小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新型コロナの影響で小規模化が進む葬儀、家族葬にかかる費用はどれくらい?

2020.11.12

家族葬の費用は80万円~120万円が最多

昨今の新型コロナウイルス感染拡大防止を想定した「新しい生活様式」の実践もはじまっており、小規模で行う葬儀の需要は今後も増えていくと考えられている。

そこでユニクエストは小規模葬儀の家族葬と、人との接触が軽減する点で注目を集めているエンディング関連サービスについての調査レポートを発表した。

家族葬の費用について

家族葬を行う費用は80万円~120万円が最多で、約24%となった(Q2-2)。エリア別にみても、大きな傾向は変わらなかったが、東日本と比べて西日本では10万円~30万円未満の割合が低い結果となった。

※お布施などの宗教者へのお礼料を除く
※グラフ内では「わからない」回答者を省略

小規模葬儀への抵抗がない人は84%

小規模葬儀を選ぶ理由として、費用よりも物理的な人数や気持ちを優先する傾向があった(Q2-3)。新型コロナウイルス感染拡大対策という回答は4.7%となり、安全性を考慮して小規模葬儀を選んだ層もいた。また、小規模で葬儀を行うことに対して、84%の人が抵抗はないという結果になった(Q2-4)。

 

一方で、自分自身のお葬式に呼んで欲しい範囲については、「家族・親族のみ」を希望する人が49.3%と約半数を占めた。親しい友人までを希望する人も入れると約8割を占める結果となり(Q2-5)、自身の葬儀に関しても、小規模葬儀を望んでいる傾向があることがわかった。

新たなエンディング関連サービスを利用した、もしくは興味がある人は約3割にとどまる

葬儀の小規模化と同時に、葬儀や法要のオンライン中継などといった新しいサービスが始まっている。特に最近では新型コロナウイルス感染拡大を受けて、新たなサービスが続々と開始している。しかし、どのサービスも「利用した」「利用したことはないが、興味がある」は約3割にとどまり、「利用したことはなく、興味もない」との回答が約7割を占めた。

アンケート概要

調査実施期間
2020年6月30日(火)~2020年7月4日(土)
事前査条件 3年以内に喪主を経験した、または参列したことがある全国の30歳以上の男女
調査条件 3年以内に喪主経験があり、30名未満で葬儀(火葬のみを除く)を実施した全国の30歳以上の男女
回答数 事前調査 7,359名 本調査 657名
調査方法 WEB上でアンケートを実施

構成/ino.

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。