人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ありそうでなかった!ステイホームをサポートする便利機能搭載の最新調理家電5選

2020.12.27

「投入した食材を鍋底まで食べ尽くしたい」「複数の料理を同時に作りたい」などの〝欲張り〟なニーズに応えるのが、これらの調理家電だ。家族で料理を楽しむ機会が多いこれからの季節にピッタリだ。

小口 覺さん

ライター  小口 覺さん
ITや家電などを中心に執筆。SNSなどで自慢される家電製品を「ドヤ家電」と命名。著書に『ちょいバカ戦略』(新潮社)など。

【おすすめ2アイテム】年末年始の食事や趣味の料理にもピッタリ!

〈BestBuy!Point〉パーティーが盛り上がる自動昇降機能付きIH鍋

少し前から人気が高まってきている電気鍋。特に、これからの鍋の季節は注目が集まるだろう。この製品は、タッチパネル操作で鍋内のバスケットが昇降し、具材とつゆを分離する。もう具材を探して箸で鍋の中をつつき回す必要はない。煮込みすぎや鍋の底に沈んだ食材をムダにすることも防げる。見た目にも驚きがあり、鍋パーティーでお披露目すれば、盛り上がること間違いなし!

KOKOBI『ZHENMI POT』

KOKOBI『ZHENMI POT』1万3800円~(クラウドファンディング価格)

自動昇降機能付きのIH鍋。火力は300〜1200Wで、5段階調整が可能。鍋は耐熱性・耐腐食性に優れるSUS304ステンレス製。IH調理器から取り外し、そのまま水洗いできる。容量は2〜8人分に対応する4L。

KOKOBI『ZHENMI POT』

バスケットを上げた状態で加熱することで「蒸し器」としても使える。家電で蒸し野菜や肉まんなどが作れるのは便利だ。さらに、上段で蒸し料理、下段でスープといった同時調理にも対応する。

KOKOBI『ZHENMI POT』

〈BestBuy!Point〉ありそうでなかった電子レンジ搭載のIHクッキングヒーター

肉の解凍や野菜の下ゆでのほか、レンジで下ごしらえしてから鍋やフライパンで調理する場合、キッチン内で食材を移動させる手間が省ける。ハンバーグやローストビーフ、グラタン、唐揚げ、とんかつ、野菜炒めなど、全8種類の自動アシストメニューも搭載するのも心強い。レンジと一体化しているので、導入すればキッチンの省スペース化が可能だ。

三菱電機『IHクッキングヒーター「レンジグリルIH」』

三菱電機『IHクッキングヒーター「レンジグリルIH」』32万円(2口IHタイプ/RE-220SR)~

ビルトインタイプの電子レンジ機能搭載IHクッキングヒーター。レンジ加熱は24段階(10〜90℃)で、音声と液晶画面による自動アシストを備えた自動メニューも搭載。3口IHタイプも選べる。

三菱電機『IHクッキングヒーター「レンジグリルIH」』

レンジ加熱とグリル加熱を同時に行なう「レンジグリル加熱」は業界初(2020年10月現在)。庫内温度を自動制御する「レンジグリル光センサー」により、短時間かつ確実に調理が仕上がる。

三菱電機『IHクッキングヒーター「レンジグリルIH」』

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年3月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDビューティーミラー」! 特集は「YouTubeで学べ」&「ウワサの新発想家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。