小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

夢や希望を失った大人たちへディズニーからのクリスマスプレゼント、Disney+で配信中の心温まる映画「フェアリー・ゴッドマザー」

2020.12.20

「それから、ふたりはいつまでも幸せに暮らしましたとさ……おしまい」とはいかないのが、現実の人生。

子どもの頃に何度も読んだおとぎ話のハッピーエンドは、大人になった今となっては心に響かないかもしれない。

もう夢なんて見てられない、ガッカリするのが嫌だから希望も持ちたくない……。そんなやさぐれた(?)大人たちのために、ディズニーから心温まるクリスマス・プレゼントが届いた。

2020年12月11日(金)よりディズニー公式動画配信サービス『Disney+ (ディズニープラス)』で独占配信がスタートする映画『フェアリー・ゴッドマザー』は、年末年始にピッタリの明るいファンタジー・コメディ。

主演は、Amazon Prime Videoオリジナル映画『ブリタニー・ランズ・ア・マラソン』ブリタニー役のジリアン・ベル。拗らせアラサー女子・ブリタニーとは真逆の、健気でお節介な妖精を熱演している。

監督は映画『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズのシャロン・マグアイア、脚本は『ダメ男に復讐する方法』のメリッサ・スタック。

© 2020 Disney

あらすじ

“おとぎ話の異世界”マザーランドには、フェアリー・ゴッドマザーになるための学校がある。

フェアリー・ゴッドマザーとは、いわゆる“魔法使いのおばあさん”のこと。

生徒も教師も年齢層高めの婦人が多い中、最年少で修行に励んでいるのが本作の主人公エレノア(ジリアン・ベル)だ。

エレノアは真面目で努力家な性格だが、魔法の勉強が難しくてなかなか一人前のフェアリー・ゴッドマザーになれない。

ある日、ひとりで魔法の練習をしていたエレノアは、偶然古い手紙を発見する。10歳の少女マッケンジーから届いていた恋の願いをしたためた手紙は、手違いで読まれないまま長年放置されていたのだ。

純粋な少女の願いを何としても叶えたいと思ったエレノアは、修行中の身でありながらマザーランドを抜け出し、マッケンジーの元へ向かう。

しかしマッケンジー(アイラ・フィッシャー)はすでにアラフォーのシングルマザーになっていた。マッケンジーは数年前に夫と死別しており、報道番組のプロデューサーとして働きながら2人の娘を女手一つで育てていたのだ。

疲れ切った表情で「もうおとぎ話の“幸せな結末(Happily Ever After)“なんて一切信じない」と言い放つマッケンジーに、エレノアはもう一度幸せを信じさせようと決意する。

© 2020 Disney

見どころ

ファンタジーの世界からアメリカの都会に迷い込んだ主人公がドタバタ劇を巻き起こすストーリーは、同じくディズニー映画の『魔法にかけられて』に似ている。

メルヘンチックなピンクのドレスが似合っている主演のジリアン・ベルは、「あのドレスは多くの人の協力でデザインされている。パジャマを着る1シーン以外、ずっとコルセットとドレスのあの衣装なのよね。衣装デザイナーは、寒いところでの撮影だから少しでも暖かいようにとすごく気を使ってくれたんだけど、気温がマイナスを超える寒さの中で撮影したときは本当に寒くて、ずっと震えていた(笑)」と撮影秘話を明かした。

本作は、伝統的なおとぎ話の美しい世界観は保ちつつ、多様性が尊重される現代に合わせてアップデートされている。

一組のカップルが永遠の愛を誓ってずっと一緒にいることだけが、幸せではない。

幸せの形も愛の形もさまざまであることを、お茶目で明るい魔法使いの妖精が教えてくれる、心温まる作品。

© 2020 Disney

映画『フェアリー・ゴッドマザー』
『Disney+ (ディズニープラス)』にて独占配信中

文/吉野潤子

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。