小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍のバイト探しで重視していることTOP3、3位職場環境、2位通いやすい場所、1位は?

2020.11.16

コロナ禍で最も重視度が高まった項目は「職場の安全」

コロナ禍の今、職場へ高望みするより、アルバイトするうえでのベーシックな価値である「働きやすさ」を希求する傾向が強まっている。

そこでツナグ働き方研究所は全国のアルバイト求職者16~69歳1,000人を対象に、「2020年アルバイト求職意識1000人調査」を実施した。

コロナ禍で最も重視度が高まった項目は「職場の安全」。5割以上が今までより重視する傾向に

ツナグ働き方研究所では、求職者がアルバイトを探す際に重視する項目について9つの因子(※1)を設定し、経年でその重視度について調査を実施している。

今年の調査では、重視度が高いトップ3は【場所/通いやすい場所にある】【安全/安心して働けそう】【仕事・現実/自分でも働くことができそう】。アルバイト選択基準のトップ3は昨年と変わらない結果となった。

この結果からだと、一見“アルバイトを探す求職者の心理はコロナ禍に影響を受けていない”ように見える。しかし、上記の9因子について「コロナ禍でアルバイトを探す際に以前より重視するようになったか」と聞いたところ、「以前より重視するようになった」との回答は40.3%に上り、やはりコロナがアルバイトを探す求職者の行動心理に少なからず影響を与えていることが分かる。

最も重視度が高まったのは、やはり【安全/安心して働けそう】という項目。51.2%と過半数が「より重視するようになった」と回答したことからも、「働く職場の安全性」に敏感になっていることがわかる。

長時間勤務することでの感染リスクから「働く時間」も重視、短時間志向が高まる

コロナ禍で以前より重視するようになった項目は【安全/安心して働けそう】に次いで、【場所/通いやすい場所にある】46.2%、【環境/職場環境が良さそう】43.6%、【時間/希望の時間で働けそう】42.9 %という結果だった。

先述のアルバイト選択重視度経年比較では【時間/希望の時間で働けそう】が4位までランクアップしていて、ふたつの回答結果から「働く時間」にも敏感になっていることが分かる。今回の調査を補完するために実施したグループインタビューにおいても、「長時間のシフトは怖い」「あまり長く働きたくない」という声が多く聞かれました。感染への不安から働きすぎを警戒し「短時間勤務」志向が高まっているようだ。

通勤での感染リスクという職場外安全の観点から「働く場所」も重視、近場志向が高まる

求職者が、職場の消毒、検温、アクリル板設置などといった安全性への配慮がなされている職場を望むのは当然だ。また感染不安から「短時間勤務」志向が高まるのも分かる。

こうした職場の「内」での感染に対してナーバスになっている一方で、【場所/通いやすい場所にある】への重視度も高まりも顕著。以前より重視するようになったスコアは、【環境/職場環境が良さそう】【時間/希望の時間で働けそう】よりも上位で、求職者が職場の「外」での感染に対しても、極めてナーバスになっていることが分かる。

インタビューでも「繁華街では働きたくない」「できるだけ電車には乗りたくない」「家の近所で探しています」などの声が多数聞かれた。

調査概要

調査対象:業種を問わずパート・アルバイトとして求職経験が2年以内にある求職者または現就業者
全国の16~69歳の男女 1,000名(男性:500名・女性:500名)
調査期間:2020年6月24日~7月2日
調査手法:インターネット調査
有効回答:1000名

構成/ino.

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。