人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

10代が選ぶジブリのイケメンキャラTOP3、3位「借りぐらしのアリエッティ」の翔、2位「ハウルの動く城」のハウル、1位は?

2020.11.23

老若男女問わず、幅広い世代から愛されるジブリ作品。その中で特に、10代から支持されるイケメンのジブリキャラクターとは、いったい誰なのだろうか?

そんな「10代が最もイケメンだと思うジブリキャラクターランキング」がこのほど、バイドゥ株式会社より発表された。

本ランキングは、同社が提供する日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」の10代ユーザー2,649名を対象にアンケート調査を行い、そのデータを順位付けしたものだ。

■第1位:ハク(千と千尋の神隠し)

日本映画歴代興収ランキング1位の座に君臨し、ジブリ作品中でも圧倒的な人気を誇る「千と千尋の神隠し」(2001年公開)に登場する「ハク」が堂々の第1位となった。ピンチの時には守ってくれる優しさと神秘的な魅力を兼ね備えたハクが10代に最も支持されるイケメンキャラクターに輝いた。

■第2位:ハウル(ハウルの動く城)

「ハウルの動く城」(2004年公開)に登場する天才魔法使い「ハウル」が2位にランクイン。声優を木村拓哉が務めたことでも当時話題を呼んだ。

■第3位:翔(借りぐらしのアリエッティ)

「借りぐらしのアリエッティ」(2010年公開)の「翔」が第3位。純粋な彼の優しさに惹かれる10代は多いのかもしれない。声は神木隆之介が担当した。

■第4位:バロン(猫の恩返し)

「猫の恩返し」(2002年公開)に登場するイケメンな猫男爵「バロン」ことフンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵が第4位。「耳をすませば」(1995年公開)にも古道具屋に置かれた猫の人形として登場。紳士的かつ落ち着いた大人の立ち振る舞いに10代も思わずドキっとしてしまったのだろうか。

■第5位:アシタカ(もののけ姫)

「もののけ姫」(1997年公開)に登場する主人公、「アシタカ」本名アシタカヒコが第5位。強い意思を感じるまっすぐな眼差しに心をさらわれた方も多いのではないだろうか。ストレートな愛情表現は10代にもしっかり伝わっているようだ。

■第6位:ムスカ(天空の城ラピュタ)

不朽の名作「天空の城ラピュタ」(1986年公開)の大佐「ムスカ」本名ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタがランクイン。ラピュタ王家の末裔として冷徹ながらもどこか憎めず、切なく悲しい最期を迎える愛すべき悪役だ。主人公を抑えての6位となった。

■第7位:パズー(天空の城ラピュタ)

こちらも「天空の城ラピュタ」(1986年公開)から「パズー」が第7位に登場。全力でシータを守る勇敢な行動力もさながら、さらに料理上手というのも人気の秘訣だろう。「一番食べたいジブリ飯TOP10」(https://simeji.me/simeji-ranking/backnumber/2020_17/)ではパズーが作る「目玉焼きパン」が第3位にランクインしている。

■第8位:風間俊(コクリコ坂から)

第8位は「コクリコ坂から」(2011年公開)に登場する新聞部員の高校3年生「風間俊」がランクイン。大胆でありながらみんなを率いるカリスマ性を持ち、時折みせるさりげない優しさが魅力的だ。

■第9位:天沢聖司(耳をすませば)

「耳をすませば」(1995年公開)に登場するバイオリン職人に憧れる中学生「天沢聖司」が9位に。主人公の月島雫に気づかれないよう図書館でそっと隣に座ったりと、不器用ながらもアプローチする場面から雫への思いが伝わってくる。男性は彼の気持ちが何となく理解できるのかもしれない。

■第10位:草壁タツオ(となりのトトロ)

「となりのトトロ」(1988公開)に登場するお父さん「草壁タツオ」が第10位にランクイン。圧倒的な安定感とお父さんとしての包容力、温和で知的な優しさが男女問わず好印象なのだろう。

<調査概要>
集計期間:2020/8/14~2020/8/31
有効回答数:10代 男女2,649

出典元:バイドゥ株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。