人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

部下のいない管理職って?部下を追い込む上司との接し方は?厄介な上司がいる人のための処方箋

2021.01.09

@DIME連載「あるあるビジネス処方箋」から上司をテーマにした記事4本を厳選して紹介。

どんな上司が理想なのか?

「部下のいない管理職」とはいったい何者か?

今回は、「部下のいない管理職」をテーマとしたい。「部長」や「課長」と名乗るが、部下がいない。だが、一般職(非管理職)の前では威張る。一方、同じ部署には部下を持つ部長や課長がいる。私は20代(1990年代)だった頃、「なぜ、こんなに多くの管理職がいるのか…」「誰が偉くて、誰の指示に従えばいいのか…」と憤りに近い疑問とやるせなさを感じたものだ。

【参考】https://dime.jp/genre/1024888/

「部下のいない管理職」はある意味、特殊な人材なのか?

今回は前回に続き、「部下のいない管理職」をテーマとしたい。前回は、このような管理職が大量に生まれる理由を取り上げた。 私が取材を試みたのは人事コンサルタントであり、明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科の客員教授である林明文氏。デロイトトーマツコンサルティングで人事コンサルタントとなり、その後、大手再就職支援会社の社長に就任。2002年からは、人事コンサルティング会社・トランストラクチャの代表取締役を務め、現在は会長。著書に『経営力を鍛える人事のデータ分析30』(中央経済社)などがある。

【参考】https://dime.jp/genre/1024897/

部下の能力を最大限に伸ばそうとする上司とチームとしての規律を優先する上司の境界線

今回は、専門学校や大卒、大学院などの新卒時に中小企業への就職を私が積極的には勧めない理由をあらためて書きたい。結論からいえば、20~30代半ばまでの人が安心して働き、納得感を持ち、キャリアを積んでいくのは相当に難しい環境であることを確信するからだ。 そのように感じたエピソードを紹介しよう。数日前、サッカーJリーグの元選手を取材した。1時間半にわたり、チーム作りをテーマに話を伺った。特に上司と部下の関係を集中的に聞いた。

【参考】https://dime.jp/genre/986395/

部下を感情的に叱責して追い込む上司との正しい付き合い方

今回は最近、私が知り得た話で、職場でのトラブルについて考えるうえで意味の深い事例を紹介してみたい。  10年ほど前、フリーランスになって数年の頃、出版社(社員約100人)の担当者への対応に精神的に滅入ったことがある。その男性は当時30代後半で、一般職。仕事の進め方について「こうするべき」という強いこだわりがあるようだった。そのすべてに、外部スタッフ(フリーランス)の私に従うように求めてくる。進め方が現実離れしているので疑問を呈すると感情的になり、興奮し、脅すような物言いになる。結局、時間やお金などコストが相当に増えるのだが、その進め方で取り組まざるを得ないようになった。めったにないことであり、ずいぶんと困惑した。

【参考】https://dime.jp/genre/881301/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。