小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

在宅勤務のために引っ越しを検討している人が住まい選びで重視するポイントTOP3

2020.11.11

コロナ禍が長期化し、在宅勤務が新しい生活様式の一部となりつつある昨今。自宅で効率的に仕事を進めるための住環境整備は、ビジネスパーソンにとっての重要なタスクの一つといっても過言ではない。

そんな、コロナ禍での「働き方と住環境」に関する意識調査がこのほど、株式会社エイチームフィナジーにより、20代から50代の男女640名を対象にして実施された。

在宅勤務経験者の6割近くが「今後も継続する予定」

今後の在宅勤務の予定を聞いたところ、「長期的に(3ヵ月以上)継続する予定」と回答した人が一番多く40.3%で、「短期的に(3ヵ月以内)継続する予定」が16.7%、逆に「継続しない」と回答した人は19.1%となった。今後も6割近くの人が在宅勤務をされる予定であることが明らかになった。

およそ4人に1人が在宅勤務のために引っ越しを検討!

「在宅勤務をしやすいように、引っ越しを検討しましたか?」という質問に対し、「すでに引っ越しをした」が4.1%、「具体的に検討した(もしくは検討している)」が9.1%、「今後、検討しようと思っている」が10.5%となっている。

全体(在宅勤務経験のある人)で見ると、およそ4人に1人が「引っ越しをした」、または、「引っ越しを検討している(いた)」、「今後、検討しようと思っている」と回答した。

在宅勤務の家選びで重視するのは「遮音性」「家の広さ」「個室」

家選びでより重視するようになった点について聞いたところ、「遮音性の高さ」が最も多く67.6%、 次に「家の広さ」(65.6%)、「個室(書斎など)が持てるかどうか」(64.9%)という回答になり、仕事に集中できる快適な住環境を選びたいと感じていることがわかった。

※設問3で「引っ越しをした」または、「引っ越しを検討している(いた)」、「今後、検討しようと思っている」と 答えた人を対象に質問

コロナ禍で72.9%の人が「日本の働き方が変化したと感じた」と回答!

在宅勤務を行った人のうち、「これからの日本の働き方が変化したと感じた」という人は72.9%と、7割超にのぼった。また、「定期的にリモートワークで働きたいと感じるようになった」(66.6%)、「オフィスへの出勤が面倒だと感じるようになった」 (63.6%)、「どんな場所にいても働けると感じるようになった」(62.7%)と、新型コロナの影響で「働き方」が変わったと感じている人が多くいることがわかる。

「ビーチでのんびり」「在宅で家族の時間を」 コロナ禍で感じた理想の働き方は?

在宅勤務を行った人に、「理想の働き方」を聞いたところ、代表的なものとしては以下のような声が寄せられた。

【場所にとらわれない働き方】

・いわゆるワーケーションで地方や観光地で普段働きながら週末は余暇をそのまま楽しむスタイル
・ビーチでのんびりとパソコンで仕事
・通勤地獄から解放され、必要なだけオフィスに出て、普段はリモートワークでゆっくり働く
・農業をしながら、リモートワークをしたい
・リタイアした後も必要に応じてリモートで仕事ができるようになりたい

【家族との時間を確保できる働き方】

・単身赴任中のため、自宅で家族と生活しながらリモートで働く
・奥さんにもテレワーク主体の会社で働いてもらい、二人で在宅勤務すれば自営業のような感覚で子供
との時間が増える
・在宅で家族の時間を持てる働き方をしたい。共有スペースと専用スペースが共に確保できる間取りが 好ましい

【生産性の高い働き方】

・その時々で生産性の上がる場所や環境を選びながら、変化を取り入れながら働く
・リモートでできる仕事は在宅で仕事を進め、出勤しないといけない仕事は出勤するというかたちで、 メリハリを付けて働きたい。とりあえず出勤するのではなく、必要なときに出勤するという働き方が理想です

【その他】

・いつも通り出社したい。在宅勤務だと、オンとオフの切り替えができないから

「場所にとらわれず、自由な働き方をしたい」「リモートで家族との時間を確保しながら働きたい」という声が多かった一方で、「在宅勤務だと、オンとオフの切り替えができない」という意見も。継続して リモートワークを行うという人が多い中で、生産性高く働き続けるには、業務に集中できる環境づくりが鍵になるだろう。

<調査概要>
調査方法:インターネットによる調査
調査対象:新型コロナウィルス感染症の影響で在宅勤務を行った全国にお住いの20代-50代の男女
調査期間:2020年9月11日~9月12日
調査エリア:全国
サンプル数:640名

出典元:株式会社エイチーム(Ateam Inc.)
https://www.a-tm.co.jp/

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。