしのアーケードゲーム「アストロシティミニ」

2020.12.12

今とは雲泥の差があったゲームセンターの環境とは?

1986年(昭和61年)から発生。資産価格の上昇と好景気が巻き起こした社会現象のひとつとされる、「バブル景気」の頃、筆者は大体高校生から大学生くらいの時期でした。

高校生、大学生の娯楽のひとつに、「ゲームセンター」でゲームをすることが挙げられます。

これからゲームメーカーのゲーム商品の記事を書こうというのに、大変心苦しいけど、それでも自分の心に正直になりたいので書いちゃいますけど、この時期以前の「ゲームセンター」には、薄暗くて、天井も壁も床も汚くて、治安が悪くて、クサくて、不良だらけで、争ってケンカしているという、修羅のようなイメージがありました。

当然、筆者のように育ちの良いお坊ちゃまくんは、ひとりではとても寄りつけなかったのですが、高校、大学生ともなると、さすがに友達づきあいもあって、「ボクちゃん、ゲームセンター(が)怖いから行けないの……」とはいかないシチュエーションが稀(まれ)に良く有りました。

そこで恐る恐る付き合いがてら、友達とゲームセンターに出かけたところ……。実はバブル期のあたりから、ゲームセンターの環境は良くなっていたようです。

そして今では、小さいお友達から大きなお友達まで、誰もが安全にユカイで楽しく遊べるアミューズメントパークとして、ゲームセンターは確固たる地位を築いています。

さて、ゲームセンターのゲーム機の花形満(はながたみつる)といえば、ディスプレイが本体中心に設置され、画面の下にはジョイスティックやボタンなどをセット。痛快にゲームが楽しめる、いわゆる「アーケード(ゲーム用)筐体」のゲーム機が挙げられます。

店内には似たような筐体がズラーッと並んでいながら、それぞれ別々に、様々なゲームを楽しめるような仕組みになっているのが特色です。どうやら、本体(筐体)やディスプレイ、操作ボタンは、もともと使い回せるようにできており、お店の方で、中のゲーム基板を交換することにより、本体ごとまるっと取り替える必要がなく、比較的安価に、たくさんのゲームが楽しめるようにしているのが特徴です。

このシステムのお陰で、ゲーム機の導入費用が抑えられ、我々は安価に楽しく様々なゲームを楽しめるようになったという訳ですね。誰が考えたんだろう! 座布団1枚!

ゲームセンターの代名詞としておなじみのゲームメーカーとは?

今や世界的な超一流企業の「セガ」様が当時運営していたゲームセンターは、当時の他店舗と比べて、一際(ひときわ)雰囲気もよく、オシャレでキレイで格好よく、治安も良く、超面白いゲームが超沢山置いてありました。(以上、忖度でした)

そして当時、特に目を引いた「アーケード筐体」こそが……。セガの、汎用型アーケード筐体である、「アストロシティ筐体」なのです!

「アストロシティ」は、1993年に登場したアーケード筐体です。

これまでは板金加工のみで設計されていたため、重く、固く、無骨で動かしづらかったのですが、初の樹脂製筐体として登場しました。

そのお陰で軽量化が図られ、当時の全国の多くのゲームセンターに、およそ5万台が導入された、もはや伝説ともレジェンドとも呼ばれる筐体です。

今でも当時モノが残っているゲーセンもあるかも?

※画像は「ニューアストロシティ」のものです。

ちなみに「アストロシティ筐体」はスピーカーが上面にあり、その下に蛍光灯を点灯する機構が備わる、特徴的かつ革新的なデザイン。そのめ当時の人達の心に、深く訴えかけるものがあったのか、もし、この筐体のゲーム機を古い温泉町のゲームセンター(である必要はありませんが、まあそういったシチュエーションだと情感が盛り上がるかも)で再び目にする機会があった人はみな、「あぁっ! ……何もかもみな、懐かしい……。」と感涙のあまり、その場で咽(むせ)び泣くことでしょう。

筆者もアストロシティ筐体を今、どこかで目にすることができたなら、若かりし当時の、辛かったこと、悲しかったこと、悔しかったことが走馬灯のように頭には浮かんでは消えていき、そのまま安らかな時を過ごせると思います。

懐かしのあの筐体が令和の時代に大復活!

