人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

在宅ワークに使いやすいスライド式テーブル、可動棚、コンセントも装備したパナソニックの戸建住宅用内装部材「可動間仕切収納〝コロクロ〟」

2020.10.23

『可動間仕切収納“コロクロ”』 デスクタイプ

パナソニック ホームズは、戸建住宅のオリジナル内装部材として提案している、居室の間仕切機能と収納空間を備えた移動可能なユニット『可動間仕切収納“コロクロ”』から、デスクタイプを新たに展開した。

昨今のコロナ禍において、働き方・学び方・在宅の過ごし方の生活様式が変わり、対応できる空間や家具へのニーズが高まっている。

同社が実施した在宅ワークに関する調査によると、在宅ワークをしている場所は、夫の42%が「書斎・個室」、妻の59%が「リビング」と回答。

また、家族との距離感では、「家族がいない別の部屋」について約69%が「好ましい・やや好ましい」、「家族と同じ部屋で距離をとる・視線を遮る」について約34%が「好ましい・やや好ましい」と回答している。

今回新展開するデスクタイプは、従来の『可動間仕切収納“コロクロ”』に、スライド式テーブルや可動棚、コンセント、ケーブル穴等を備え、在宅ワークや学びに対応が可能。

ハンガータイプとの組み合わせにより、豊富な収納量を確保しながら居室の間仕切りができる。

また、底部にローラー付で簡単に移動と固定ができるので、部屋の模様替えにも柔軟に対応。置き家具のように設置占有面積が不要で、昇降ハンドルによりユニット上部の一部分を天井面に突っ張らせる機能付で地震時に転倒の心配もなく、居室を有効活用しながら、機能的で安全な暮らしを提案する。

■『可動間仕切収納“コロクロ”』について
『可動間仕切収納“コロクロ”』は、1983年に「間仕切収納ユニット」として発売を開始。2002年、新たに可動装置(底部のローラー)を内蔵して現在の仕様になった。発売開始以来、累計で36,000ユニットを販売。また、2017年8月には、キッズデザイン協議会(内閣府認証NPO)が主催する「第11回キッズデザイ賞」【子どもを産み育てやすいデザイン部門】を受賞した。

【「コロクロ」紹介動画】

https://youtu.be/hOnxcyyowmc

「可動間仕切収納“コロクロ”」関連情報:https://homes.panasonic.com/common/storage/kadoumajikiri

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。