人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

テレワークの生産性が上がる新世代CPU「Tiger Lake」を搭載した驚速ノートPC4選

2020.12.29

生産性の高いテレワーク環境の構築には、様々な作業を快適にこなせるPCが不可欠。数あるPCの中でも特におすすめなのは、これらの2タイプ。ひとつは作業に合わせて形態を変更できるタブレット。もうひとつはあらゆるタスクを高速に処理するノートPCだ。それぞれの詳細をチェックしていこう。

PCの2大トレンドを注目モデルでチェック!

平澤康寿さん

ライター  平澤康寿さん
買い換えるならTiger Lake搭載機だと考えていたところ、Ryzen採用の魅力的な製品が続出。やはり健全な競争は大事だと実感中。

幅広い処理を超高速に行なう新世代CPU〝Tiger Lake〟

〝Tiger Lake〟

〝Tiger Lake〟

 新機軸PCの登場だけでなく、PC向けCPUも着実に進化している。インテルがリリースした〝Tiger Lake〟こと、第11世代Coreプロセッサーもそのひとつ。

 Tiger Lakeでは従来のCPUから様々な強化を実現している。中でもグラフィックス機能はエントリー向けのゲーミング用ビデオカードに匹敵するほど大きく進化。ゲームに弱いというイメージを一新している。また、電力効率が高められたことで、性能とバッテリー駆動時間の強化にも成功。PCIe 4.0やThunderbolt 4などの最新インターフェイスや、Wi-Fi 6にも対応するなど、システム全体の性能強化に貢献する設計になっている。

 すでに多くのメーカーが搭載PCのリリースを始めているが、従来のCPUのような供給不足も改善され、国内各社もTiger Lake搭載製品を続々発表。今後もラインアップの拡充が期待できそうだ。

〈BestBuy!Point〉大画面&高性能で軽々持ち運び可能。頼りになる1台

MSI『Prestige 15』

MSI『Prestige 15』オープン価格(実勢価格約26万5000円)

クリエイター向けの高性能モデル。15.6型4K液晶を搭載しながら、16.9mmの薄さと1.69kgの軽さを実現。また、優れた冷却機構でCPUやGPUの性能を最大限引き出せる。CPU以外のスペックも充実するなど完成度は高い。W356.8×H16.9×D233.7mm。

15.6型の大画面で細かな作業も快適

MSI『Prestige 15』

Adobe RGB相当の高品質4K液晶

MSI『Prestige 15』

MSI『Prestige 15』

インターフェイスなどもメインマシンとして十分!
タッチパッドに指紋認証センサーを備え、セキュリティーと利便性を両立。Thunderbolt 4などのインターフェイスも充実している。

【Review】
外部GPUに「GeForce GTX 1650Ti Max-Q」を搭載していることもあるが、Photoshopでの写真編集作業など高負荷のアプリも快適に利用できた。これは処理能力の高いTiger Lake搭載によるところも大きいと感じる。それでいて十分軽快に持ち歩ける薄型軽量ボディーなので、高性能なPCを軽快に持ち運びたい人にとってTiger Lake搭載PCは魅力的な選択肢だろう。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。