人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「iPhone 12」のデザイン、どこがどう変わった?購入前にチェックしたい進化のポイント

2020.10.31

iPhone 12/12 miniの背面カメラはデュアル、iPhone 12 Pro/Pro Maxはトリプルと、旧型となるiPhone 11シリーズの構成と同じため、「iPhone 12はあまり変わっていないなあ……」と思っているあなた! ディテールの見直しによりiPhone 12シリーズのデザインは大きく進化しているのだ!! その3つの見分け方をご紹介したい。

iPhone 11 Pro/Pro MaxとiPhone 12 Pro/Pro Maxのデザインを比較

それでは最初に、Pro/Pro Maxを比較して進化の様子を見ていこう。

【参考】iPhone 12 Proのデザイン - Apple

iPhone 12 Pro/Pro Maxの見分け方:その1「磨き上げたフラットでエッジなフォルム」

iPhone 12 Pro/Pro Maxで特徴的なのは、エッジの効いたデザインだろう。医療に使われているものと同グレードの美しいステンレススチール製のフレームに背面ガラスを組み合わせ、前面カバーに強靭なCeramic Shieldを採用している。

一方、iPhone 11 Pro/Pro Maxは、背面はマットガラス製で、側面はステンレススチール製フレームだが、操作ボタンを含めて丸みを帯びた、優雅なデザインになっている。

iPhone 12 Pro/Pro Maxの見分け方:その2「メタリックなカラー」

側面がフラットなデザインになったことで、磨き上げたステンレススチールの光沢が強調された、iPhone 12 Pro/Pro Max。

カラーはパシフィックブルー、ゴールド、シルバー、グラファイトの4色のステンレススチールのメタリックな仕上げから選べる。

iPhone 11 Pro/Pro Maxはゴールド、ミッドナイトグリーン、シルバー、スペースグレイの4色展開だった。

iPhone 12 Pro/Pro Maxの見分け方:その3「ディスプレイの大きさとインターフェイス」

iPhone 12 Pro/Pro Maxは画面周囲のベゼルの幅を削り、ディスプレイサイズを拡大した。

iPhone 12 Proは6.1インチSuper Retina XDRディスプレイを、iPhone 12 Pro Maxは6.7インチSuper Retina XDRディスプレイを搭載する。

iPhone 12 Pro Maxの6.7インチという画面サイズは、iPhone史上最大のもの。

ソフトウエアのデザインも、新しいiOS14で大きく進化している。その代表がウィジェットをホーム画面に設置できることだろう。もちろん、iPhone 11 Pro/Pro Maxでもインストール可能だが、ウィジェット機能を生かすには大画面高精細の有機ELディスプレイにアドバンテージがある。

iPhone 11 Pro/Pro Maxの画面サイズも確認しよう。iPhone 11 Proは5.8インチSuper Retina XDRディスプレイを、iPhone 11 Pro Maxは6.5インチSuper Retina XDRディスプレイを搭載していた。

つまり、iPhone 12 Proは0.3インチ、iPhone 12 Pro Maxは0.2インチの画面サイズ拡大を果たしたというわけだ。

iPhone 11とiPhone 12/12 miniのデザインを比較

それでは続いて、iPhone 11とiPhone 12/12 miniで進化の様子を比較してみよう。

【参考】iPhone 12とiPhone 12 mini - Apple(日本)

iPhone 12/12 miniの見分け方:その1「エッジの効いたデザイン」

iPhone 12/12 miniもiPhone 12 Pro/Pro Max同様、フラットでエッジの効いたデザインを採用する。しかし、アルミボディのためかややマットな印象。iPhone Pro/Pro Maxに比べて軽快さを感じさせる。

これに対してiPhone 11は、ラウンドしたフォルム。"親しみやすいiPhone"となっていた。

iPhone 12/12 miniの見分け方:その2「鮮やかさと落ち着きを感じさせるカラー」

2020年より4機種展開へ拡大されたiPhone。そのメインストリームとなるのがiPhone 12/12 miniだけに、落ち着いたカラーとともに若々しく心躍るカラーも採用する。

新色のブルー、グリーン、(PRODUCT)RED、ホワイト、ブラックの5色展開で"選ぶ楽しさ"にあふれている。

一方のiPhone 11は6色展開。

パープル、グリーン、イエロー、ホワイト、ブラック、 (PRODUCT)REDとポップでワクワクするカラーリングが豊富で、好評を得た。

iPhone 12/12 miniの見分け方:その3「iPhone 12 miniの存在」

iPhone 12シリーズで最大の変化、注目機種といって過言ではないのが、iPhone 12 miniの存在だろう。

iPhone 12 miniは幅64.2mm×高さ131.5mm×厚さ7.4mmで重量は133g。5.4インチSuper Retina XDRディスプレイを搭載する。

その兄貴分となるiPhone 12は幅71.5mm×高さ146.7mm×厚さ7.4mmで重量は162g。6.1インチSuper Retina XDRディスプレイを搭載。画面サイズと寸法はiPhone 12 Proと全く同じ。重量が187gなのでiPhone 12が25gほど軽い仕様になっている。

iPhone 11は幅75.7mm×高さ150.9mm×厚さ8.3mmで重量は194g。6.1インチLiquid Retina HDディスプレイを搭載する。

iPhone 11はiPhone 12に比べて幅で4.2mm、高さで4.2mm、厚さで0.9mm、重量で32g大きい。ディスプレイサイズは同一だが、iPhone 12シリーズ全モデルが有機ELディスプレイなのに対して、iPhone 11は液晶ディスプレイとなり、旧世代感があるのは否めない。

※データは2020年10月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/中馬幹弘

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。