人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

森の自然を取り込んだ幼稚園の園庭が園児の免疫を改善、フィンランド自然資源研究所発表

2020.12.02

森の自然を取り込んだ園庭が園児の免疫を改善か

子どもの免疫システムを強化したいなら、泥遊びをさせると良いかもしれない。

フィンランドの研究で、保育園の園庭を、森の土や植物のある自然豊かな環境に変えたところ、園児の炎症レベルが低下し、免疫機能の改善が認められたからだ。

フィンランド自然資源研究所のAki Sinkkonen氏らが実施したこの研究の詳細は、「Science Advances」10月14日オンライン版に発表された。

近代的な生活と免疫機能の関係については、これまで多くの研究が実施され、その結果が報告されている。

例えば、農場での生活経験(特に小児期の)がアレルギーリスクの低下に関連することや、近代に入って普及した抗菌作用のある石鹸の使用や加工肉の摂取、抗菌薬の使用などが、身体の細菌叢の多様性を低下させる可能性が示唆されている。

そこで、Sinkkonen氏らは、生物多様性を都市の環境に持ち込むことで、子どもたちの細菌叢の多様性が高まり、免疫機能が変化するかどうかを調べる研究を実施した。

対象とされたのは、フィンランドの計10カ所の保育園に通う、3~5歳の子ども75人である。Sinkkonen氏らは、これら10園のうちの4園(介入群)には、砂利が敷かれた園庭に森の土や芝生、草を敷き詰め、一年生植物のプランターや子どもたちがよじ登って遊べるブロック状の泥炭を用意した。

これ以外の6園は対照群とした。このうち3園は“自然志向の園”として、子どもたちを定期的に近隣の森に連れて行く活動を行った。

残る3園は、ほとんど自然のない園庭で通常通りの保育を行った。解析は、介入群と対照群との間での皮膚細菌叢と腸内細菌叢、および血液中の免疫バイオマーカー(サイトカインレベル)について行われた。

その結果、研究開始から28日後には、介入群の園児の皮膚において、プロテオバクテリアのグループ、中でもガンマプロテオバクテリアの多様性が高まっていることが確認された。

プロテオバクテリアは、真正細菌の主要な分類群の一つで、アルファ、ベータ、ガンマプロテオバクテリアなど5つに大別される。

このうち、ガンマプロテオバクテリアには、腸内細菌やシュードモナス属など医学的に重要な細菌が含まれる。

一方、通常の保育園の園児では、皮膚の細菌の多様性は全般的に低下していた。また、介入群の園児の腸内細菌叢は、毎日森に出かけていた“自然志向の園”の園児の腸内細菌叢に似ていることも分かった。

さらに、介入群の園児から採取した血液を基に、サイトカイン〔IL-10、IL-17A、トランスフォーミング増殖因子-β1(TGF-β1)〕および制御性T細胞の割合などを分析し、皮膚細菌叢の多様性の増加との関連を調べた。

その結果、皮膚細菌叢の多様性の増加に伴い、介入群の園児では、血液中のTGF-β1レベルと制御性T細胞の割合の増加、およびIL-17Aレベルの低下が認められた。

TGF-β1には抗炎症作用があり、制御性T細胞には過剰な免疫反応の抑制作用がある一方、IL-17Aは自己免疫疾患の発症に中心的な役割を果たすとされている。

このように、多様性を持つ自然環境に子どもを置くことは、子どもの体の細菌叢に多様化をもたらし、免疫機能も改善される可能性のあることが示唆された。

これらの結果について、この研究には関与していない専門家の一人で、米カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)のJack Gilbert氏は、本研究で、子どもを自然環境に置くための包括的な手法が取られた点を高く評価する一方で、規模が小さく、確認された効果量も小さい点を指摘。

「今後、より多くの園で、より多くの小児を対象に研究を行い、検証する必要がある」との見解を示している。

なお、Sinkkonen氏は、今回の研究で欠かせない要素は、土の表層に含まれる細菌だとの見方を示している。

また、研究対象の子どもたちは、土を掘ったり、植物を植えたりするなど土にまみれながら活動的に遊んで過ごした点を強調。

「草木を植えただけでは効果は得られない可能性が高い」と話している。(HealthDay News 2020年10月15日)

Copyright © 2020 HealthDay. All rights reserved.

(参考情報)
Abstract/Full Text
https://advances.sciencemag.org/content/6/42/eaba2578

Press Release
https://www.helsinki.fi/en/news/life-science-news/a-forest-based-yard-improved-the-immune-system-of-daycare-children-in-only-a-month

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年3月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDビューティーミラー」! 特集は「YouTubeで学べ」&「ウワサの新発想家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。