人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

会社を育てるのは人!強い会社と弱い会社の採用力の差

2021.01.10

@DIME連載「あるあるビジネス処方箋」から「採用」をテーマにした記事4本を厳選して紹介。

採用のなぜ?

なぜ、新卒のエントリー者数が増えるほど会社は強くなるのか?

本コラムでは最近、新卒採用をテーマにした内容を取り上げてきた。「なぜ、一流企業やメガベンチャーの新卒採用は優れているのか?」「なぜ、一流企業やメガベンチャーは「通年採用」に消極的なのか?」「なぜ、社員1名を採用するのに応募者1名だけではダメなのか?」などだ。 今回は、私が30年前後の取材で接した各企業の採用担当者(責任者を含む)から聞いてきたことをもとに、エントリー者数を基準にグループに分けてみた。いずれも「エントリー」とは新卒採用をする中小企業(正社員数300人以下)、ベンチャー企業、中堅企業(正社員数500~999人以下)、大企業(正社員数1000以上)の総合職で、技術職や専門職は含まない。なお、この場合の「エントリー者数」とは、本エントリー(正式に採用試験の受験を希望し、手続きをする)した学生の数を意味する。

【参考】https://dime.jp/genre/1006247/

なぜ、一流企業やメガベンチャーは「通年採用」に消極的なのか?

「通年採用に、一括採用以上のメリットを見つけることができない」 新卒(主に専門学校、大学、大学院修士課程)の通年採用をする企業が増えている。私の取材者としての観察では、学生の中では知名度、ブランド力が高いとは言い難いベンチャー企業や中堅企業、中小企業に目立つ。新卒を雇うだけの業績(売上や経常利益)を維持し、受け入れる態勢をある程度は整えているが、知名度やブランド力が低いために、エントリー者が一流大企業やメガベンチャー企業(以降、メガベンチャー)に比べ少ない。いわゆる採用力が弱い会社が、圧倒的に多いのだ。

【参考】https://dime.jp/genre/1000777/

なぜ、一流企業やメガベンチャーの新卒採用は優れているのか?

このコラムで紹介した「なぜ、社員1名を採用するのに応募者1名だけではダメなのか?」の内容とは異なる視点のものを、今回は紹介したい。 「なぜ、社員1名を採用するのに応募者1名だけではダメなのか?」では、大企業の新卒採用のたとえば、母集団形成は時代錯誤であり、社員が次々と辞めて、戦力にもなっていないといった趣旨だった。  私自身の考えは、実はこの捉え方とは正反対に近い。今回はバランスを取るために、私の考えを述べたい。読者諸氏は、どのように感じるだろうか。

【参考】https://dime.jp/genre/996417/

なぜ、社員1名を採用するのに応募者1名だけではダメなのか?

今回は、ある大企業(専門商社、正社員数1200人)の新卒採用に人事部員(課長補佐)として関わった男性(47歳)を取材した。2年前に退職をした男性は現在、同業界の中堅商社(アパレル系)に管理職として勤務する。本人の希望で、氏名は匿名とした。事例として取り上げた会社は、特定できうる可能性があり、内容を一部加工した。 大企業やベンチャー企業の多くが新卒(主に大卒)採用の際、自社で制作したウェブサイトを使います。求人サイトに案内を載せることもしていますが、最近は自社制作に力を注ぐケースが増えてきました。

【参考】https://dime.jp/genre/991260/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。