人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

トップは3571億円、国内スタートアップの想定時価総額ランキング

2020.11.22

世の中を動かすのは、国や大企業ばかりじゃない。立ち上げ間もないスタートアップ企業の中にも、多くの人にとって価値ある事業を展開し、とてつもない時価総額に達する会社もある。

成長産業支援事業を推進するフォースタートアップスでは、継続的に国内スタートアップ動向に関する調査を行い、同社サービスである「STARTUP DB (スタートアップデータベース)」に調査結果を公開。今回は、2020年11月2日時点での国内スタートアップ想定時価総額ランキングを発表した。

自動運転開発のティアフォーが12位に浮上!

2020年11月の想定時価総額ランキングでは、2020年10月のランキングでは14位であった、「Autoware」を活用した自動運転システムの開発を行うティアフォーが12位に浮上。想定時価総額が523億円から65億円増加し、588億円となっている。

ティアフォーは、世界初のオープンソースの自動運転ソフトウェア「Autoware」の開発を主導しており、組織・個人が自動運転技術の発展に貢献出来るエコシステムの構築を目指している。2020年9月には、同社とブレインフォー、南福岡自動車学校を運営するミナミホールディングスの3社が、自動運転技術を活用した運転技能検定システム及び教習システムを共同で開発し、事業化に向けて協業することを発表。同月には、南福岡自動車学校で試乗会を実施している。

アストロスケールホールディングスが約55億円の資金調達を実施し、累計資金調達額では200億円を突破

先月のTOP20企業の累計調達金額から大きな変化がみられたのは、Spiberとアストロスケールホールディングス。

これまでSpiberは、およそ415.8億円を調達している。同社は、構造タンパク質素材「Brewed Protein(ブリュード・プロテイン)」を開発する、山形県鶴岡市に拠点を置くバイオベンチャー。

2020年10月には米国の穀物メジャーのアーチャー・ダニエルズ・ミッドランド・カンパニー(以下、ADM)と提携、同時にADMを引受先とする第三者割当増資による約59億円の資金調達を実施。2020年10月時点、同社はタイに工場を建設中、2021年中の稼働を目指している。

また、想定時価総額ランキングで10位となっているアストロスケールホールディングスは約55億円の資金調達を行い、累計資金調達額は218.2億円に。今回の資金調達の詳細は、2020年10月にエースタートをリード出資とした、アイネット、清水建設、スパークス・イノベーション・フォー・フューチャーからのシリーズEラウンドによる第三者割当増資となっている。

今回の調達を受けて、重要な社会インフラとして宇宙からのサービスやデータを安心して活用できるよう、デブリの低減・除去、軌道上サービスのミッション実現に向けての動きを加速。スペースデブリ(宇宙ごみ)という世界でも最も複雑な社会課題に対して、技術、ビジネスモデル、法規制に取り組んでいく方針だ。

同社の創業者兼CEOの岡田光信氏は、2020年10月15日に行われた国際宇宙航行連盟(International Astronautical Federation)の総会にて、副会長に選任されており、宇宙産業のさらなる振興に尽力していく予定だ。

カテゴリー別では、変わらず環境・エネルギーと金融領域がトップに。自動車がこれに続く

カテゴリー別にみてみると、環境・エネルギーと金融が4社と最も多く、次いで自動車領域が3社と続いている。そのほか、前回と変化はなかった。

<調査概要>
タイトル:「国内スタートアップ想定時価総額ランキング」
調査期間:2020年11月2日時点
レポート記事:STARTUP DB(https://media.startup-db.com/research/marketcap-ranking-202011

出典元:フォースタートアップス株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。