人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ティキカクテルからクリスマスケーキまで冬のスペシャルメニューが充実したアンダーズ東京

2020.11.07

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

ミクソロジストが考案したフェスティブカクテルや体が温まるホットカクテルも

アンダーズ 東京」では、クリスマスや新年に向けた、華やかなフェスティブシーズンにふさわしいスペシャルメニューを展開。「ルーフトップ バー」では、アーリーウィンター&フェスティブシーズンに合わせた、スペシャルカクテルを用意している。

○フェスティブ ティキカクテル(12月1日~12月31日)

今年のフェスティブシーズンは、料理のように材料を組み合わせて作るルーフトップ バーのミクソロジスト(料理のように様々な素材を組み合わせてカクテルを作る人)が考案したフェスティブ ティキカクテルを提供。

クリスマスなどの祭事は、神や自然に敬意を払い、感謝することが本来の趣旨であることから、ハワイやポリネシアで古代から神として祀られているTIKI(ティキ)をモチーフとするグラスを使用したティキカクテルをフェスティブイメージにアレンジ。2つの異文化の融合体験を提供する。価格は各2000円(サービス料・消費税別 以下同)。

「バナナエッグノッグティキ」

牛乳や卵を使ったカスタード風の飲み物をベースに、ラム酒やブランデーを加えた「エッグノッグ」はクリスマスシーズンの定番。エッグノッグに南国風のアレンジを加えたアンダーズスタイルが「バナナエッグノッグティキ」だ。

ラム酒「バカルディ8」、エッグリキュール「アドヴォカート」、自家製ジャスミンシロップ、 パイナップルジュース、ミルク、バナナと、中華料理に使うミックススパイスの五香紛(陳皮、シナモン、フェンネル、クローブ、花椒)をアクセントに使っている。

「スパイスワインティキ」

ラム酒を使い、クリスマスシーズンの伝統的なグリューワインをティキ風にアレンジ。クローブとシナモンをベースとし、ラム酒(ハバナクラブ3)、オレンジジュース、クランベリージュースを加えた、この季節ならではのカクテル。ティキカクテル2種は、カウンター席に座った場合、好みのティキグラスを選ぶことも可能。

○ホットクラッシック(11月1日~12月31日)

アーリーウィンターシーズンでは、身体も心も温まるホットカクテル「ホットクラッシック」を提供。ルーフトップ バーのカクテルのコンセプトであるティーベースを取り入れ、人気の高いジン&トニックやモヒートなどの定番カクテルをホットバージョンで届ける。価格は各2000円。

「ホットスパイシージン&トニック」

シップスミス、生胡椒、グレープフルーツ、セージハーブティー、インディアントニック、ローズマリーで作るカクテル。さっぱりとしたレモン風味のハーブティーに、スパイシーでビターな味わいが加わった、寒い季節にはぴったりのホットカクテル。

その他は「ホットベリーモヒート」(バニララム、ブラウンシュガー、フレッシュミント、スーパーベリーティー、ライム、ストロベリー)、「ホットチャイアイリッシュコーヒー」(ジェムソンブラックバレルウイスキー、ブラウンシュガー、コーヒー、チャイ&マンダリンクリームエスプーマ)、「ホットブラッディ・マリー」(旨味インフューズハクウォッカ、トマト、柚、玉露、唐辛子、ワサビ)のカクテルを提供。

アンダーズ 東京 クリスマスケーキ 2020

ペストリー ショップでは、「アンダーズ 東京 クリスマスケーキ 2020」としてシェフのアイデアが詰まった4種のクリスマスケーキやスイーツを提供する。クリスマスケーキ予約期間は12月20日まで、販売期間は2020年12月19日~12月25日。※価格は税別。

○苺のショートケーキ(12cm 4100円 / 15cm 5300円)

