人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

モトローラ「moto g PRO」「moto g8 power lite」、ソニー「Xperia 8 Lite」、Xiaomi「Mi 10 Lite 5G」、コスパ最強のスマホはどれ?

2021.01.01

今年、スマホを買い替えたい人におすすめのスマホを編集部がセレクト。コストパフォーマンスのいい1台を選んでほしい。

コスパ重視で選ぶならどれ?

これなら満足!?スタイラスペンが使えるモトローラのスマホ「moto g PRO」の使い勝手とコスパ

モトローラといえば、比較的安価に購入できるエントリーモデルから、日本では未発売ですが、縦型の折りたたみスマートフォンを展開するなど、幅広いラインナップを揃えているメーカーです。 そんなモトローラから、新たにエントリーモデルのスマートフォンとして「moto g PRO」と「moto g9 Play」が登場しました。特に注目なのが、3万5800円で購入可能ながら、本体にスタイラスペンを内蔵したmoto g PROです。

【参考】https://dime.jp/genre/1024258/

噂は本当だった!?実質3万円で買えるXiaomiのキャリアスマホ「Mi 10 Lite 5G」の買い得度

比較的安価に、性能の高いスマートフォンを発売しているXiaomi。昨年末に日本市場に初上陸し、ここ数か月で一気に多くの端末をリリースしているので、その名前を耳にしたことがあるという人も増えてきているのではないでしょうか。 そんなXiaomiは、キャリアモデルとしてauからMi 10 Lite 5Gを販売開始しました。販売価格は4万2740円(税込)ですが、auの「かえトクプログラム」を適用すれば、実質負担額は2万9900円(税込)とかなりお手頃な製品となっています。実機をお貸しいただいたので、実際に試してみた使用感や操作性について紹介していきましょう。

【参考】https://dime.jp/genre/1005179/

「Xperia 8」と「Xperia 10 II」は何が違う?最安2万6800円で買えるミドルレンジスマホ「Xperia 8 Lite」の実力を検証

2019年に発売された「Xperia 1」でコンセプトを刷新したXperia。カメラやディスプレイ、音楽再生といった機能を大幅に強化し、プロ志向のユーザーを取り込んでいくのがリニューアルの狙いだ。一方で、フラッグシップモデル以外の端末も、同じコンセプトの下で展開されている。上位モデルに搭載する突き詰めた機能の恩恵を体感できるのが、ミドルレンジモデルの魅力だ。

【参考】https://dime.jp/genre/1003689/

2万円で買える!トリプルカメラに大容量5000mAhバッテリーを搭載したモトローラ「moto g8 power lite」の買い得度

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、2020年9月4日に「moto g8 power lite」、「moto e6s」の2台のスマートフォンを発売。moto g8 power liteは、「moto g8」というシリーズの廉価版という位置づけで、2万800円(税込 以下同)、moto e6sは、エントリーモデルとして、1万6800円と、かなりお手頃な価格での発売となっています。

【参考】https://dime.jp/genre/988656/

文/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。