人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日産のプロパイロット2.0、ホンダのパーソナルアシスタント、先進運転支援技術はどこまで進化した?

2020.12.11

近年、車の進化が目覚ましい。近年は電気自動車やコネクテッドカーなどが注目されているが、それにとどまらず、驚くほど新しい機能も出てきている。幼いころに描いていた未来カーの実現もすぐ目の前。今回は、日産自動車とHondaの最新技術を覗いてみよう。

日産自動車の先進運転支援技術「プロパイロット2.0」

ハンドルを操縦しなくても、車が自動的に運転してくれる―。そんな未来の車の運転がすでに一部実現しているのをご存知だろうか。

例えば、日産自動車の先進運転支援技術「プロパイロット2.0」。日産は2019年7月にこの技術を搭載した新型「スカイライン」を発表するなど、ゼロ・フェイタリティ社会の実現を目指し、最先端の技術開発を進めている。

プロパイロット2.0とはどんな技術なのか。日産自動車株式会社 日本マーケティング本部 ブランド&メディア戦略部の松村眞依子さんは次のように解説する。

「プロパイロット2.0は、ドライバーが目的地をセットすると、高速道路や自動車専用道路の入り口から出口まで、車線変更や前を走る車への追従、追い越しの提案など運転のサポートをしてくれるものです。

意外と真ん中を走っているつもりでも、車線中央ではなかったりする場合もありますが、そういうときも白線を読んでくれて中央を走ってくれますし、3D高精度地図データをもとに先の状況や周りにどんな車が来ているかを車側が把握しています。追い越しについても、車側から提案が出てきますので、選択すると車線変更して追い越しをして戻るまでをサポートしてくれます。

そして一定の条件下では、手を放して運転を自動的に任せられる『ハンズオフ』も可能です。初めこそ不安を感じる運転手も多かったのですが、実際に試されてみて『自分が運転するよりも上手いのでは?』といったお声をいただくことが多いですね。まだ責任が車側ではなくドライバー側にあるのですが、長距離の運転で車に頼ることができるので『疲労感が全然違う』という意見もいただいております」

●プロパイロット2.0体験動画

このプロパイロット2.0をより理解することができる動画がある。これは人気声優がプロパイロット2.0になりきり、その性能や提供価値を“声”で表現するものだ。技術の魅力と共に、安心感を感じられるよう作られている。

松村さんは次のように解説する。

「日産の技術の話というと、どうしても硬い印象を持たれてしまうので、声優の方の素敵な声を通じて多くの方の知るきっかけを増やしていければと思っています。この動画を見た方に、本当に手を離して運転できるということを、リアルに共感していただければと思っております」

今後は、スカイライン以外の日産車にもプロパイロット2.0を搭載させること、「プロパイロット」自体の進化を両軸で進めているという。来るべき将来の“完全自動運転化”に向け、便利で安心して乗車できる技術を高めていくという。

「車と会話」車に話しかけて制御できる技術~ベンツ・BMW・Honda

車に話しかけると「はい、ご主人様」と応答し、さまざまな機能をオンオフしてくれる―。そんな夢もあるが、その一部もすでに実現している。

例えばメルセデス・ベンツは、2018年10月に対話型インフォテイメントシステム「MBUX(メルセデスユーザーエクスペリエンス)」という機能を新機種に搭載した。このうち、「ハイ、メルセデス」と車に話かけるだけで起動するといった自然対話型の音声認識機能が注目を集めた。

この機能では、車両設定やインフォテインメント機能が簡単に操作できる。例えば、「ちょっと寒い」と言えばヒーターの温度を上げてくれ、「室内をもう少し明るくして」と言えば照明を調整してくれるし、「カフェに行きたい」と言えばオンラインでカフェのリストを検索して候補を表示し、ナビへの設定も自動で行ってくれる。

こうした“車に話しかけて制御”できる機能は、ベンツのほかBMWが対応しているが、国産車は少し遅れを取る形で対応した。

●Hondaの「Hondaパーソナルアシスタント」

Hondaは、2020年10月30日に発売した電気自動車「Honda e」に「Hondaパーソナルアシスタント」を搭載した。

「OK、Honda」と言うと、Hondaパーソナルアシスタントが起動。ワイドスクリーンにイラストキャラクターが映し出され、それに話しかける形で、さまざまなものが音声で制御できる。

例えば「一番近いレストランに行きたい」と言えば、レストランを検索してリスト表示。選ぶとナビへの目的地設定を行ってくれる。また聞きたい楽曲のタイトルを言えば再生してくれ、「今日の天気は?」と聞けば気象情報を表示してくれる。

面白いのは、文脈を理解することだ。例えば、「近くのフレンチレストランを探して」と頼んだ後、「駐車場付きで」と言い足してもOK。駐車場付きのフレンチレストランに検索結果を絞り込んでくれる。一度頼んだことをすべて言い直す必要はないのだ。さらに「やっぱり中華がいい」と部分的に言い直すのにも対応してくれる。会話の前後関係を理解できるのは驚きだ。

できるのは情報提供にとどまらない。ドライバーがふと「疲れた~」と言えば、イラストキャラクターがドライバーを気遣って「大丈夫ですか?無理せず、休み休み運転してくださいね。」といった癒しの言葉をかけてくれる。

また言葉をかけたり、挨拶をしたりするとスクリーンの中を跳び跳ねて喜んだり、話しかけないと退屈で寝てしまったりと愛嬌もある。

今後、他の国産車もこれに追随するように、車と会話のできる機能が追加されていくかもしれない。

【参考】
日産自動車「プロパイロット2.0」
Honda「Hondaパーソナルアシスタント」

取材・文/石原亜香利

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。