人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

465gの小型軽量ボディに新開発のボディ内手ブレ補正機能を搭載した富士フイルムのミラーレスデジタルカメラ「X-S10」

2020.10.20

富士フイルムは、 独自の色再現技術による卓越した画質と小型軽量を実現する「Xシリーズ」の最新モデルとして、 ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-S10」を11月19日より発売する。

「X-S10」は、 465gの小型軽量ボディに、 5軸・最大6.0段の手ブレ補正機能を備えるミラーレスデジタルカメラ。

新開発のボディ内手ブレ補正機能を搭載しており、手ブレ補正ユニットの基板を新たに設計するとともに、 部品を最適に配置することで、「X-T4」に搭載している同ユニットと比べ約30%の小型軽量化を実現した。

また、 シャッター時の微振動を効果的に抑制する衝撃吸収機構や、 微細な振動を検知するセンサーなどにより、 5軸・最大6.0段の防振性能を発揮。 幅広いシーンで高精細な写真を撮影できる。

さらに、 像面位相差画素を全面に配置した裏面照射2610万画素「X-Trans CMOS 4」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載。 最短約0.02秒の高速・高精度AFを実現し、 高い機動力を発揮する。

高性能な動体追従AFを搭載しており、 カメラに向かってくる被写体のみならず、 カメラから離れていく被写体も正確に捉え続ける。 さらに優れた顔・瞳AF機能により、 快適なポートレート撮影が可能だ。

暗闇に近い-7.0 EVの低照度環境下でも高速・高精度なAFを実現しており、夜景撮影など光量の少ない場合でも、 被写体を正確に捉えることができる。

メカニカルシャッター設定時では、 8コマ/秒の高速連写が可能。 また電子シャッター設定時では、 30コマ/秒のブラックアウトフリー高速連写を実現するため、 決定的瞬間を逃さない。

そのほか、軽量で高剛性のマグネシウム製グリップを搭載し、 高いホールド性を実現。大型の望遠ズームレンズなどを用いて撮影する際の負担を軽減し、 快適に撮影可能。

また、6K相当の豊富なデータ量から4K映像を生成することで、 ノイズの少ない高精細な映像を実現。 4K/30P 4:2:0 8bitでのカメラ内SDカード記録ができるほか、HDMI出力では、 より多くの色情報を記録できる4K/30P 4:2:2 10bitに対応。

フルHD/240Pのハイスピード動画撮影が可能で素早く動く被写体の一瞬のアクションも、 最大10倍のスローモーション映像で再生することができる。

「FUJIFILM X-S10」関連情報:https://fujifilm-x.com/ja-jp/products/cameras/x-s10/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。