小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

〝ファ~リカ~ケ〟知ってる?トレーダージョーズでブームになっている「FURIKAKE」の正体

2020.11.08

アメリカので人気の大手スーパー、トレーダージョーズ(トレジョ)に突如として現れたFURIKAKE。

色とりどのお洒落なスパイス棚の中に、ぽっちゃりとした地味な装いのFURIKAKEを見つけた。 他のスパイスとは全く違う独特性をもったFURIKAKEは、格別に浮いた存在感で買い物客
の目を引き付けている。アジア系スーパーではよく見かけるFURIKAKEではあるけれど、ローカルでは、まだまだ、マイナーな存在。まさか、こんなところで、FURIKAKEに会えるとは思いも寄らず。ここでどう受け入れられているのかも興味深い。

トレジョ・デビューを果たしたFURIKAKEを次々と買い物かごに入れていく買い物客らは、「ファ〜リカ〜ケ」と口にする。

ここでは、FURIKAKEをファ~リカ~ケと呼んでいるのだ。

ファ~リカ~ケは、FURI→スプリンクル(sparinkle→ふる)。

KAKE→ポアオーバー(pour over→かける)でFURI・KAKEである。

ファ~リカ~ケは、スパイスである。ファ~リカ~ケは、UMAMIである。

ファ~リカ~ケは、カルシムサプリメントである。初めて耳にするFURIKAKEの意見に耳を傾けていると、”ホワット・イズ・リアリー・ファ~リカ~ケ?と質問がこちらに振られる。

”ファ~リカ~ケ”とは何なのか?

FUNIKAKEが登場したのは、100年ほどまえ。

大正の初期、薬剤師であった熊本の吉丸末吉という人物が人々のカルシウム不足を補うためにFURIKAKEを作ったとされ、元々は、栄養保存食品であったそうだ。粉末にした小魚を海苔やその他の食材と混ぜ合わせて調味したFURIKAKEをご飯の友として、瓶詰めにして売り出したという。それが今のFURIKAKEの原点らしい、、、。

参照資料:ふりかけの歴史

小魚を粉末にするなどして、カルシウム不足を補うための食材ファ~リカ~ケは、こちらでは、肉魚、野菜料理のお役立ちスパイスとして大活躍。じんわりした味わいのあるUMAMI。ファ~リカ~ケがカルシウムサプリメントといわれているのにも納得してしまった。

さて、では、どうやって食べるのか?

やはり、ホッカホッカのご飯にフリフリとかけてホクホクと頂く。おにぎりにして食べるが個人的には好み。それがファ~リカ~ケが一番、輝くところではないか?と勝手に思っていた。しかし、ここアメリカでは、ファ~リカ~ケが、それぞれの土地の食文化に歩み寄り、新たな形で美味しさのハーモニーを作り出しているのである。

ファ~リカ~ケの使い方は、十人十色。パスタよし。スパムむすびよし。サラダよし。ボキ丼もよし。フレンチフライと混ぜ合わせてもイケるし、魚やお肉にコーティングして、ベイキングやフライにしても美味しい。また、オートミールファリカ~ケは、ニューノーマルのおウチご飯として人気だ。お料理レシピに登場している世界のファ~リカ~ケのレシピの数々は、実に豊富にある。ところ変われば、ファ~リカ~ケも変わるとそのバリエーションの多さに感動してしまう。

そのファ~リカ~ケだが、ハワイでは、お菓子の友ともされているらしい。まず、ローカルなハワイアン・ファ~リカ~ケお菓子の一つにハリケーンポップコーンという名のお菓子がある。FURIKAKEをまぶしたバターポップコーンとあられをミックスしたお菓子だという。ハリケーンポップコーンを作るには、電子レンジ用のポップコーンをレンジでチンッして、バター、または、凝縮バター、ギーを絡めて、おかきとファ~リカ~ケを混ぜ合わすだけ。手軽で簡単なロコの愛するハワイ代表のお菓子として人気がある。

ちなみに、カハラモールにあるカルセルキャンディーランドのハリケーンポップコーンは、最強に美味しいといわれているので、ハワイに行った時は、是非、食べてみる価値はあるかもしれない。

そして、もう一つは、ヴェリー・ハワイアン(Very Hawaiian)といわれているチェックス・ミックス菓子。こちらは、スイート&ソルティー&クランチー(甘く、ちょっと塩けがあり+カリッと歯応え)がポイントなのだそうだ。本土では、聞いたことのない名のお菓子である。まず、アメリカにあるチェックスというシリアルにプリッツェル、コーンチップス、アーモンド(または、他のナッツ類)、ドライフルーツなどを混ぜ合わせる。それに、蜂蜜、または、メープルシロップ、バター、醤油などで混ぜ合わせ、ファ~リカ~ケをフリフリして、オーブンでベイキングするのだそうである。

それぞれのチェックス・ミックスには、それぞれの家庭の味があるといい、ホリデーシーズンにはもってこいのロコ菓子であるという。今や、FURIKAKEは、世界のファリカ~ケとなり、食卓の友としても浸透しつつある。グローバルに飛躍するファ~リカ~ケ~の美味しさの七変化が楽しみである。

今や、FURIKAKEはグローバル。地味だけどファビラスなFURIKAKE

文/白井朝美
米フォーチュン500企業の最も働きやすい企業で勤務したのち、米最も働きたい企業のトップにランクインする企業に籍を置く。ライター、ライフスタイルリサーチャー、ブランドアンバサダーとしても活躍。ランニング、ヨガ、ダンスとネコと自由を謳歌する自由人。https://morningbeauty917.wixsite.com/mysite

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。