小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

カメラが180°回転するギミックはどこまで使える?ASUSの高性能ハイエンドスマホ「Zenfone 7」の実力を検証

2020.10.22

パソコンやその周辺機器を多く販売しているASUS。どの製品も比較的安価に販売されているため、製品を利用したことがあるという人も多いのではないでしょうか。

そんなASUSの最新ハイエンドスマートフォン「Zenfone 7」と「Zenfone 7 Pro」が発表されました。1世代前のZenfon 6から採用された180°回転するアウトカメラをはじめ、ハイスペックなチップセット、大容量バッテリーを搭載した大画面スマートフォンになっています。

発売に先駆け、Zenfone 7をお借りできたので、使用感について紹介していきたいと思います。

Zenfone 7実機レビュー

早速、Zenfone 7を実際に試して分かった使用感、操作性について紹介していきましょう。

欠けのない大画面ディスプレイで大迫力の映像を!

まずはディスプレイ性能について。ディスプレイは6.67インチ有機ELパネルの大画面で、周囲のベゼルがかなり狭く設計されています。約6.7インチディスプレイを搭載したGalaxy S20+と比較しても、その画面の迫力が伝わりますね。

※左がGalaxy S20+ 5G、右がZenfone 7

本製品の最も大きな特徴ともいえるのが“FLIP ACMERA”。カメラの性能については後述するとして、筆者が特に気に入ったのが、ディスプレイにはインカメラが用意されていない点です。

※質量は弊社調べで237g

そのため、動画や写真は、欠けることなくディスプレイいっぱいに表示されます。ゲームをプレイする際も、一部が見えないといったことはないので、より迫力のある体験が可能になっています。

トリプルフリップカメラは180°回転してインカメラに!

最も注目のカメラは、6400万画素メインカメラ、1200万画素広角カメラ、800万画素の望遠カメラのトリプルレンズ構成。ポートレート撮影や夜景モードも搭載され、ISO値などを調整できるマニュアルモードも使用できます。

動画撮影では、4K、8K画質の動画撮影や、スローモーション撮影にも対応しました。様々な撮影モードを簡単に切り替えられるのも便利です。

Zenfone 7がスマートフォンとしても異彩を放っているのが、何度か紹介している通り、カメラが180°回転する点です。つまり、通常はインカメラを使用して撮影するセルフィーにアウトカメラを用いることができます。

そのため、広角セルフィーやポートレートセルフィーが使用できるほか、フリップカメラが自動的に回転してパノラマ写真の撮影もできます。独特な形状だけに、強度が気になりますが、カメラ部分は20万回の開閉テストをクリアしているとのこと。1日100回開閉しても、5年間は壊れない計算になるので、故障の心配はあまりいらないでしょう。カメラを開いた状態でスマートフォンを落としてしまっても、自由落下時に自動でカメラが収納されるようになっているので、こちらも心配はあまり必要ありません。

Zenfone 7で撮影した写真については、下記を参考にしてください。

※通常モード

※広角モード

※パノラマ

※マクロ

※夜景モード

※ポートレート撮影

5000mAhの大容量バッテリーを搭載

バッテリーには、5000mAhの大容量が搭載されています。リバースチャージにも対応しているので、外出先でBluetoothイヤホンの電池が切れた際などに、電源に接続しなくても充電を行えるようになっています。また、急速充電にも対応しているので、朝の支度時間などに充電しておくだけで、1日分のバッテリーをある程度確保できるでしょう。

指紋認証センサー搭載の電源ボタンは使い勝手抜群

本体の右側面に搭載された電源ボタンには、指紋認証センサーが搭載されています。スマートフォンの電源を付けるときに、そのまま指紋認証によってロックを解除できるので、起動はかなりスムーズに行えます。

また、電源ボタンはダブルクリックや長押しによって、Google アシスタントの起動や、設定したアプリの起動ができます。よく使うチャットアプリや、支払い系のアプリを設定しておくのがおすすめです。

高性能チップ&大容量メモリ搭載で操作性も抜群

メモリの容量やチップセットは、今回使用したZenfone 7と、上位モデルのZenfone 7 Proで若干異なります。Zenfone 7は、Snapdragon 865というハイエンド向けのCPUに、メモリ8GB、ストレージが128GBという構成なのに対し、Zenfone 7 ProはCPUがSnapdragon 865 Plus、メモリが8GB、ストレージが256GBとなっています。

Zenfone 7の構成でも、処理性能やメモリ容量はハイエンドクラスなので、普段使いはもちろん、FPSゲームといった重い負荷のかかる動作も快適に行えました。欠けのない大画面で滑らかに動くゲーム体験は、かなりの迫力ですよ。

大画面スマートフォンの迫力と高性能を楽しみたい人におすすめ

紹介してきた通り、ユニークなカメラ性能が特徴的なZenfone 7ですが、処理性能やバッテリー性能を見ても、かなり優秀なスマートフォンです。欠けのない大画面による動画視聴やゲームは、これまでのスマートフォンとはまた違う体験ともいえるほどなので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

Zenfone 7の詳細スペック

OS:Android 10
CPU:Qualcomm Snapdragon 865
メモリ/ストレージ:8GB/128GB
本体サイズ:165㎜×77.2㎜
質量:
ディスプレイ:約6.67インチ有機ELディスプレイ
カメラ:トリプルフリップカメラ(6400万画素メインカメラ F値1.8、1200万画素広角カメラ デュアルピクセルオートフォーカス、800万画素望遠カメラ 3倍光学ズーム 最大12倍デジタルズーム)
バッテリー:5000mAh(急速充電、リバースチャージ対応)

取材・文/佐藤文彦

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。