人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

9月度の外食市場規模は前年比で−949億円、7か月ぶりに減少幅が1000億円を切る

2020.11.16

コロナ禍で苦境に立たされている外食業界。その市場規模はどのくらい変動し、また、特にどの業態が打撃を受けているのだろうか?

そんな外食市場の今を探るべくこのほど、ホットペッパーグルメ外食総研は、首都圏・関西圏・東海圏の男女約1万人を対象とする2020年9月度の「外食市場調査」を実施した。

本稿ではその一部抜粋を紹介していく。

外食市場規模は前年同月比70.1%

2020年9月の外食市場規模は、3圏域合計で2220億円。前年同月比(以下、前年比)は‐949億円。前年比は70.1%で、8月の同60.5%と比べると、9.6ポイント回復した。

また、前年比減少幅が1000億円を切ったのは、2020年2月以来7カ月ぶりである。外食単価が前年実績を上回ったことと、外食実施率が2020年3月以来の6割台に回復し、マイナス幅が縮小したことが市場規模の改善につながった。

圏域別では、首都圏と関西圏は市場規模の前年比がともに7割台で、特に首都圏は前月から大きな改善(13.6ポイント増)。一方、東海圏では前年比は64.5%にとどまった。

業態別では7カ月連続して主要16業態全てで市場規模が前年比マイナスだが、「和食料理店」(前年比80.0%)、「焼肉、ステーキ、ハンバーグ等の専業店」「バー、バル、ワインバー、ビアホール、パブ」(ともに同78.6%)等はマイナス幅が相対的に小さい。「居酒屋」も前年比57.8%まで回復してきた。

出典元:株式会社リクルートライフスタイル

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。