1980~90年代にゲームセンターでゲームを遊びまくって、身上(しんしょう)を潰した道楽者には忘れようにも忘れられない「アストロシティ」の筐体と、そこで動いていたゲームをコロナ渦に立ち向かう勇気を得るべく、令和のこの時代によみがえらせようじゃないか! ……そんなプロジェクトXが、このたび、セガグループ設立60周年にちなんで、着々と「ねるねるねるね」で練られていたのをご存じの方はいらっしゃったでしょうか。私は今回初めて知りました。

実は何と12月17日に! あの、懐かしきアーケードゲーム筐体「アストロシティ」を、当時と同じ樹脂の素材で6分の1サイズに再現。全37作品搭載した「アストロシティミニ」が、ここに発売されることになりましたのであります! パチパチパチ!

僕らのの青春を彩った、懐かしのゲーム筐体が今、此処に甦る!

セガ/アストロシティミニ

コンパクトサイズでついに復活した「アストロシティミニ」は、ただサイズを小さくしてソレっぽく見せて、中にテキトーなゲームをぶち込んだ、そこら辺にある、やっつけ仕事のような復刻版レトロゲームとは一線も二線も三線も画す逸品です。

「アストロシティミニ」の恐るべき特色とは?

さてさて、「アストロシティミニ」の、その恐るべき特色とはいったいなんなんなんでしょう……か?

何といっても質感がリアル!

「アストロシティ」は発売当時、史上初の「樹脂製筐体」として華々しく発売されたのですが、「アストロシティミニ」もオリジナル同様の樹脂素材で再現。見た目もさわり心地も、そして美しいエアロデザインで彩られた、オリジナルの「アストロシティ筐体」に、寸分違わず、とまでは言いませんが、結構イイ線でソックリです。これは僥倖(ぎょうこう)!

何といっても操作性がリアル!

「アストロシティミニ」の操作ボタンは、小さいながらもオリジナルと同じ素材を使用。基本設計を忠実に再現。感涙もののクオリティなジョイスティックを搭載しております。

結局のところギミックがリアル!

「アストロシティミニ」は何と! アーケードマシンを彷彿(ほうふつ)とさせるイルミネーションまで点灯しちゃいます。

ディスプレイは、高精細度の3.97インチLCDモニターを採用しているので、絵がとても超キレイ。

ステレオスピーカーを内蔵のほか、イヤホンジャックまでついており、まわりに騒音をまき散らさずとも、静かにプレイ可能。

しかも、外付けディスプレイに接続して大画面でもゲームがプレイできるように、HDMI端子も搭載しております。何という凝りよう!

収録ゲーム量が半端ない!

「アストロシティミニ」は小っちゃい筐体に、あの不朽の名作「バーチャファイター」をはじめ、セガのアーケードゲームの傑作タイトルを、何と36タイトルも収録しています。

しかも! このたび、幻のタイトル「ドットリクン」も追加収録決定!

ちなみに、「ドットリクン」とは、1990年に誕生した、知る人ぞ知る、知らない人以外はみんな知っている、幻のアクションゲームです。

なんでも、「ドットリクン」はここだけの話、「アストロシティ筐体」に付属していたテスト用基板だったので、一般の人が遊ぶ機会はまずほとんど無かったんだとか。

今回特別にソレが遊べるというだけでも「アストロシティミニ」を入手する意味があるというものぢゃないですか皆さん!(皆さん「パチパチパチ」)

対応のゲームタイトルを見ただけでもざっとコレだけあります。全部遊び尽くすのに何年かかることやら……。

https://sega.jp/astrocitymini/titlelist.html

収録タイトルは以下の通りです。

1.バーチャファイター
2.スペースハリアー
3.ラッドモビール
4.ダークエッジ
5.アラビアンファイト
6..ゴールデンアックス
7. ゴールデンアックス デスアダーの復讐
8.コットン
9.サンダーフォースAC
10.ソニックブーム
11.青春スキャンダル
12.カルテット2
13.ぷよぷよ
14.ぷよぷよ通
15.スクランブルスピリッツ
16.コラムス
17.コラムスⅡ
18.スタックコラムス
19.フリッキー
20.忍者プリンセス
21.アレックスキッド with ステラ ザ・ロストスターズ
22.SHINOBI 忍
23.シャドーダンサー
24.ESWAT:サイバーポリス イースワット
25.クラックダウン
26.ゲイングランド
27.ボナンザブラザーズ
28.イチダントアール
29.ワンダーボーイ
30.ワンダーボーイ モンスターランド
31.ワンダーボーイⅢ モンスターレアー
32.ファンタジーゾーン
33.エイリアンストーム
34.エイリアンシンドローム
35.タントアール
36.獣王記
37.ドットリクン

