小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

腰痛の原因は股関節の硬さにあり!理学療法士が指南する3つの腰痛対策ストレッチ

2020.11.27

こんにちは、理学療法士の財前知典です。
新しい生活スタイルが定着化しつつあるいま、歩く機会が減ったからでしょうか、私の元にも腰痛に悩んでいらっしゃる患者さんのご来訪が目に見えて増えてきました。そこで今回は、腰痛対策についてお話しします。

腰痛の原因は股関節にあり!

もし腰に違和感があるとき、その違和感を表現するとどんな感じでしょうか? 神経痛のようなピリピリ? 腰の張り? 重さを感じるような筋肉痛?

実はこれ、全て、同じ原因なのです。

前回のコラムでもお話ししましたが、痛みや張りといったものは主に筋肉の硬直から来ているのですが、必ず、身体のどこかの筋膜(筋肉を包んでいる膜)からの異常信号、言ってみれば“SOS”により筋肉の硬直が起きています。そのため、どの筋膜のSOSが問題発生
の原因か、理解することが大切です。そして、本題の腰痛です。

腰痛の場合、ポイントは胸腰筋膜という筋膜です。ここがSOSを出すと、皆さんの身体の具合によって、上記のいずれかのようなSOSサインが生まれ、腰痛が発生するのです。そして、これが最も大切なところです。
この胸腰筋膜がSOSを出している場合、ほぼ間違いなく、その裏で起きている問題があります。それが、実は股関節なのです。

長時間のデスクワークなどで座り過ぎた結果、股関節が固くなります。すると、上記の胸腰筋膜が上手く動かなくなり、SOSを出すのです。これが、腰痛です。そのため、大切なことは、

【股関節を固くしないこと】

これに尽きます。

3つの解決策を今回はご紹介します。どれも、何十分もやる必要はありません。1-2時間に1回でも、1-2分でもやって頂ければ改善できる、非常にお手軽なものです。是非、以下の動画をご覧ください。そして、ここが重要な点です。

【個々人によってやるべきストレッチは変わります】

動画①・②をやったほうが良い方と、③をやったほうが良い方は異なります。まずは実際に①・②をやってみた後のご自身の感覚と③をやってみた後の感覚を比較してみてください。どちらが楽になりますか?

”楽になる”とは、腰が重くない、姿勢が良い、違和感が少ない、などです。楽になったほうを、是非定期的に続けてみてください。

1.お尻のストレッチ

2.太もも裏のストレッチ

3.股関節前・太もも前のストレッチ

いかがですか?
腰痛に悩んでいらっしゃる方は元々多いですし、更に、ここに来て益々増えていると、私自身、診療の現場で日々感じています。
こういった適切なセルフケアで、是非、腰痛のないストレスフリーな日々を過ごしたいですね!

文/財前知典
理学療法士 博士
広尾整形外科副院長を経て、(株)PT NEXTを設立。
個々人の身体の異常の原因を的確に掴み、根元から改善していく理学療法は業界内でも高く評価され、会社経営者・芸能人・スポーツ選手など多数のクライアントのコンディション作りを担当。
更に、クライアントへ結果の出せる理学療法士を育成すべく、講演・指導も定期的に開催中。
ウェブサイト:https://ptnext.asia/
著書:『やってはいけないセルフケア』(KADOKAWA)

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。