人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

東京を除く46都道府県で移住してみたい地域TOP3、3位神奈川県、2位北海道、1位は?

2020.12.05

在宅勤務やリモートワークが広まるコロナ禍において、移住に関心を抱く人が増加中。 エイチームが引越し侍の利用者の「地方への移住に興味があるか」というアンケートを実施したところ、「興味がある」と答えた人の割合は22%、「今回の引越しで移住する」と答えた方の割合は5%となり、移住に対して前向きな回答は全体の27%となっている。

では、最も移住したいと思われている都道府県はどこなのか?調査結果の詳細を見てみよう。

移住するならどこがいい?46道府県ランキング

東京都を除く46道府県で、「移住するとしたらどこに住みたいか」というアンケートを実施したところ、1位に沖縄県、2位に北海道と観光地としても人気の地域がランクインした。3位には、東京都近郊の神奈川県が続いている。

「住んでみたい移住先」を選んだ理由

住んでみたい道府県を選んだ理由を調査したところ、1位には、「自然豊かでのびのびと暮らせそう」という理由がランクインした。地方移住最大のメリットは、自然環境豊かな場所で暮らせることなのかもしれない。

2位には、「都市部に近く不便がなさそう」という理由がランクインしている。移住をしても、便利な生活は手放したくない、という方も多いようだ。3位にランクインしたのは、「観光地などが多く楽しそう」という理由だった。

まとめ

在宅勤務やリモートワークが広まるコロナ禍において、移住に関心がある方は27%もいることがわかった。

「移住するとしたらどこがいいか」というアンケートでは、「自然が豊かだから」、「海が近いから」、などの理由で沖縄県が1位にランクインし、2位には、「自然が豊かだから」「食べ物が美味しいから」などの理由で北海道が選ばれた。また、3位は、「都会にもアクセスしやすい」便利な街である神奈川県が選ばれた。

今後、在宅勤務やリモートワークが長期化し、柔軟な働き方が定着していくと、人々の住む場所を選ぶ基準も変わっていくのかもしれない。

調査概要
調査対象:全国
調査方法:当サイトを利用して引越しをした方を対象に、インターネットアンケートを実施
調査期間:2020年6月~7月
サンプル数:4,084件

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年3月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDビューティーミラー」! 特集は「YouTubeで学べ」&「ウワサの新発想家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。