カップルや夫婦は12㎝、家族は15㎝がおすすめ。生クリームの甘みと苺のほのかな酸味は絶妙なバランスで、苺は実がしっかりとして甘みと酸味のバランスが良い、旬の「女峰」を使用。スポンジケーキは昨年同様、国産小麦を使用してふんわりとやわらかい口当たりに仕上げている。ドライ苺もあしらい異なる食感も楽しめる。

○ブッシュドノエル(高さ7cm長さ26cm 4500円)

ペストリー担当の田中麗人シェフイチオシのケーキ。開業以来、アンダーズ 東京では毎年異なるブッシュドノエルを用意しているが、今年はアンダーズカラーの鮮やかなオレンジが目を引く華やかな雰囲気に。

ケーキ全体を覆う、コクのあるしっかりとした味わいのバニラムースには、香り豊かなマダガスカル産バニラを使用し、その中になめらかで苦味の効いたキャラメルクリーム、みずみずしいポワール(洋梨)ジュレが入っている。ほろ苦いキャラメルクリームとさわやかなポワールジュレの相性の良さを堪能できる。シャンパンや白ワインとにもとても合う。

○柚子チョコレートムース(12cm 4000円)

アンダーズ 東京の冬のテーマである「柚子」を素材に取り入れ、ホワイトクリスマスのスノードームをイメージ。ベースとなるチョコレートムースには、ヴァローナの「インスピレーション・ユズ」を使用し、チョコレートムースでも重たくならずにさっぱりとした口当たりに仕上げた。

ムースの中には、なめらかな食感のジャスミンティーのブリュレ、果肉の食感を残したパイナップルなどの南国フルーツのジュレ、コンポートエキゾチックには生姜を煮込んでいるので、生姜のピリッとしたアクセントも。柚子の爽やかな酸味と絶妙な相性のジャスミンティーを使用したなめらかなブリュレと、果肉の食感が残るパイナップルやマンゴーのジュレ、ザクザクとした食感のフィアンティーヌとそれぞれの食感も楽しめる。

○苺のタルト(12cm 4200円)

「女峰」をふんだんに使った苺好きにはたまらないケーキ。この季節ならではの特別なタルトを楽しんでもらいたいと、クリスマスケーキとして初めてタルトが登場した。ショートケーキ同様、甘みと酸味のバランスが楽しめる。サクサクとしたタルト生地にピスタチオクリーム、その上にカスタードクリームに生クリームを合わせたディプロマットクリームを絞り、苺をふんだんにあしらった。苺そのもののフレッシュさを活かした食べ応えのある一品。

すべてのケーキを楽しみたいという人に向けて、4種類のクリスマスケーキのミニ版が各2個ずつ入った「アソートケーキ」(3000円)も用意。ギフトとしても喜ばれそう。

紹介したカクテルやクリスマスケーキ以外にも、アンダーズ 東京のクリスマスの名物ともいえる、毎年人気のグランピングスタイルのイグルーが、今年もランチとディナーに登場。「ザ タヴァン グリル&ラウンジ」では、七面鳥とフォアグラのバロンティーヌをアンダーズスタイルにモダンにアレンジしたメニューを、「BeBu(ビブ)」では、クリスマスやフェスティブシーズンにグループや家族で楽しめる伝統料理のローストチキンなど、クリスマスや新年に向けてのスペシャルメニューを取り揃えている。

【AJの読み】それぞれのスタイルに合わせたクリスマスが楽しめる

コロナウイルスの影響から外出もイベントも自粛続きで、閉塞された1年だった2020年。 せめてクリスマスや新年ぐらいは、感染症対策を万全にして、非日常の空間で楽しみたい。また、おうちでクリスマス派は早めにクリスマスケーキの予約をして、アンダーズスタイルを家で楽しもう。

クリスマスケーキで個人的なイチオシは「柚子チョコレートムース」。さっぱりとした甘味とほんのりとした酸味、さらに生姜の風味が思った以上に効いており、甘いものが苦手な人でも、シャンパン、スパークリングワインや辛口の白ワインと合わせて楽しめそう。

文/阿部純子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。