人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新型コロナ以降、日常的にテレワークを行なっている会社員の7割以上が副業に前向き

2020.11.28

副業に前向きな考えを持つ会社員は73.1%

今、企業はニューノーマルな働き方における「副業」の推進について再検討の必要が出てきている。そんな中あしたのチームは、テレワークを日常的に行っている会社員に対して、副業に対する意識調査を実施した。

結果として、副業に対して前向きな考えを持っている会社員は73.1%いることが明らかに。理由として、「給料をあげたいから」「テレワークによって副業がしやすくなったから」「多方面のスキルを磨き自身のキャリアアップにつなげたいから」などの声が挙がりった。

さらに、コロナ禍で副業を検討するようになった会社員は34.5%と、テレワークの普及によって、より多くの会社員が副業を検討するようになってきているように思われる。

一方で、副業に対して「ワークライフバランスを維持できるか心配」や、「ちゃんと働いても働いてないように見られるのではないか。」「副業をしていると本業に影響があると思われる」など、不安な意見も聞くことができた。

テレワークの普及によって、副業を考える人が増えた一方で、副業が適切な人事評価の足かせとならないか心配を抱えている会社員もいる。副業を推進している企業に対し、78.6%の会社員が「良い印象」を持つという結果からもわかるように、企業はニューノーマルな働き方における副業の推進について再検討の必要があるかもしれない。

調査概要:「会社員と副業」に対する実態調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020年11月9日~2020年11月10日
有効回答:テレワークを日常的に行っている会社員108名

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。