人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

北日本は本格的な紅葉シーズンに突入、東・西日本の見頃は平年並みの予想

2020.10.19

外出自粛の影響もあって、今年は四季の移ろいに鈍感になりがちだ。今なお予断を許さない状況ではあるが、季節はもう秋。冬が訪れる前に、感染症対策を徹底した上で、紅葉狩りを堪能したいという人も多いのではないだろうか?

このほど、株式会社ウェザーニューズが「第二回紅葉見頃予想」を発表し、東・西日本の見頃時期は平年並の予想で、〜高尾山(東京)は11月18日頃から 嵐山(京都)は11月20日頃から見頃になることが明らかになった。

以下に詳細を紹介していく。

見頃時期:北日本は本格的な紅葉シーズンへ!東・西日本の見頃時期は平年並の予想

葉が色付く時期は秋の気温と深く関係しており、気温が低いと色付く時期が早くなり、高いと遅くなる。

この秋は、9月中旬までは平年より気温が高かったものの、その後は寒気の影響を受け、北・東日本の標高が高い山では、現在、平年並〜やや遅い見頃を迎えている。

今後10月下旬にかけては、平均気温が平年よりも高い傾向にあり、北日本や東日本と西日本の山の一部では平年よりも見頃がやや遅れる可能性があるものの、周期的に晴れて朝晩の放射冷却が見込めることや、11 月以降の気温は概ね平年並となることから、東日本、西日本の多くの地点では平年並の時期に見頃を迎える予想だ。

鮮やかさ:十分な日照と適度な雨で鮮やかな紅葉に期待!

葉が鮮やかに色付くためには、秋に適度な日差しと雨があり、気温がしっかりと下がることが必要。

今後は全国的に天気が周期変化し、葉が鮮やかに色付くために必要な十分な日照や雨、朝晩の冷え込みが見込める。このため、全国的に鮮やかな色付きが期待できそうだ。

ただ、北日本や北陸では 11月前半に低気圧の影響を受ける恐れがある。荒天の具合によっては紅葉の見栄えに影響する可能性もあるため、葉の痛み具合に注目だ。

北・東日本の山は紅葉シーズン!各地で続々と見頃に

今シーズン、北・東日本の標高が高い山では、現在、平年並〜やや遅い見頃を迎えている。

前回(9月16日)の予想では、9月は全国的に残暑が続き、東北から東日本、四国の標高が高い山や北海道で、見頃は平年よりやや遅くなる見込み。しかし、9月末に寒冷渦が接近、通過したことで北日本や北陸には寒気が流れ込み、この影響で栗駒山(宮城)や室堂平(富山)では平年並の9月末〜10月頭に見頃を迎えている。

また、西日本も 10月に入ると高気圧圏内となり晴れて放射冷却が効いたことで、石鎚山(愛媛)など標高が高い山では一気に色付きが進み、平年より4日早い見頃となった。

週末にかけては北日本に寒気が流れ込み、既に色付きが進んでいる大沼公園(北海道)や田沢湖高原(秋田)でも平年並の見頃を迎える予想だ。

八幡平(秋田・2020年10月14日)

出典元:株式会社ウェザーニューズ

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。