小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

経験者1000人に聞いた副業で稼ぐための秘訣TOP3、3位自由な時間を増やす、2位いきなり高収入を狙わない、1位は?

2020.11.28

今、クラウドソーシングやオンラインサロンでスキルシェアをして副業している人が増加している。では、最も人気の副業とは?多くの人はどのくらい稼いでいるのか?

今回はヒューマン・コネクトが全国の副業をしている会社員を対象に実施した「副業に関する調査」の結果を見ていきたい。

副業で月1万円以上稼いでいる人は65%

まず「現在どのような副業をしていますか?」と質問をしたところ、『時給型(アルバイトなど)(34.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『スキル型(スキルシェア、講習など)(19.7%)』『タスク完結型(データ入力など継続しない単発の軽作業)(18.9%)』と続いた。

アルバイトとして副業している人が多いのか、時給型が最も多い結果となった。ここで意外だったのが、自身のスキルを使って副業している人の割合が2番目に多いという結果となったことだ。

クラウドソーシングサービスなどの普及により、スキルを使って稼ぎやすい環境が整ったことで人気となったのかもしれない。

副業を選ぶ時に重要視しているのは好きな時にできるかどうか

副業として人気の働き方は時給型やスキル型の仕事ということが判明した。では、副業をしている方はどれくらいの期間で、どのようなポイントを重視して副業しているのか。

続いて、「その副業はいつから始めましたか?」という質問をしたところ、『5年以上前(24.0%)』と回答した方が最も多く、次いで『1~3年前(23.1%)』『6カ月~1年前(14.6%)』『3~5年前(11.3%)』と続いた。

数年前からなど、比較的長期間副業をしている方が多いようだ。それだけ副業には様々なメリットが隠れており、それが現在行っている副業を選んだ理由にも関わってきているのかもしれない。

そこで「なぜその副業を選びましたか?(複数回答可)」という質問をしたところ、『好きな時にできるから(34.7%)』と回答した方が最も多く、次いで『報酬が良いから(24.2%)』『趣味や得意なことを活かして手軽にできるから(22.9%)』『未経験でもできるから(22.4%)』と続いた。

好きなタイミングに好きな場所で、趣味の延長のようなことを仕事として副業にできれば長期間続けやすいようだ。

自分のペースでできることこそ、本業にはない副業の大きな魅力なのかもしれない。

副業で月1万円以上稼いでいる人は65%もいた

ここまでの調査で、好きな時にできることを副業にしている方が多いことが判明した。しかし、好きなことや好きなタイミングで作業をするような副業でも収入を得ることはできるのか?

そこで、「その副業で月にどれぐらい収入がありますか?」という質問をしたところ、『1万円~3万円未満(25.0%)』と回答した方が最も多い結果となったが、中には『100万円以上(1.1%)』を稼いでいる人もいる。

3人に2人程度の割合で月に1万円以上、更には5人に2人程度の割合で月に3万円以上の収入を副業で得ているようだ。

月10万円以上という高額な収入を得ている方もいるため、副業の始め方や進め方によっては本業並みに稼ぐことができる可能性があるものの、好きなタイミングや、趣味や得意なことを副業にして、いきなり大金を稼ぐというのは難しいかもしれない。

必見の内容!副業で稼ぐために大切なことや秘訣とは?

副業でも数万円~数十万円単位で稼げるチャンスがあることが判明した。では、副業で稼ぐためには、どんなことが重要になるのか。

そこで、「副業で稼ぐためにはどのようなことが重要だと思いますか?(複数回答可)」という質問をしたところ、『ハードルが低いものから始める(49.7%)』と回答した方が最も多く、次いで『いきなり高収入を狙わない(33.8%)』『自由な時間を増やす(26.1%)』『専門的なスキルを活かす(21.0%)』と続いた。

副業を開始したことによって生活が圧迫されてしまっては意味がない。副業においては、最初からどんどん稼いでいこうと目標金額に対して焦るのではなく、まずはハードルが低いものから始め、スキルを活かして地道にコツコツと続けていくことが重要だと言えそうだ。

副業をして良かったことや苦戦したこと

これまでの調査で、心に余裕を持って、自分の時間を大切にしながら続けられることを副業にすることが成功の秘訣であることが分かった。

ここまで読んで、副業を始めたい!と考えた方も多いかもしれないが、途中で挫折しないためにも、実際に副業をして良かったことや苦戦したことについても聞いてみた。

まず、「副業で苦戦したことは何ですか?(複数回答可)」という質問をしたところ、『副業にあてる時間の管理(33.8%)』と回答した方が最も多く、次いで『収入を得るまでに時間がかかる(28.4%)』『モチベーションの維持(22.2%)』と続いた。

本業や私生活と並行できるように自己管理を徹底する必要があること、収入を得るまでにコツコツと努力が必要なことなどに苦労を感じる人が多いようだ。副業を開始する際にはそれなりの覚悟を持って始める必要があるのかもしれない。

最後に、「副業をして良かったと感じたことを教えてください(上位2つまで)」という質問をしたところ、『生活や気持ちに余裕ができる(59.2%)』と回答した方が最も多く、『持っているスキルが磨ける(37.9%)』『新しいスキルが身に付く(37.9%)』という回答が続いた。

本業を始めてみると分かる苦労することもあるにも関わらず、結果として半数以上の方が生活や気持ちに余裕ができると回答した。

副業探しが簡単にできて、副業を始めるハードルはそこまで高くない今の時代には、コツさえ掴めば生活を充実させ、スキルアップや人脈が広がるなど人生においてプラスに働く良い材料となってくれるのかもしれない。まずは、自分のスキルを活かすことができる副業から探してみると良さそうだ。

副業に関する調査

調査期間:2020年7月10日(金)~ 2020年7月13日(月)
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,046人
調査対象:全国の副業をしている会社員
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

構成/ino.

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。