人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ポストデジタル時代にビジネスとテクノロジーの融合を担う役職「テクノロジーCEO」の重要性

2020.11.17

テクノロジーCEO

 新型コロナウィルスをきっかけに、リモートワークや事務手続きのオンライン化など、世の中がデジタルを前提とした新しい生活様式へ急速に移行している。

 デジタルが急速に生活へ溶け込む「ポスト・デジタル」時代は、消費者のニーズと企業のサービスや製品との間にギャップが生まれやすくなる。そこで表層的にデジタルを導入・利用するだけでなく、様々なテクノロジーを自社事業の核に融合させて考える「テクノロジー思考」が新時代のリーダーに必須となっている。そうしたリーダーの在り方として「テクノロジーCEO」を提唱するのがアクセンチュアだ。同社によると、その特徴は「単に先端技術にくわしいということではなく、理系出身である必要もない。サイエンスとテクノロジーへのリスペクトを持ち、それらの有識者などの人材を巻き込んで、社内外を問わずタッグを組み、仲間たちと知見を共有しあえるチーム作りができるリーダー」だという。

 デジタル化が加速して、顧客中心のテクノロジー活用とその組織作りを再考する時期にきており、その時に企業を牽引する役割を担うのが「テクノロジーCEO」なのだ。

 テクノロジーへの理解と積極的な導入が新たな価値を創出するはず。変化の激しい時代にスピード感と新たな発想でビジネスを構築できるリーダーを現場も求めている。

「テック・クラッシュ」

デジタルが当たり前の時代には、企業の姿勢によって生活者の信頼を失う「テック・クラッシュ」が起こることも。それを防ぐのも「テクノロジーCEO」の役割だ。

ビジネスとテクノロジーの融合

企業にとってビジネスとテクノロジーの融合は必須。自社のビジネスと新しいテクノロジーをどう融合するかといった思考を持ち、変革を推し進めることができるリーダーが必要とされている。

取材・文/久村竜二

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。