人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍で過熱するIT業界の人材獲得競争、企業が採用活動で配慮すべき5つのポイント

2020.11.20

新型コロナウイルス感染拡大によって加速するIT需要。それによってIT業界では、人材の獲得競争が過熱している。

優秀な人材を獲得するにはどのような惹きつけ戦略が必要なのだろうか?

外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンではこのほど、IT人材の獲得を目指す企業が心がけるべきポイントとして、以下の5つのポイントを紹介した。

1.将来を見え据えた計画を

新型コロナウイルスの終息が当面の間は見込めないことが分かり、企業はコロナ後を見据えた戦略や新型コロナウイルスとの共生を前提に将来の事業計画を策定するようになった。

今回の危機により人材や消費者のニーズは大きく変化し、企業は時代の変化に合わせたデジタル化への対応を求められている。

外出禁止令などで直接対面することが制限されたことから、コミュニケーションの方法も変わった。周囲の人々との交流ツールや、顧客との関係維持のためのオンラインショップサイトなど、様々なプラットフォームの改善が必要になったのだ。

2.採用プロセスや研修などのデジタル化を加速する

人材の獲得競争が過熱化する中で、企業は採用プロセスの迅速化を進めてきた。

新型コロナ発生以前もオンラインプラットフォームを導入していた企業は数多くあったが、効率的に活用されているとは言い難い状況だった。しかし、今回の感染拡大によりテレワークが普及すると、多くの企業はデジタル化の推進を余儀なくされ、オンライン活用の効率化も進んだ。

現在、研修を十分に実施できるオンラインシステムを持っている企業はそれほど多くはないが、テクノロジー企業などは迅速に対応を進めており、既にリモートで新人研修を行うシステムを確立しつつある。今回の感染拡大は、伝統的な企業の文化をも急速に変化させたと言って良いだろう。

3.人材募集の対象地域を広げる

募集地域の拡大も検討してみよう。対象地域を広げれば、それだけ有能な人材も見つけやすくなる。

現在、採用地域の拡大に踏み切る企業の数は増加傾向にある。これの傾向については、今後半年から1年半の求人市場動向を注視していく必要があるが、特に、テクノロジー分野を中心に、今後も採用市場が拡大していくものとみられる。

4.テクノロジーの導入を

新しいシステム導入時に注意しなければならないのが、従来の仕事のやり方をどのように変更していくかという点。一般的に、旧来のやり方を変えるのは容易なことではなく、従業員が新しいシステムに馴染むまでには時間がかかる、と考えられてきた。

しかし、今回の危機で、多くの従業員が新しいシステムに素早く対応することを余儀なくされ、テレワーク勤務などへの移行に成功した。この経験は従業員に「やればできる」という自信を与えた。従業員には今後も、新しい技術に適応していくことが求められる。

5.コロナ禍での取り組みを振り返り、今後の勤務体制を整える

企業は、コロナ危機の際に行った変革や取り組みを振り返ってみる必要がある。今後は、在宅勤務とオフィスへの出勤を組み合わせた『ハイブリッド』な働き方が普及するものとみられている。企業は競争力の維持や持続的な成長のためにも、戦略的な観点から社員の勤務体制を整備して行く必要がある。

ヘイズ・ジャパンのマネージング・ディレクター、リチャード・アードリー氏は、次のように述べている。

「ヘイズは、従業員の給与動向を調査する『給与ガイド』を毎年発行しています。同報告書によると、IT人材の転職動機の中で、最も高い回答率を記録したのがキャリアアップです。優秀な人材を獲得するためにも、企業はビジョンを持つと共に、IT人材に期待する内容を明確にし、面接で求職者と共有することが重要です。」

出典元:ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。