人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「家族のための時間を重視」「自分の裁量で仕事」コロナ禍で働き方の自由裁量を理想とする意識が高まる

2020.12.11

新型コロナウィルスによる行動制限が長期化する中、生活者の意識・行動がどう変化しているのだろう。

そこでインテージは7月27日~29日に行った調査と、緊急事態宣言解除直後、感染状況が一時的に収まっていた6月1日~3日に行った調査の比較分析を行った。

行動制限の長期化による生活者の意識の変化

生活必需性の高いスーパーでの買い物については、約7割、コンビニでは約5割の人が「普段通りに利用している」と回答している。

この他、「普段通りに利用」の伸びが目立つのが、ショッピングモール/ホームセンター・家電量販店といった買い物施設の利用や、出勤や買い物などの移動手段にあたる自家用車・近郊区間の鉄道だ。また出勤や買い物といった外出機会の増加に伴ってか、外食も10ポイントほど回復。

続いて、長引く巣ごもり生活の中で、困りごとがどう変化しているのかをみてみよう。図表2は自宅での余暇の過ごし方の困りごとについて、緊急事態宣言解除直後の6月初旬と感染の再拡大が見られ始めた7月末とで比較した結果となる。

図表2

6月初旬の時点では自粛生活の影響から「友人や知人との会話・コミュニケーション不足」を悩みと回答する方が24.6%いたが、約10ポイントの減少が見られた。

緊急事態宣言解除解除から2カ月経過し日常生活が戻りつつあることや、自粛期間中に話題となった「オンライン飲み会」などが一般化されたことで、悩みは解消されてきているようだ。また、自宅で余暇を過ごすことが当たり前となったためか、「特になし」という人も増加した。

とはいえ、3ポイント弱の減少は見られたものの、引き続き「運動不足・体力低下」が生活者の大きな悩みとなっている。長期化するwithコロナ生活、感染予防はもちろんのこと、運動や体力の維持がより課題になっていきそうだ。

ここまで、withコロナの生活が続く中で生活者の意識や行動に起きている変化に注目してきた。これらの変化は、新型コロナウイルスの収束につれて以前の姿に戻っていくものと、新しいアタリマエとして定着していくものに分かれていくと考えられる。

コロナ収束後も定着していくと思われる変化のひとつが働き方。リモートワークやオンライン会議などで場所を問わず働くことができるようになり、ワークスタイル変革のトリガーになったとも言える。

図表3は、「働き方」について、新型コロナウイルス感染拡大前に理想と思っていた項目と、2020年7月末現在で理想とする項目をそれぞれ挙げてもらった結果となる。

図表3

新型コロナ流行前の12月と比較して、「給与や収入が安定していること」を求める意識が高まっている一方で、「給与や収入が高いこと」を求める意識にそれほど変化は見られなかった。不安に満ちた世の中において、まずは安定を、という気持ちが強くなっているようだ。

また、「自分の時間を大切にする」「自分の裁量で仕事ができる」「ダブルワークが可能」など、働き方の自由裁量を理想とする意識が高まっていることがわかる。

これらはリモートワークや在宅勤務が増加し、場所や時間を問わずに働くことができることを多くの生活者が身をもって体感したことで、価値観の変化があったものだと想像できる。

ただし、在宅勤務は人と接する機会が減少するなどコミュニケーション不足が懸念されるためか、「職場の人間関係の良さ」や「仕事の面白さ」を求める意識も高まっており、自由裁量に加え、これらの条件を満たした働き方が求められていきそうだ。

インテージのネットリサーチによる自主調査データ

<6月初旬調査>

調査地域:日本全国
対象者条件:15~79 歳の男女
標本抽出方法:弊社キューモニターより抽出しアンケート配信
ウェイトバック:2015年度実施国勢調査から推定されたエリア×性年代の人口構成比に合うようにウェイトバック集計
標本サイズ: n=819
調査実施時期: 2020年6月1日(水)~6月3日(金)

調査項目:自粛要請中のサービス利用状況、流行以前の状態に戻るサービスとその具体的な時期、働き方・テレワーク実態、 自宅での過ごし方(ゲーム・動画など)、外出時の移動手段 など

<7月末調査>

調査地域:日本全国
対象者条件:15~79 歳の男女
標本抽出方法:弊社キューモニターより抽出しアンケート配信
ウェイトバック:2015年度実施国勢調査から推定されたエリア×性年代の人口構成比に合うようにウェイトバック集計
標本サイズ: n=847
調査実施時期: 2020年7月27日(月)~7月29日(水)
調査項目:自粛要請中のサービス利用状況、流行以前の状態に戻るサービスとそのきっかけ、働き方・テレワーク実態、 自宅での過ごし方(ゲーム・動画など)、外出時の移動手段 など

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。