人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界19か国の中で日本人が「複数回の短い休暇」を取る人の割合が最も多い理由

2020.10.21

日本人は世界で一番「短い休暇を複数回」取得する割合が高い

エクスペディアで世界19ヵ国の国際比較調査を実施したところ、日本人は世界で一番「複数回の短い休暇」を取得する人の割合が高いことが判明した。

また、休暇を取るうえで理想的なスパンを聞いたところ、日本人の半数以上が「毎月」取りたいと考えていることが分かった。

その割合も世界で最も高く、日本人は長期休暇よりも、短い休暇を頻繁に取得する傾向にあるようだ。

新しい旅のスタイル「ステイケーション」

世界で一番、「短い休暇を複数回」取得する割合が高い日本人。そんな日本人にぴったりなのが、「ステイケーション」という新しい旅のスタイルだ。

「ステイケーション」とは、滞在を意味する「Stay」と休暇を意味する「Vacation」を組み合わせた造語で、遠出をするのではなく自宅近郊の宿泊施設に滞在(Stay)して、気軽に楽しむ休暇(Vacation)のことだ。海外では広く知られているが、2019年3月にエクスペディアが実施した調査は、知名度は10%未満、意味を説明したうえで実際に行ったことがある人は16%という結果で、日本ではまだ浸透していない。

自粛制限が緩和されつつも感染に注意した行動が求められ、withコロナに合った旅行スタイルを求める方も多くいるだろう。「ステイケーション」は、車や電車で1~2時間程度以内の場所で宿泊するため、移動が少なく、かつ、渡航費を抑えることができる。

その移動に伴う費用の分をいつもより贅沢なホテルを利用することで、近くでも旅行気分を味わいリフレッシュをすることが可能。

例えば、ずっと憧れていた夜景のキレイなホテルや大きなプールのあるホテル、食事の美味しいホテルなどに泊まって、近場でありながら非日常な時間を過ごしてみてはいかがだろう。なお、エクスペディアでは皆様の安全を第一に考えている。政府や各都道府県の要請や状況を確認したうえで旅行の計画を立てることを推奨している。

アンケート概要:新しい旅行の形「ステイケーション」に関する調査発表 

調査対象:10年以内に旅行をしたことがある20代~50代の男女 計400名
調査期間:2019年3月9日~11日 
調査方法:インターネットリサーチ

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。