小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

自叙伝、インタビュー集、フォトブック、羽生結弦選手の魅力を知りたい人におすすめの本8選

2020.12.06

2020-21シーズンの男子フィギュア世界ランキングにおいて、現在1位の羽生結弦。2012年シーズンから8年連続でトップ3にランクインしており、男子初の5シーズン連続世界1位も達成するなど、まさにフィギュア界の「皇帝」と呼ばれるに相応しい成績を残し続けている。

本記事では、そんな羽生結弦に関するおすすめの本を紹介する。新型コロナウイルスの影響により国際大会の中止が相次いでいるが、彼の輝かしい軌跡や競技に対する思いに触れ、また一味違ったフィギュアの楽しみ方をしてみては。

【目次】

羽生結弦とはどんな人物?

「皇帝」羽生結弦の軌跡、競技への思いが詰まった一冊

世界一の演技からオフショットまで。ファン必見のおすすめフォトブック

羽生結弦とはどんな人物?

2014年ソチ五輪・2018年平昌五輪と2大会連続で金メダリストに輝いた羽生結弦は、宮城県出身のフィギュアスケート選手。「結弦」という名前は、「弓の弦を結ぶように凛とした生き方をしてほしい」という思いから命名されたという。

幼少期から喘息の持病があり、その克服もスケートを始めた目的の一つだった。現在、長年の治療と努力によって大幅に改善されてはいるが、未だ完治には至っておらず、2020-21シーズンのGPシリーズ欠場を発表した理由の一端として言及している。

2002年、ソルトレイク五輪のエフゲニー・プルシェンコの演技を見て深い感銘を受け、自身が目標とする選手として長年彼の名前を挙げている。スケートの技術としては、柔軟性を生かした柔らかなスピン、非常にミスの少ない美しいジャンプなど、欠点のないオールラウンダー。

中学1年の時、全日本ジュニア選手権で3位に入賞したのを皮切りに、その類い稀な技術と優れた人間力を武器に世界の頂点へと駆け上がっていく。男子フィギュア界66年振りの2大会連続金メダル、史上初の4回転トゥループ-トリプルアクセルの成功、男子史上初となるスーパースラム6冠達成など多くの偉業を達成し、2015‐16シーズンのグランプリファイナルで記録した330.43という総合得点は、世界歴代最高得点の歴史的記録として保存されている。

「皇帝」羽生結弦の軌跡、競技への思いが詰まった一冊

多くの輝かしい記録を持つ羽生結弦選手。彼がここまで強くなったのは、いかなる理由によるものなのか。ここでは、彼の知られざる内面やこれまでの軌跡を綴った本を紹介する。

蒼い炎

蒼い炎

『蒼い炎』は、初めての金メダルを獲得することになるソチ五輪の前に出版された、羽生結弦初の自叙伝。スケートを始めた4歳から17歳の写真、当時を振り返るインタビューをはじめ、仙台のリンクで練習中に自身も被災した東日本大震災を経験して、改めて競技へと向き合った思いや、将来の夢などが綴られた一冊。世界王者・羽生結弦の原点がここに詰まっている。

出典 公式サイト|蒼い炎

 

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

羽生結弦 王者のメソッド 野口美恵

羽生結弦 王者のメソッド 野口美恵

初めて世界選手権に出場した14歳の時、羽生結弦は既に「レジェンドになりたい」と自身の未来を強い意思で見据えていた。その言葉通りに、数々の前人未踏の記録を打ち立ててきた彼の強さはどこにあるのか。『羽生結弦 王者のメソッド』では、過去の大会の成績や当時の羽生結弦の言葉を振り返り、そこから導き出される高い自己分析力やメンタルコントロール力に注目。ビジネスの場面でも応用できる、"羽生流メソッド”が満載の本だ。

出典 公式サイト|羽生結弦 王者のメソッド 野口美恵

 

