人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

三井総領家の邸宅が存在していた京都・二条城前にラグジュアリーホテル「HOTEL THE MITSUI KYOTO」が開業

2020.11.05

梶井宮門(ホテルエントランス)

「HOTEL THE MITSUI KYOTO (ホテル ザ ミツイ キョウト) 」が日本の歴史を彩る舞台となってきた世界遺産「元離宮二条城」至近の三井総領家ゆかりの地で、11月3日(火・祝)に開業した。

古来より、日本に暮らす人々は四季とともに移ろう自然に無上の美を感じ、その美に触れた感動を人と分かち合うという独自の美意識を育んできた。

その土地の自然や風土、歴史と調和し、お客様のよろこびを自分たちのよろこびと感じる。

それがHOTEL THE MITSUI KYOTOの理想とするホテルのあり方。

日本の伝統的な美意識にも通じるその想いを、「日本の美しさと -EMBRACING JAPAN’S BEAUTY-」というブランドコンセプトで表現したという。

三井総領家の記憶と京都の伝統を継承し新生したホテル

ホテルの建つこの場所には、かつて250年以上に渡り、三井総領家の邸宅が存在していた。三井家繁栄の舞台となったこの地で、「土地の記憶」を次世代に残しながら、ラグジュアリーホテルという形で新たに現代に蘇らせたものがHOTEL THE MITSUI KYOTO。

三井家の時代より受け継がれてきた梶井宮門(1703年創建)が迎え、中庭を中心としたホテル内では景石・灯篭などの多くの遺構を見ることができる。

総檜造の「四季の間」も三井家の邸宅の一部を現代に再現したもの。土地に刻まれた記憶を踏襲しながら、日本や京都の文化・伝統工藝、地域とのつながりを大切にした様々なおもてなしを提供する。

自然豊かな京都で培われた、五感を満たす料理の美学

平安京遷都から1200年あまり。豊かな自然に囲まれた京都では、五感を満たす料理の美学が培われてきた。

選りすぐりの食材と、その滋味を引き出す料理人の卓抜した技術、そして心からのおもてなしで、記憶に残る京都の味をお届け。

ガストロノミー鉄板「都季 −TOKI−」では、名門・Ritz Parisにてメインダイニング「L’Espadon」(エスパドン)の統括副料理長を務めた浅野哲也氏が考案した「ガストロノミー鉄板」を提供。

フランス料理と日本料理、双方の食材と調理法を融合することにより、素材の秘める力を存分に引き出す新境地へと昇華させたガストロノミー鉄板で、これまでにない新しい食体験を楽しむことができる。

イタリア料理「FORNI」(フォルニ)では、京ことばで「竃(かまど)」を指す「おくどさん」からインスパイアされた薪窯で焼き上げるピッツァや本格グリルが楽しめる。

ローマ風ピッツァ、旬の食材を焼き上げたグリル料理、国産フレッシュパスタやイタリア仕込みのリゾットなど、京都とイタリアが融合したプリフィックスコースを堪能。窓外に広がる中庭の美しい眺めや、清水焼を用いたアート作品なども見逃せない。

春は桜、夏は青葉、秋は紅葉、冬は雪景色と、季節と共に表情を変える中庭の景色を臨む「THE GARDEN BAR」では、京都滞在を彩るにふさわしい食事やドリンクを提供。

ティータイムに提供するアフタヌーンティーでは、銅や真鍮の菓子缶や茶筒(開化堂)、京金網を紡いだ皿からなるハイティーセット(金網つじ)、木製ティートレイ(中川木工芸)や青磁の茶器や菓子皿(茶陶朝日焼)といった京都の伝統工藝品に触れながら、ゆったりとしたひと時を楽しむことができる。

かつてこの地に存在した三井総領家の邸宅・油小路邸の中心には、奥書院・通称「四季之間」と呼ばれる庭園の四季の移ろいを感じられる広間があった。

同ホテルの「四季の間」は、その奥書院を継承し、総檜造で新たに蘇らせたもの。「四季の間」は、祝い事やおもてなしの場としてはもちろん、レストランの別室としても利用可能。

畳には炉が切られ、格調高き一間奥行きの床(とこ)は、千利休を祖とする三千家の一つである武者小路千家家元後嗣・千宗屋(せん・そうおく)氏監修による京の歳時記や三井家に因んだ古美術による月ごとの室礼(しつらい)で飾られる。

左:都季 −TOKI− 国産黒毛和牛フィレ肉ポワレ  右:FORNI 薪窯で焼き上げたローマ風ピッツァ

左:THE GARDEN BAR アフタヌーンティー  右:四季の間

モダンラジュアリーを体感する161室

スイートルーム22室を含む11タイプ・161室の客室は平均50㎡を超え、二条城・中庭・京都の町など多彩な眺望を楽しめる。

いずれの客室も、ホテルの考える「伝統への敬意」と「現代的なラグジュアリー」を表す心地の良いゆったりとした空間構成となっている。

左:ニジョウスイート(112㎡)リビングルーム  右:Onsenスイート(101-111㎡)

サーマルスプリングSPA:水音と光が五感に働きかける

サーマルスプリング(水着を着用して入る天然温泉を用いたプール)は、敷地内の地下約1,000mから湧き上がる天然温泉水を活用したもの。

京都の地下は豊富な水を溜め込む水甕(みずがめ)となっており、この温泉も京都の地形的特徴の恩恵と言えるもの。静寂に包まれた空間、その空間でかすかに響く水の音、心地よい光が京都の旅を彩る。

サーマルスプリングSPAで提供する「SPAトリートメント」では、京都産の柚子、檜、黒文字の精油をブレンドしたホテルオリジナルのマッサージオイルを使用したシグネチャーメニューや、日本古来の按摩技術をフェイシャルトリートメントに取り入れた仏・ビアリッツ生まれのオーガニック・ドクターズコスメ「ALAENA(アラエナ)」などを使用したメニューを用意。

京町家風に作り込まれた坪庭や、二条城の石垣を想起させる石積みを見ながら、リラックスした時間を過ごすことができる。

左:サーマルスプリング  右:トリートメントルーム

概要

開業記念宿泊プラン

開業に合わせ、期間限定の開業記念宿泊プランを提供。
宿泊対象期間:2020年11月3日から2021年3月31日まで(予定)
宿泊料金:1泊1室 98,000円(サービス料込・税別)~
宿泊特典:朝食無料(2名分)、1滞在につきホテルクレジット10,000円分付与、 ルームアップグレード(空室状況による)
※プレジデンシャルスイート、Onsenスイート、ニジョウスイートは当プランの対象外
※2021年2月1日チェックアウト分までGoToトラベルキャンペーンと併用可(国の動向により変更となる可能性あり)

・宿泊予約方法
宿泊予約専用番号 :075-468-3155(受付時間:平日 9:00〜19:00 / 土・日・祝 9:00〜18:00)
宿泊予約専用メールアドレス :reservations.kyoto@hotelthemitsui.com
オフィシャルサイト(オンライン予約) :https://www.hotelthemitsui.com/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。