人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

風景、スポーツ、ポートレート、幅広い撮影をカバーするキヤノンの望遠ズームレンズ「RF70-200mm F4 L IS USM」

2020.11.18

キヤノンは、「EOS Rシステム」の交換レンズ「RFレンズ」の新製品として、プロ・ハイアマチュアユーザー向けの望遠ズームレンズ「RF70-200mm F4 L IS USM」を12月下旬に発売する。価格はオープン。キヤノンオンラインショップでの販売価格は195,000円(税別)。

「RF70-200mm F4 L IS USM」は、風景やスポーツ、ポートレートなど幅広い撮影に適した焦点距離を備え、描写性能や操作性、堅牢性などで最高水準の性能を追求した「L(Luxury)」レンズ。

「RFマウント」ならではの大口径・ショートバックフォーカスを生かし、カメラ側の撮像面近くに大口径レンズを配置して光学系を小型化。さらに、全長が変わるズームタイプの採用とメカ部材やレンズの効果的な配置などにより、「EF70-200mm F4L IS II USM」(2018年6月発売)と比較して、高画質を維持しながらも、大幅な小型・軽量化に成功した。

また、「UDレンズ」4枚を含む11群16枚の光学設計により、色にじみの原因となる色収差などを画面中心部から周辺部まで低減し、焦点距離70mmから200mmのズーム全域で高画質を実現。

加えて、フォーカスレンズとフローティングレンズの2つのレンズ群を、2つの超音波モーター「ナノUSM」で個別に駆動して制御する、電子式フローティングフォーカス制御の採用により、近距離撮影時の画質を向上させ、ズーム全域で最短撮影距離0.6mを実現している。

そのほか、ボディー内手ブレ補正機構を搭載している機種との組み合わせで、カメラとレンズによる協調制御を実現。「EOS R5」装着時は、7.5段の手ブレ補正が可能。ボディー内手ブレ補正機構を搭載していない「EOS R」(2018年10月発売)装着時でも5.0段の手ブレ補正が可能だ。

最大径×長さは約φ83.5×119.0mm、質量は約695g。

製品情報
https://cweb.canon.jp/eos/rf/lineup/rf70-200-f4l/

構成/立原尚子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。