人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スポーツ用にはコレ!JBLとアンダーアーマーが作った完全ワイヤレスイヤホン「UA TRUE WIRELESS FLASH X」

2020.10.24

ハーマンインターナショナルは、オーディオブランド「JBL」ブランドより、パフォーマンスアスレチックブランド「UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)」とコラボレーションした完全ワイヤレスイヤホン「UA TRUE WIRELESS FLASH X(ユーエー トゥルー ワイヤレス フラッシュ エックス)」を発売した。

「UA TRUE WIRELESS FLASH X」は、2018年発売の「UA TRUE WIRELESS FLASH」のアップグレードモデル。

最大のアップグレートポイントは、連続再生可能時間が、前モデルの約25時間(イヤホン本体は約5時間再生可能、充電ケースはフル充電でイヤホンに約20時間分の充電が可能)から倍増し、JBLブランドとしては最長クラスの約50時間(イヤホン本体は約10時間再生可能、充電ケースはフル充電でイヤホンに約40時間分の充電が可能)となったこと。

また、左右どちらかのイヤホンのみで使用したい場合に、それぞれ片方ずつでも音楽再生が可能な「Dual Connect」を採用したほか、イヤホン本体を充電ケースから取り出してAndroidデバイスに近づけるだけでペアリングが完了する「Google Fast Pair」にも新たに対応。さらに、マイク部分にはデュアルビームフォーミングマイクを新たに搭載し、よりクリアで明瞭な会話ができるようになるなど、前モデルより大幅に進化しているのだ。

そのほか、スポーツやトレーニング中に会話をしたいとき、日常使いでは買い物の会計時など、一時的に会話をするときにイヤホンを取り外さずに隣の人と会話することが可能な「トークスルー機能」や、ランニング時の安全確保、駅の構内放送を聞き逃したくない時に便利な「アンビエントアウェア機能」を、前モデルに続き搭載。

イヤホン本体はIPX7の防水性能に対応。ウイング付きエンハンサーに同社特許取得済みの「Flex Fit」デザインを採用し、ユーザーの耳の形にぴったりとフィットするよう設計されているのも嬉しいポイントだ。

5.8mm径ドライバーを採用し、周波数特性は20Hz~22kHz。音圧レベルは96dB/mW、インピーダンスは14Ω。Bluetoothのバージョンは5.0で、コーデックはSBC、AACに対応。重量はイヤホン本体が各約8.5g(イヤーチップ、スタビライザー装着時)、充電ケースが約103g。充電用ケーブル、イヤーチップ3サイズ(S、M、L)、ウイング付きスタビライザー(S、M、L)、充電ケース、「Map My Run」プレミアムメンバーシップ 1年間無料クーポンを付属する。

価格はオープン。JBLオンラインストアでの販売価格は17,800円(税別)。

関連情報
https://jp.jbl.com/

構成/立原尚子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。