小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【開発秘話】累計1万7000台も売れているミズノのトレーニンググッズ「ル・プリエスクワット」

2020.12.06

■連載/ヒット商品開発秘話

 ミズノは2018年6月から、インテリアとして置けるトレーニンググッズ『ミズノヘルシーインテリア』を展開している。運動効果があるだけでなくリビングに置いても違和感がないデザインが最大の特色だ。

 各種取り揃えているトレーニンググッズの中で売れ筋といってもいいのが、2019年6月に発売された『ル・プリエ スクワット』である。『ル・プリエス クワット』は、見た目はスツールだが、座る&立つを繰り返すだけでスクワット運動ができ、太ももとお尻の筋肉が鍛えられる。2020年9月末までに1万7000台を販売している。

スクワットに使えるトレーニンググッズがない

『ミズノヘルシーインテリア』は、これまでのトレーニンググッズがリビングになじまず、使用後はしまわれ、やがて使われなくなってしまうことなどの課題から誕生したもの。グローバルイクイップメントプロダクト部LH・WB・SF企画課の浅野麻美さんが研究開発部門から異動してきた後に立ち上げ、トレーニンググッズを企画している。

『ル・プリエ スクワット』が企画・開発された背景には、スクワットは腹筋運動と並んで関心の高いトレーニングにもかかわらず、腹筋運動と違って使えるトレーニンググッズがほとんどない実態があった。つらいスクワットが楽にできるよう研究を重ね、しっかり鍛えられるようこだわり抜いてつくられた。

 実は『ミズノヘルシーインテリア』から発売されたスクワット運動に使えるトレーニンググッズは、『ル・プリエ スクワット』が初めてではない。『ミズノヘルシーインテリア』の展開が始まったと同時に、『スクワットアーブル』と『スクワットスリール』が発売になっている。しかし、『スクワットアーブル』は100台限定で発売されたもので(現在は完売)、『スクワットスリール』は発売後すぐに、とある通販の専売商品に変更となっている。

『ル・プリエ スクワット』は、同社のプロパー商品という位置づけ。得られる運動効果は『スクワットアーブル』『スクワットスリール』と差がない。

ミズノ
グローバルイクイップメントプロダクト部
LH・WB・SF企画課
浅野麻美さん

効果的かつ楽に鍛えられる秘密はガスシリンダーにあり

 これら一連のスクワットに使うトレーニンググッズを使うと、使わないときより筋活動量が上がり、心拍数も低いことが確認されている。つまり、使った方がより効果的に鍛えられ、心拍数が安定することにより楽にトレーニングすることができるというわけである。

『ル・プリエ スクワット』を使いスクワットしたときの筋活動量と心拍数の変化。使った方がより効果的に鍛えられ、心拍数が安定することにより楽にトレーニングすることができる

 効果的かつ楽にスクワット運動ができる秘密はガスシリンダーにある。ガス圧のアシストにより、スクワットが効果的かつ楽にできるというわけだ。

「開発で一番時間を要したフェーズは、運動効果を得るためのガス圧やシリンダーの長さの選定。満足のいく結果が得られるまで、サンプルづくりと効果検証を繰り返しました」と振り返る浅野さん。サンプルは数え切れないほどつくったという。中国工場から数十台のサンプルを日本に空輸するため、「よく運送費を使いました」と話す。

 実際の開発作業もさることながら、社内で承認を得るのにも時間がかかったという。市場にないものだったことから会社としても判断が慎重になっていたためだ。「本当に大丈夫か? どこで売るのか? 誰が買うのか? という疑問点を一つずつクリアしながら理解を得ていきました」と浅野さんは振り返る。

カリモク家具とのコラボレーションから得たインテリア製品の知見を生かす

『ル・プリエ スクワット』をつくるに当たっては、『スクワットアーブル』をつくった経験がフィードバックされた。『スクワットアーブル』はミズノとカリモク家具がコラボレーションしてつくったもの。木をふんだんに使い、カリモク家具との取り組みだからこそ採用できた生地を使っている。