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

蒼い炎 IIー飛翔編ー

蒼い炎㈼ー飛翔編ー

ベストセラーとなった自叙伝の続編となる『蒼い炎II−飛翔編−』。前作刊行から4年の間に、ソチ五輪金メダル獲得、仙台からカナダトロントへの練習拠点の移動など、羽生結弦を取り巻く環境は大きく変化した。世界記録を更新し続けるなど圧倒的な強さを見せる陰で、怪我や病気に苦しみ、それらをも糧にしてさらに成長し続ける姿を、多数の写真とインタビューで綴った一冊。

出典 公式サイト|蒼い炎IIー飛翔編ー

 

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

夢を生きる

夢を生きる

自身初の金メダルを獲得したソチ五輪の後も、世界最高記録を何度も更新し、名実ともに世界王者となった羽生結弦。『夢を生きる』は、そんな彼の2015−2018年シーズンのインタビュー集だ。雑誌「Ice Jewels」に掲載されたインタビューの他、単行本オリジナルのコンテンツを収録。各シーズンのプログラムに込めた思いや、技術面の向上のために取り組んできた挑戦などが彼自身によって語られる。

出典 公式サイト|夢を生きる

 

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

世界一の演技からオフショットまで。ファン必見のおすすめフォトブック

羽生結弦を世界王者たらしめる、完成度の高い演技の数々を写真で振り返ることのできるフォトブックや写真集。競技中には見ることのできない素顔や、インタビューなども掲載されている。

YUZURU 羽生結弦写真集

YUZURU 羽生結弦写真集

少年時代から羽生結弦と親交のある仙台出身のカメラマン、能登直による初の写真集『YUZURU』。まだ12歳だった2007年から2014年までの軌跡を写真と共に振り返る一冊だ。多くの記録を残した各大会での表情はもちろん、ソチ五輪で金メダルを獲得した後、故郷の仙台で行った凱旋パレードの様子やテレビ収録現場での裏側など、普段は見ることのできない羽生結弦の素顔が満載。

出典 公式サイト|YUZURU 羽生結弦写真集

 

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

羽生結弦 平昌オリンピック2018 フォトブック

羽生結弦 平昌オリンピック2018 フォトブック

2014年に金メダルを獲得してから、度重なる故障に悩まされてきた羽生結弦。計り知れない困難に立ち向かい、再び金メダルを獲得した2018年平昌五輪、その舞台で躍動する姿を収録した大判写真集。何度となく繰り返した練習から、試合本番で金メダルを獲得する歓喜の瞬間まで、臨場感あふれる写真の数々が当時の感動を呼び起こす。永久保存版の一冊だ。

出典 公式サイト|羽生結弦 平昌オリンピック2018 フォトブック

 

アマゾンでの購入はこちらから

羽生結弦 魂のプログラム

羽生結弦 魂のプログラム

『羽生結弦 魂のプログラム』は、羽生結弦がこれまで滑ってきたプログラムに焦点を当てたオフィシャル写真集。2004年、初めてのフリーで使用した「ロシアより愛を込めて」や、2014年のソチ五輪でショート史上初の100点超えを記録した「パリの散歩道」、今も歴代最高記録となる330.43点のグランプリファイナルでのプログラム、「バラード第1番」「SEIMEI」などを厳選された写真と作品解説で綴る。

出典 公式サイト|羽生結弦 魂のプログラム

 

アマゾンでの購入はこちらから

 

楽天市場での購入はこちらから

YUZU’LL BE BACK II〜Dancin'on The Edge3

YUZU’LL BE BACK㈼〜Dancin'on The Edge3

2020年6月に発売された最新写真集『YUZU’LL BE BACK II』。2019年9月のオータムクラシックから、2020年2月の四大陸選手権までの出場全6試合の模様を収録している。スポーツ新聞社ならではの迫力溢れる写真の数々とともに、スポニチ紙面の掲載やインタビューのまとめなど内容も盛りだくさん。販売直後からファンの評価も高く、"神写真集"との声も多数。

出典 公式サイト|YUZU’LL BE BACK II〜Dancin'on The Edge3

 

アマゾンでの購入はこちらから

 

※当記事に掲載している価格等の商品情報は、記事公開時のものとなります。

 

文/oki

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。