小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

脳梗塞や心不全につながる危険も!知っておきたい「心房細動」のリスクと早期発見のポイント

2020.11.29

心臓がバクバクする動悸や、息苦しさ、めまいを感じたことはないだろうか。その症状、“ちょっと疲れているのかな”と放っておくと、生命に関わる事態に繋がるかもしれない。

近年、不整脈の一種「心房細動」が脳梗塞などを引き起こす重要なリスクとして注目されている。この病の恐ろしいところは、患者の約4割が自覚症状がないといわれていて、また症状があっても見逃されやすい点だ。

【参考】「心房細動」は脳梗塞のサイン|はじめよう!ヘルシーライフ|オムロン

そこでオムロンは、2020年10月28日(水)にオンラインセミナーを実施。心房細動のリスクや早期発見のポイントを紹介した。

心臓がバクバク……もしかして「心房細動」? 知っておきたい不整脈と心房細動の基本

セミナー当日は、京都府立医科大学不整脈先進医療学講座の講師である妹尾 恵太郎先生が登壇し、心房細動のリスクと早期発見のポイントを解説した。

心房細動とは不整脈の一種。「心房」と呼ばれる心臓内の部屋が痙攣したように細かく震え、血液をうまく全身に送り出せなくなる病気だ。

心房細動とは不整脈の一種! そもそも不整脈とは?

健康管理を意識している人ならば、「不整脈」という言葉を一度は聞いたことがあるだろう。

不整脈とはいわば、心臓のリズム障害。心臓は右心房にある「洞結節」からの電気信号によってコントロールされていて、規則正しいリズムで拍動し(1分間に60~100回)、全身に血液を送り出している。しかし、何らかの原因で電気信号が乱れるとリズムが不規則になる。この乱れが「不整脈」だ。

不整脈の種類

不整脈には様々な種類が存在するが、大きく「頻脈不整脈」(拍動が100回/分以上)と「徐脈不整脈」(拍動が60回/分以下)に分けられる。心房細動は、頻脈不整脈に該当する。

健常者でも体調不良等で不整脈を起こすことはあるが、中には生命の危険を伴うものもある。

心房細動の仕組み

心房細動は、心臓の洞結節以外から無秩序に電気信号が発生して、心房が不規則に震える状態を指す。

動悸、胸苦しさ、呼吸困難、めまいといった症状があるが、約4割の患者は自覚症状がないという。

心房細動の患者数は推定100万人超!

日本における心房細動の推定患者数は増加傾向にあり、2020年に100万人を超えるといわれている。

またグラフの通り、男性のほうが心房細動の有病率が高い。

男性のほうが心房細動になりやすい傾向にあるのは、生活習慣などの環境要因によるものと考えられている。

心房細動が引き起こすリスクとは?

続いて、心房細動が引き起こすリスクについて紹介しよう。

【心房細動のここが危ない!】死亡リスクが約3倍に

心房細動を発症すると、非発症者に比べて死亡リスクが1.5~3.5倍高くなるといわれている。

心房細動患者の死亡原因として、心不全や突然死も少なくない。

【心房細動のここが危ない!】20~30%の患者が心不全を合併

心房細動と心不全は密接な関係にある。現に心房細動患者のうち、20~30%が心不全を合併しているという報告がある。

【心房細動のここが危ない!】心房細動になると脳梗塞のリスクが約5倍に

心房細動は、脳梗塞を起こしやすい。心房の中で血液が淀むことで血栓ができやすくなり、それが血流に乗って脳に運ばれ、血管に詰まってしまうのだ。脳梗塞の20~30%は心房細動が原因といわれていて、さらにグラフの通り、心房細動の人は脳梗塞のリスクが約4.8倍に上がる。

脳梗塞のうち、心房細動から起きるタイプは「心原性脳塞栓症」と呼ばれていて、読売巨人軍の長嶋茂雄 終身名誉監督や、サッカー日本代表チームのイビチャ・オシム元監督が発症したことでも知られる。

【参考】「心房細動」は脳梗塞のサイン(オムロン)

【心房細動のここが危ない!】心房細動患者の認知症発症リスクは従来の1.4~1.6倍

認知症には様々な要因があるが、心房細動は全ての認知症の危険因子になるという報告がある。

脳梗塞による「脳血管性認知症」(隠れ脳梗塞)や、心房細動治療のための経口抗凝固剤を服用したことによる「微小脳出血」、心房細動による脳灌流量の低下などが認知症に繋がるからだ。

心房細動患者の認知症発症リスクは、従来の1.4~1.6倍に及ぶという(※Bunch TJ,et al:Heart Rhythm,2010; 7:433-437より)。

【参照】心房細動の危険性|市立伊丹病院

【心房細動のここが危ない!】60%以上の患者がQOLの低下を訴えている

2020年度版のヨーロッパ心臓病学会ガイドラインによると、心房細動患者のうち60%以上が生活の質(QOL)の低下を訴えている。

【参照】European Heart Journal

動悸や倦怠感といった心房細動特有の症状だけでなく、精神心理的因子(抑うつ・不安)なども関与しているといわれている。

あなたも実は心房細動!? 心房細動の早期発見と予防策

心房細動は、高齢になるにつれ発症しやすくなるが、30~60歳代にも十分起こり得る。特に短時間で元に戻る「発作性心房細動」は、“ちょっと疲れている”程度で見過ごしてしまうケースも。

しかし、心房細動は進行する病気だ。放置するとだんだん頻度が増え、持続時間の長い「持続性心房細動」に移行して慢性化する可能性も。慢性化すると徐々に体が慣れてしまい、症状を感じなくなり、ある日突然、脳梗塞を起こすといったこともあり得る。

心房細動になりやすい人とは?

