人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

テレワークの頻度が高かった職種1位はIT関係、低かった職種1位は?

2020.11.13

アデコの調査により、緊急事態宣言中であっても一般社員の6割以上がテレワークをまったくしなかったか週1日未満であったことがわかり、日本におけるテレワークの浸透には引き続き課題があることが明らかになった。

テレワークの頻度が低いとテレワークへの抵抗感が強くなる?

4月~5月の緊急事態宣言前にテレワークをしていたのは、全体の約2割。テレワーク率がもっとも高かったのは、「IT(エンジニア)」の35.0%、もっとも低かったのは、「販売」の1.3%。

全国の正社員として働く一般社員1,500人に対し、「4月7日の緊急事態宣言よりも前に、テレワークをしていましたか」と質問したところ(*1)、20.3%(305人)が「はい」と回答、79.7%(1,095人)が「いいえ」と回答した。

職種別に見ると、テレワーク率がもっとも高かったのは、「IT(エンジニア)」の35.0%。逆に、もっとも低かったのは「販売」の1.3%で、対面での接客が業務の大半を占める職種でのテレワークの難しさが浮き彫りに。

(表1)職種別:緊急事態宣言前のテレワーク状況

4月~5月の緊急事態宣言よりも前のテレワーク開始のきっかけは、新型コロナウイルス感染症の拡大

4月~5月の緊急事態宣言前にテレワークをしていたと回答した305人に対し、テレワークをするようになったきっかけについて質問したところ、7割以上となる73.4%が、新型コロナウイルス感染症の拡大がきっかけであると回答した。

職種による大きな差はなく、どのような仕事でも、新型コロナウイルス感染症が働き方の変化に大きな影響を与えたことがわかった。

(表2)職種別:緊急事態宣言前にテレワークをするようになったきっかけ

緊急事態宣言中のテレワーク率がもっとも低かった職種は「販売」、次いで「営業」。もっとも高かったのは、「IT(エンジニア)」で、約7割が週1日以上テレワークで勤務

全国の正社員として働く一般社員1,500人に対し、「緊急事態宣言中(*2)に、どれくらいの頻度でテレワークをしましたか」と質問したところ、64.0%(960人)がテレワークをまったくしなかった、もしくは週1日未満だったと回答した。

4月~5月の緊急事態宣言中に週1日以上テレワークをしたのは全体の36.0%(540人)で、21.3%は週4日以上テレワークをしていた。

職種別に見ると、「テレワークはしなかった」と「週1日未満」という回答は「販売」と「営業」に多く、「販売」の96.7%、「営業」の68.3%が、緊急事態宣言中でもテレワークまったくしていないか、もしくは週1日未満だった。

逆にテレワークの頻度が高かったのは「IT(エンジニア)」で、67.3%が緊急事態宣言中に週1日以上テレワークをしており、半数近くとなる46.7%は、週4日以上テレワークで勤務していた。

「総務・人事」も他の職種に比べるとテレワーク率が高く、20.3%は緊急事態宣言中に週4日以上テレワークをしている。

(表3)職種別:緊急事態宣言中のテレワーク状況

テレワークの頻度が低いと、テレワークに対する抵抗感が強くなる傾向

4月~5月の緊急事態宣言中に週1日以上テレワークをしたと回答した540人に対し、「今後もテレワークをしたいと思いますか」と質問したところ、9割近くとなる86.9%が「はい」と回答した。職種ごとに見ても、すべての職種で「はい」が80%以上となった。

一方、テレワークをまったくしなかった、もしくは週1日未満だったと回答した960人に対して、「今後は、頻繁にテレワークをしたいと思いますか」と質問したところ、6割以上となる61.8%(593人)が「いいえ」と回答し、すべての職種で「いいえ」の方が多くなった。

この2つの結果から、テレワークの頻度が低いと、テレワークに対する抵抗感が強くなることがわかる。新しい働き方であるテレワークを定着させるためには、一定期間であっても集中的に頻度を上げて、慣れることができる環境を作ることが有効である。

「今後も頻繁にテレワークをしたいとは思わない」と回答した593人に対し、なぜ頻繁にテレワークをしたいと思わないのか質問したところ、全体としてもっとも多かった回答は「仕事に集中できなさそうだから」(28.5%)で、次に多かったのが「仕事とプライベートの切り替えが難しそうだから」(27.2%)だった。

職種別に見ると、「総務・人事」と「財務・経理」の仕事に携わっている回答者は、テレワークに対して「仕事に集中できなさそう」「仕事とプライベートの切り替えが難しそう」という考えを、より強く持っていた。

また、他の職種に比べて、オフィスで仕事をすることが習慣になっている回答者の割合が多く、心理的なハードルを下げる工夫が必要であることわかる。

(表4-1)職種別:テレワークに関する意向

(表4-2)職種別:テレワークに関する意向

(表4-3-1)職種別:頻繁にテレワークをしたいとは思わない理由

(表4-3-2)職種別:頻繁にテレワークをしたいとは思わない理由

事務系の仕事では、紙での書類処理や「ハンコ文化」の存在とデジタル化の遅れがテレワークを妨げている

4月~5月の緊急事態宣言中にテレワークをまったくしなかった、もしくは週1日未満だったと回答した960人に対し、「緊急事態宣言中に週1日以上テレワークができなかった(もしくはしなかった)理由は何ですか」と質問したところ、もっとも多かった理由は、「そもそもテレワークができない仕事をしている」(63.1%)だった。

一方、「勤務先の方針で認められなかったから」と答えたのは、ほとんどの職種で2割前後となった。

緊急事態宣言中にテレワークをすることを認めなかった企業はそれほど多くなく、日本の企業は、全体としてはテレワークを推進もしくは容認する傾向であると考えられる。

テレワークを推進もしくは容認する企業が多いにも関わらず、すべての職種で「そもそもテレワークができない仕事をしている」という回答が多かったことから、働く側が「自分の仕事はテレワークができない」という先入観を持っている可能性がある。

「財務・経理」の回答者は、4月~5月の緊急事態宣言中に週1日以上テレワークをできなかった(もしくはしなかった)理由として、「必要な設備・機器・システムが整っていなかったから」と、「捺印・押印が必要な書類や紙を用いた業務が多いから」を選んだ割合が、調査対象となったすべての職種の中でもっとも多くなった。

請求書をはじめとする紙の書類に対応しなければいけない業務が多いことや、機密情報の取り扱いが多い業務であることが背景にあると考えられる。「財務・経理」におけるテレワークを推進するためには、書類や捺印・押印の電子化をより一層進める必要があると言えるだろう。

(表5)職種別:緊急事態宣言中に週1日以上テレワークができなかった理由

*1:回答者に対しては、ひと月に1日以上テレワークをしていた場合は「はい」を選択、それ未満の場合やまったくテレワークをしていなかった場合は「いいえ」を選択するよう指示

*2:回答者に対し、どの都道府県にいつ緊急事態宣言が発出され、また解除されたかを時系列で表示したうえで質問

【調査概要】

調査対象調査実施時点で以下の全ての条件に当てはまる、日本全国の20歳~59歳の男女

正社員
一般社員(役職なし)
勤続年数1年以上
新型コロナウイルス感染症の拡大を理由とする自宅待機や一時休業をしていない

サンプル数:1,500人(従業員数1,000人未満の企業に勤務:750人、従業員数1,000人以上の企業に勤務:750人)

調査方法:インターネット調査

実施時期:2020年6月25日~29日

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。