カリモク家具とのコラボレーションから誕生した『スクワットアーブル』。100台限定で発売され、現在は完売している


『スクワットアーブル』は『ミズノヘルシーインテリア』のアイコン的な存在。話題性と希少性を持たせるために100台限定販売とし、シリアルナンバー入りで提供することにした。

『スクワットアーブル』完売の目標達成に貢献したことの1つが、ある経済評論家のFacebook。『スクワットアーブル』を購入し使っていることを自身のFacebookで紹介したところ、熱烈なファンを中心に『スクワットアーブル』が購入される。完売後は再販売の問合せもあったほどだった。

 カリモク家具とのコラボレーションの経験から、同社はインテリア製品に関する知見を得た。それは例えば、座面に使われているウレタンが型崩れしない工夫だったり見栄えの良い生地の張り方だったり、などといった具合。こうしたものを『ル・プリエ スクワット』の開発に生かした。

 デザインについても、カリモク家具の知見を生かした。浅野さんは次のように話す。

「どんな色の家具が売れているのかをカリモク家具にヒアリングしたところ、最近はグレーやベージュといった、落ち着いた色のものが売れているということでした。このことから、脚部、座面ともに、あまり主張しないことにしました」

コロナ太り解消から若いユーザーが増加

『ル・プリエ スクワット』単体の販売実績は冒頭に示した通りだが、『スクワットスリール』と合算すると12万台(2020年9月末時点)にまで達する。『スクワットスリール』の年間販売目標は当初2万台であったが、目標は軽く達成され、さらに大きく上積みしたことになる。

 ターゲットは主に女性だが、世代は問わない。そのため、「年齢層によって訴求を変えています」と浅野さんは話す。若い世代には美容効果、シニア世代には健康効果を訴求。ターゲットの年齢が50歳代後半あたりになると、健康効果の訴求に変わっていくという。

 ユーザーは若い世代よりもシニア世代の方がやや多いが、最近は30歳代や40歳代も増えてきた。その背景の1つが、この世代を読者対象とした女性誌で取り上げられる機会が増えたことにある。『ル・プリエ スクワット』の発売直後、女性誌各誌の編集部をキャラバンで回ったときは、やや手応えに欠ける反応だったそうだが、2020年に入るとコロナ太りやリモートワークでの運動不足を解消するトレーニンググッズとして紹介される機会が増えてきた。

 購入者アンケートなどを見る限り、運動効果には満足してもらえているとのこと。中には「この商品をつくってくれてありがとう」と感謝の意を伝える人もいるほどだという。ただ、「着せ替えに使える洗える座面カバーが欲しい」という声もあったことから、2020年11月に専用の座面カバーを発売した。

2020年11月に発売された『ル・プリエ スクワット』専用の座面カバー。左からワイン、グレードット、ネイビー

取材からわかった『ル・プリエ スクワット』のヒット要因3

1.リビングに置いても違和感がない

 リビングに置くと違和感があるトレーニンググッズは、使い終わったらしまわれ、だんだん使われなくなる。そこで、リビングに出しっ放しにしても違和感がなく溶け込むものを目指してデザイン。継続して使ってもらいやすかった。

2.ながら運動ができる

 座って何かしながらトレーニングができるので、気負わずトレーニングできる。通常のスクワットより楽なのに同じくらいの効果が得られ、膝や腰に負担がかかりにくい。

3.世代問わず使える

 若い世代は美容、シニア世代は健康増進のためと、目的は異なるが世代を問わず使える。訴求したい世代ごとに訴求内容を変え、どの世代から見ても魅力的で使ってみたいと思わせることができた。

 スクワットはキツいので無茶は禁物。だからこそ、普段から運動していない人がやる場合、効率的かつ楽に鍛えるという視点は大切だ。女性の美と健康を支えるのに欠かせないアイテムといえる。

製品情報
https://www.mizuno.jp/traininggoods/healthy_interior/lespliesquat/

文/大沢裕司

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。