人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍のハロウィン、みんなはどう過ごす?

2020.10.29

間近に迫ったハロウィン。コロナ禍の今年は、全国各地の繁華街で自粛の呼びかけがされるなど例年と異なる様相を呈しそうだが、実際のところ、10月31日をどのように過ごそうと考えている人が多いのだろうか?

そんな「ハロウィンの過ごし方」に関する意識調査がこのほど、エン婚活エージェント株式会社により、20代・30代の男女1,116人(男性559人、女性557人)を対象にして実施された。

去年のハロウィンはどうエンジョイした?

まず、「去年(2019年)のハロウィンはどのようにして楽しみましたか?」と質問したところ、「特に何もしていなかった(75.0%)」という回答が最も多かった。

渋谷の街に仮装した人々が溢れかえるなど、年々イベントとしての盛り上がりが過熱しているハロウィンだが、全国的に見ると、実際に仮装して街に繰り出している方はまだ少数派のようだ。

続いて、「去年(2019年)のハロウィンはどのようにして楽しみましたか?」と質問したところ、「家族で仮装!ホームパーティー!(28.2%)」が最多に。

以降、「大勢でワイワイハロウィンパーティー!(23.4%)」「恋人・パートナーと二人でハロウィンディナー!(21.0%)」「“Trick or Treat”仮装して街にGO!(15.7%)」「恋人・パートナーと二人で仮装パーティー!(11.7%)」となった。

去年(2019年)のハロウィンの印象的な思い出として、以下のようなエピソードが寄せられた。

・ぬいぐるみに着せる手作り衣装がどれも凝っていて凄かった(20代/女性/東京都)
・ハロウィンをテーマに装飾されている所へ出かけて、貸し出しのコスチュームを着用し写真撮影を楽しんだ(20代/女性/千葉県)
・渋谷が大混雑(20代/男性/埼玉県)
・友達や家族にお菓子や雑貨を貰ったりあげたりしました(30代/女性/茨城県)
・サプライズとは無縁の恋人がハロウィンの日に職場に迎えに来て、ハロウィンの飾りつけのしてあるレストランを予約してくれたことに驚いて、とっても印象に残っています(30代/女性/埼玉県)
・子どもの仮装を考えるのに大変でした(30代/男性/沖縄県)

今年のハロウィンってどう過ごす?

では、Withコロナ時代となった今年(2020年)のハロウィンは、どのように楽しむ人が多いのだろうか?

調査の結果、「未定(45.2%)」という回答が最も多く、以降、「自粛(26.3%)」「家族でホームパーティー(6.4%)」「少人数でハロウィンパーティーをする(3.8%)」「マスク着用で街へ繰り出す(3.5%)」となった。

新型コロナウイルスが猛威を振るっている2020年のハロウィンは、予定が未定の人や自粛する人が多いようだ。

具体的には、以下のような過ごし方をしたいという意見が寄せられた。

・かぼちゃを使った食事やお菓子を作りたい(20代/女性/福島県)
・友達数人と持ち寄り仮装パーティー(20代/女性/東京都)
・子どもができたので、ハロウィン衣装を着せたい(20代/男性/栃木県)
・イベントが中止でなければ、子どもたちを仮装させて参加したい(30代/女性/群馬県)
・ハロウィンディナーが無理なので、今年は恋人と私の家族とで家の中でのハロウィンパーティーにしようかと思っています(30代/女性/埼玉県)
・まだ決まっていませんが、お菓子をたくさん食べます(30代/男性/千葉県)

今年のハロウィン、約7割は「新型コロナウイルスが不安」と回答

「今年(2020年)のハロウィンは新型コロナウイルスが不安ですか?」と質問したところ、「とても不安(33.0%)」「不安(39.4%)」と、実に7割以上が、今年(2020年)のハロウィンは「新型コロナウイルスが不安」と回答した。

現在も新規感染者が発生しており、終息の兆しが見えていない新型コロナウイルスの感染拡大は、多くの人にとってハロウィンを楽しむ際のネックになっているようだ。

そんな新型コロナウイルスへの不安払拭のために、どのような対策に取り組んでいるのだろうか?

「不安を払拭するための対策方法を教えてください」と質問したところ、以下のような回答が寄せられた。

・密を作らない。ハロウィンだからといってむやみに出歩かない(20代/女性/愛知県)
・マスクありきの仮装をしてみる(20代/男性/長崎県)
・他の参加者と距離を取る。マスクをする。こまめに消毒をする。飲食は人のいないところでさっと済ませる(30代/女性/群馬県)
・大きな仮装イベントは自粛が望ましい。オンライン仮装にスイッチ(30代/女性/愛知県)
・イベントは行かず、家族、友達など少人数で楽しむ(30代/男性/岐阜県)

不特定多数の人が集まるような場所を避け、少人数で楽しんだり、オンラインでの仮装パーティーに切り替えたりといった対策を考えている人が多いようだ。

“オンラインハロウィン”だって面白い!?ハロウィンの“ニューノーマル”とは?

「これからのハロウィンの“ニューノーマル”として定着すると思うものを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、「街に繰り出さない自粛ハロウィン(35.2%)」という回答が最も多く、次いで「家族や恋人と過ごすまったりハロウィン(34.6%)」「オンライン仮装パーティー(29.8%)」「マスク付きの仮装・コスプレ(23.4%)」「少人数での仮装パーティー(15.8%)」と続いた。

これまでのように、仮装して繁華街に繰り出して大勢で盛り上がるスタイルから、小規模な単位で楽しむスタイルや、オンラインでのパーティーへと変わっていくと予想している人が多いようだ。

また、ニューノーマル時代のハロウィンの未来予想としては、以下のような意見が寄せられた。

・街に繰り出すのは楽しそうでもゴミ問題やマナーがやはり気になるので…少人数か、どこか場所を借りてパーティーするのが当たり前になればいいなと思います。SNSも今たくさん利用されてますし、それを利用してもいいんじゃないかなと思います。前までなかったんだし(20代/女性/東京都)
・大勢で集まるのは楽しくはあるがコロナを広めて欲しくないという願いを込めて(20代/女性/宮城県)
・コロナ禍で従来のように開放的に楽しむのは難しいと思うので(30代/女性/東京都)
・いろいろな形があればいろいろなタイプの人が参加できると思うからです(30代/女性/神奈川県)
・近年のハロウィンに関する騒動やコロナ対策を見ていると身内だけでやるほうが安心だから(30代/男性/岐阜県)

感染リスクの低減と楽しさを両立できるハロウィンのスタイルが、これからの“ニューノーマル”として定着して行くのかもしれない。

<調査概要:ハロウィンを120%エンジョイする方法調査(2020年最新版)>
【調査期間】2020年9月16日(水)~2020年9月17日(木)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,116人(男性559人、女性557人)
【調査対象】20代・30代の男女
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

出典元:エン婚活エージェント株式会社
https://en-konkatsu.com/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。