「アストロシティミニ」の仕様は以下の通りです。

■1万2800円(税別)
■商品名:アストロシティミニ
■商品サイズ:幅130×高170×奥170mm
■同梱物:本体、電源用USBケーブル、HDMIケーブル、取扱説明書
■発売予定日:2020年12月17日(木)発売
■CERO表記:C区分(15歳以上対象)
■発売元:株式会社セガトイズ
■販売元:株式会社セガ
■著作権表記:(C)SEGA (C)SEGATOYS

今回、周辺機器として、専用デザインとなるアーケードスティックの「アストロシティミニ アーケードスティック」、2人プレイが可能になる、「アストロシティミニ コントロールパッド」、ゲームセンターに設置されていた筐体の姿を模した、ご自宅でも楽しめるベースパーツ(貯金箱にもなる)や、ゲームセンター椅子などのアクセサリーをまとめた「アストロシティミニ ゲームセンタースタイルキット」も用意。

ぜ~んぶ揃えちゃえば、もう、気分はバイバインです!

……それでは早速、「アストロシティミニ」をプレイして20世紀末にターイムトリップ!

早速、「アストロシティミニ」でゲームのプレイをトライアルしてみました!

「アストロシティミニ」のパッケージングです。堂々たる37タイトル収録の文字が眩しく光っています。こんなにコンパクトな筐体に、こんなに沢山のゲームが入っているのは、もはやオドロキでしかありません。

本体が登場!

ポケットに入れるにはちょっと大きいかもしれないけれど、サクッと気分転換したい時に、巾着袋からパッと取り出して遊べるのは、何気に超ベンリかも!

背面には、一番左端が電源のスライドスイッチ、その右がHDMI端子、その右は、ゲームパッド接続用のUSB端子2つ、そしてイヤホンジャック、電源供給用のMicro USB端子の順に、外部接続が並びます。

ちなみに背中の蓋のような部分は、単なるデザインであり、開けられないので要注意です。

USB端子が2つあるおかげで、別売品のコントローラーが2つは取り付けられるということですね! やった!

電源をオンにすると、本体画面上部のLEDランプが点灯します。カックイイー!

音量や明るさなど、細かいコントロールができるのは実に喜ばしいですね! ちなみにアナログ画面調に表示させたり、フレームを選べたりと、細部にこだわりすぎイイイ!

おおお! あの「ぷよぷよ」が!!

あの「スペースハリアー」が!!

うわぁぁぁぁぁ!!! 「バーチャファイター」まで遊べる! SUGEEEE!

……HDMIケーブルで繋げば、外部ディスプレイの大画面を専用ゲーム機みたいにして遊べる! イヤホンを刺せば、まわりへ迷惑をかけずに音も聴ける! 使う人の事を考えまくったニクい仕様ですね!

実際の試用動画がコチラ! ▼

懐かしのアーケードゲーム筐体が超ミニ化! 80~90年代のゲーセンの思い出が甦る「アストロシティミニ」

今年の年末は、年越しソバならぬ、年越し「アストロシティミニ」をプレイしてみるのも、オツなモノかも?

※資料・画像引用 筆者自身の撮影によるもの、もしくはメーカー・販売店サイト、又はWikipedia等。
※本記事は、執筆時点でネットに公開された資料や取材による情報に基づく商品やサービスの異訳調の紹介風なテキト~でいい加減な内容のエッセイとなりますが、筆者及び編集部はその内容や継続性等を保障するものではございません。(特に海外メーカーの場合、公開された仕様と実際の仕様が異なる場合があります)
※筆者及び編集部は、記事中の商品やプロジェクトを保障するものではございません。購入は自己責任となります。御注意ください。
※技術基準適合証明(技適)を取れていない商品がある場合、その機器の「使用」を勧めるものではございません。購入、利用においては、あくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
※健康器具や健康食品の効果については個人差があるため、使用についてはあくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
※クラウドファンディングには立案会社の問題でプロジェクトが頓挫する可能性や支援金が戻らなくなるリスクも稀(まれ)にあります。出資に当たっては、御自身で御判断いただきますようお願い致します。
※本記事に登場する、登場人物のキャラクターや言動は炎上しそうな箇所はおおむねフィクションです。

文/FURU
デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描き兼ライター。電脳ねたがテーマの漫画を得意とする→https://www.furuyan.com
amazonランキング17万位! 印税55円を達成した、ゆかいなデジねた漫画「でじ@おた! 」 大ヒット絶賛公開中! →https://amzn.to/2XxEJQS
2020年3月26日(木)J-WAVE 「STEP ONE」の「LIFE IN SMART」に生出演しました!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。