心房細動のリスク要因は以下の2種類に大別される。

■心臓由来……心不全、高血圧、狭心症、心筋梗塞、弁膜症
■心臓由来でないもの……加齢、肥満、糖尿病、飲酒・喫煙の習慣、睡眠時無呼吸症候群、ストレス、甲状腺機能亢進症

ライフスタイルが不規則な人は、心房細動になりやすいので注意。塩分の摂りすぎや偏食、飲酒・喫煙、肥満、運動不足、ストレス……思い当たる人は生活習慣を見直そう。

心房細動は早期発見・早期治療が重要! 発見のポイントは?

心房細動は、早期発見・早期治療を行うことが大切だ。ポイントとなるのは、まず「症状を見過ごさないこと」。例え症状が軽くても、動悸、不整脈、胸苦しさ、息切れといった心房細動と思われる症状を何度か経験した場合は、早めに検査を受けよう。

そのほか、「検脈」や「家庭用心電図」、そして今後はスマートウォッチなどによる心房細動の早期発見も可能になると考えられている。

すぐできる脈の測り方

心房細動の判断基準として、脈を測る方法もある。セミナーでは、簡単にできる脈の測り方も紹介された。

[1]手首の内側に人差し指・中指・薬指の3本を当てる。手首を少し曲げた時にできるシワの位置に薬指の先が来るように指を置こう。
[2]親指の付け根の骨の内側で、脈がよく触れるところを探す。3本の指先を少し立てるとわかりやすい。
[3]15秒ほど脈拍を触れて、間隔が規則的かどうか確かめる。
[4]不規則だと感じたら、さらに1~2分ほど触れ続ける。

心房細動の時は、脈が弱い/脈が不規則/脈が数えられないといった状態になる。

家庭での「心電図記録」が早期発見のカギに!

家庭用心電計があれば、自宅でも手軽に心電図が測れる。オムロンは2019年5月、アメリカにて心電計付き血圧計「Complete」を発売した。

「Complete」は心電図・血圧同時測定機能を備えていて、心電図解析機能にて心房細動の可能性を検出してくれる。また、心電図はスマホアプリ「OMRON connect」上に記録され、PDF等への結果出力も可能。医師との情報共有もしやすい。

世界最大級の電子機器の見本市「CES 2020 イノベーションアワード」をはじめ、数々の賞を受賞している本機。日本でも、2020年度中の発売を予定している。

心房細動の治療法

妹尾先生によると、心房細動の治療法には心房細動を抑える「抗不整脈薬」を服用する方法や、カテーテルを心臓に入れて異常な電気信号を出す部位を焼灼する「カテーテルアブレーション」があるという。

後者は根治を目指せるものの、約20~50%の患者に再発のリスクがあるため、持続的なモニタリングが必要だ。心房細動の可能性がある場合は、かかりつけ医と、脈の治療や脳梗塞予防のための抗凝固薬について検討しよう。

薬の飲み忘れを防ぐ無料アプリ

脳梗塞予防のための「抗凝固薬」は毎日服用する必要があるが、つい飲み忘れてしまったり、服用年数が経つにつれて内服継続率は下がってしまう。

そこで便利なのが「心房細動アプリ」だ。このアプリは、京都府立医科大学 不整脈先進医療学講座の妹尾先生が開発したもので、アラーム機能や、服用・体調記録機能、次回の外来受診日の入力、心房細動について学べる動画の閲覧などが可能で、無料でダウンロードできる。

【参考】
心房細動アプリ(App Store)
心房細動アプリ(Google Play)

登壇者プロフィール

妹尾 恵太郎(せのお けいたろう)氏。京都府立医科大学 不整脈先進医療学講座 講師。

心臓病センター榊原病院循環器内科、心臓血管研究付属病院循環器内科、University of Birmingham, Institute of CardiovascularのSciencesリサーチフェロー、康生会武田病院不整脈治療センター医員などを務める。京都府立医科大学 不整脈先進医療学講座の特任助教を経て、2020年より講師に着任。一般社団ヘルステックイノベーション研究センターの代表理事も務める。

脳梗塞などを引き起こすリスクもある心房細動は、高齢者だけの病ではない。これを機に、規則正しい生活を心がけつつ、日々の体調記録を意識してみよう。

取材・文/bommiy

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年6月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDテープライト250」! 特集は「超快適ウエアラブル」「最新EV図鑑」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。