人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

まだ間に合う!初心者のための「ふるさと納税」基礎知識

2020.11.14

年末に近づくにつれ、利用者が増えていくふるさと納税。まだやったことのない人にもわかりやすい基礎知識をご紹介。

ふるさと納税がやめられない理由は?

今年はどうなる?ふるさと納税4つのトレンドキーワード

2019年6月からスタートしたふるさと納税の新制度では、自治体が返礼品を送付する場合「調達額が3割以下の地場産品に限る」ことが義務付けられた。 この規制により、それまで人気だった「還元率40%以上の換金性が高いギフト券」「海外メーカー製のドライヤー」のような返礼品が姿を消した。

【参考】https://dime.jp/genre/896066/

自治体、ポータルサイト、特化サイト、ひと目でわかるふるさと納税業界のサービスマップ

カリーグズが公開している『ふるさと納税業界サービスマップ2019』を見ると、九州地方(7団体)と北海道地方(3団体)に人気の自治体が多いことがわかる。 今回はサービスマップを参考に、ポータルサイト、便利ツールの傾向も紹介しよう。

【参考】https://dime.jp/genre/862978/

返礼率が下がっても100%得する!だから「ふるさと納税」はやめられない

年末になると、あちらこちらで見かける&耳にする「ふるさと納税」というキーワード。それでもまだ、「どういうものなの?」という初心者に向けて、キホンのキから紹介しよう。ふるさと納税のプロである金森重樹氏にアドバイスをもらった。

【参考】https://dime.jp/genre/827102/

ふるさと納税はもう済んだ?見落としがちなポイントはココ!

年末のミッションといえば「年賀状」「大掃除」そして「ふるさと納税」! まだ申し込みが済んでおらず、焦って気が気でないという人こそ、ちょっと冷静になり確認しておきたいあれこれを、ふるさと納税の第一人者であり実業家の金森重樹氏に教えてもらった。

【参考】https://dime.jp/genre/827109/

ふるさと納税の返礼品が同じでも、寄付金額がサイトによって違うのはなぜ?

年末の駆け込み時期に利用者が増える「ふるさと納税」。そのふるさと納税ができるサイトは複数あるが、サイトごとに寄付金額が変わることに気づいたことはないだろうか。そんな素朴な疑問を解消しつつ、ふるさと納税のお得なワザもチェックしておこう。

【参考】https://dime.jp/genre/824384/

文/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。