小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新型コロナ以降、6割以上の人が「サブスクサービスの利用が増えた」

2020.11.10

サブスクリプションコマースで、最も利用が多いのは?

今、月額費用を支払うことで、自身で選んだ商品ではなく、サービス運営会社が選んだ商品を購入するタイプの「サブスクリプションコマース」の利用者が増えている。

ジャストシステムが17歳~69歳の男女1,100名を対象にした『Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2020年6月度)』では新型コロナウイルス流行後、6割以上が「サブスクコマース利用が増えた」という結果に。

EC利用経験者のうち、「サブスクリプションコマース」を利用したことがある人は14.4%だった。年代別で見てみると、10代(31.1%)、20代(35.3%)、30代(17.9%)、40代(3.7%)、50代(4.2%)、60代(4.5%)。

最も利用が多いのは「サプリメント」

サブスクリプションコマース利用経験者に、購入したことがある商品を挙げてもらったところ、「サプリメント」が最も多く(34.6%)、次いで「飲料」「化粧品」(ともに30.7%)、「洋服」「生活雑貨」(ともに29.9%)だった。

 ※複数回答あり   

利用するのは「普段買えないものを買える」から

サブスクリプションコマースを利用する理由として、「普段買えないものを買える」を挙げる人が最も多く(37.8%)、次いで「知らない商品を知ることができる」「安く済む」(ともに33.9%)、「選ぶ手間が省ける」(33.1%)。男性は「安く済む」(38.6%)が最も多く、女性は「知らない商品を知ることができる」「普段買えないものを買える」(ともに40.9%)だった。

 ※複数回答あり。                                       

4割以上が、「セレクトが合わない」と不満

サブスクリプションコマースの利用について、62.2%が「不満を感じたことがある」と答えた。不満の理由として「セレクトが合わない」(43.0%)が最も多く、「使わなくなった」(31.6%)、「高くつく」「自分で選びたい」(ともに29.1%)だった。

 ※複数回答あり。            

新型コロナウイルス流行後、6割以上が「サブスクリプションコマース利用が増えた」

新型コロナウイルス流行後、サブスクリプションコマースの利用が「増えた」人は21.3%、「やや増えた」人は43.3%で、合計64.6%が増えたと答えた。一方、「減った」人は4.7%、「やや減った」人は3.1%、「どちらともいえない」人は27.6%だった。

調査名:『Eコマース&アプリコマース月次定点調査 (2020年6月度)』
調査期間:2020年6月17日(水)~6月21日(木)
調査対象:17歳~69歳の男女1,100名

構成/ino.

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。