人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

救急医療の情報を一元化してリアルタイムで共有できるプラットフォームを提供する注目のスタートアップ「Smart119」

2020.11.29

Smart119

Smart119

[主な事業]千葉大学発。医療現場における救急患者の情報共有AI予測アルゴリズム、災害/救急医療支援個人向け救急情報提供アプリなどを企画・開発する。
[設立]2018年5月
[社員数]11人

 流動的で過酷な救急医療現場で求められる医師や救急隊との連携をシームレスに行なうためには、一元化した情報共有プラットフォームが必要だ。

「慌てて119番する患者からの情報を正確に解析し、正しい医療機関へ素早く搬送するための機能に力を入れました。音声認識により症状をデータ化し、救急の指令センター、救急隊、医師と情報を連携し、予測アルゴリズムが支援することで合理的な医療対応が可能となります。必要な機能は私の救命医としての臨床経験をもとに設計しました」(同社代表・中田千葉大学教授)

 コロナ禍により対面での初期対応が難しくなる中、個人が利用できる医療アプリを提供するなどひっ迫する医療現場への切り札として活躍が期待されている。

Smart119

Smart119

数珠つなぎ(アナログリレー)で伝達される救急医療の情報を一元化し、リアルタイムで共有。情報入力を迅速化するために音声認識を利用するなどUIにも工夫を凝らす。

取材・文/編集部

※掲載している情報は10月1日時点のものです。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。