人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

中国はアメリカからAI開発世界トップの座を奪うことができるか?

2020.11.09

経済・貿易などの分野で深まる米中対立。このところ、米側のハイテク分野での対中強硬姿勢が目立っているが、これは中国の技術開発の早さに対する米側の警戒心の表れだと考えられる。そこで本稿では、米中のAI開発を巡る争いについて論じていく。

2030年までに『AI』開発の世界トップを目指す中国

中国では近年、国家戦略として『AI』開発にも力が注がれている。2017年に中国国務院が発表した「次世代『AI』発展計画」では、2020年までに世界水準に追いつき、2025年までに一部の『AI』の領域で、さらに2030年にはすべての『AI』の領域で世界のトップに立つ、という目標が示されている。

【今後の展開】中国の規制緩和がポイント

2020年現在、基礎研究においては米国と中国の差はほとんどないと言われている。個⼈データ利用の制限の少なさが中国の『AI』研究の有利な点との指摘もあり、顔認証の『AI』システム開発などの面では中国の開発が米国に先⾏しているというのが一般的な見方だ。

一方で、デジタル化、クラウド化、センサー化については、中国企業は米国に大きな後れをとっていると言われている。また、中国では安全保障上の理由で規制がかけられる分野もあり、今後の競争上の足かせになるリスクがある。今後、中国が規制緩和をどこまで許容するかが、競争上のポイントになると見られる。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。