人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コスパの高いオーディオテクニカ製ヘッドホンの特徴とおすすめモデル4選

2020.10.23

イヤホンやヘッドホンといったオーディオ製品は、各ECサイトなどを見ても、比較的安価に購入可能な海外製品などが多く登場しています。しかし、せっかく購入するのであれば、高品質で、サポートの充実も見込まれる国内メーカーのものを、と考えている人も多いのではないでしょうか。

国内のオーディオメーカーとして今回紹介したいのが、オーディオテクニカ(Audio-technica)
です。イヤホン・ヘッドホンともに、幅広い価格帯に多くの製品をラインナップしているので、一度は聞いたことがあるという人も多いはずです。

そこで、オーディオテクニカのヘッドホンの特徴や、おすすめの製品を紹介していきたいと思います。

オーディオテクニカのヘッドホン製品の特長

まずは、オーディオテクニカのヘッドホン製品の特長を紹介していきます。

オーディオテクニカのヘッドホンの特徴【中高音域のバランス】

多くのヘッドホンは、体に響くような迫力ある低音域に注力されています。これは、耳を完全に密閉できる形状が、イヤホンよりも迫力を出しやすいためでもあります。しかし、オーディオテクニカのヘッドホンは、低音を強調しすぎず、中高音域のバランスや、高音の伸びが特徴的とされています。

特に中高音域のバランスが良いと、ヘッドホンならではの耳を覆う構造もあり、音が全方位に広がるような豊かさを再現できることがあります。この音の広がりや伸びこそ、オーディオテクニカの真骨頂ともいえるでしょう。

オーディオテクニカのヘッドホン製品の特長【幅広いラインナップ】

中高音域のバランスが特徴と紹介しましたが、製品によっては体にズシンと響く低音を大事にしているモデルも存在します。オーディオテクニカの特徴は、価格や特徴別に幅広いラインナップがそろっている点でもあるのです。

そのため、多くの人が自分の好みの音質、性能の製品を見つけやすいメーカーでもあるといえるでしょう。

オーディオテクニカのヘッドホン製品の特長【デザイン性】

幅広いラインナップがある、という部分に共通するのですが、オーディオテクニカのヘッドホンは、シンプルな単色のモデルから、差し色がアクセントになっているおしゃれなデザイン、ウッド素材のユニークなデザインまで、様々なデザインの製品があるのも特徴です。

周りの人とは違う、個性的なヘッドホンを探しているという人のニーズにも応えられるでしょう。

オーディオテクニカのおすすめヘッドホン

ここからは、オーディオテクニカの中でも、特におすすめのヘッドホンをいくつか紹介していきます。

おすすめのオーディオテクニカヘッドホン【ATH-M60x】

はじめに紹介するのが、ATH-M60xという有線タイプのヘッドホンです。購入時には、状況に応じて付け替えられる、長さや形状の違うコードが計3種類付属するのもポイントの製品です。およそ2万5000円前後で販売されています。

黒のシンプルなボディで、大口径の45mmCCAWボイスコイルドライバーを搭載。幅広い音域をフラットに再生できる製品となっています。イヤーパッドとヘッドバンドは、長時間使用していても疲れにくい素材を採用しているのも嬉しいですね。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】ATH-M60x

おすすめのオーディオテクニカヘッドホン【ATH-WS330BT】

約1万円で購入可能なワイヤレスタイプのヘッドホンとして紹介するのが、ATH-WS330BTです。オーディオテクニカの中でも、特に40㎜ SOLIDBASSドライバーによって生まれる低音の響きに注力されたモデルとなっています。

マルチファンクションボタンが搭載されているので、電源のオン・オフや音楽の再生、曲送り、電話の応答や音量調節といった操作が本体のみで行えるのも特徴。1回の充電で最大70時間のワイヤレス使用が可能なバッテリー性能や、わずか167gの軽量ボディなど、使い勝手の良さが際立つ製品となっています。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】ATH-WS330B

おすすめのオーディオテクニカヘッドホン【ATH-ANC900BT】

ワイヤレスタイプのヘッドホンで、ハイブリッドデジタル方式のノイズキャンセリング機能を搭載したATH-ANC900BTもおすすめ。約2万5000円の製品となっています。

高域特性に優れた“ダイヤモンドライクカーボン”コーティング振動板を採用した、高解像度な音質が特徴。マイクも内蔵されているので、オンライン会議などでも活躍できる製品になっています。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】ATH-ANC900BT

おすすめのオーディオテクニカヘッドホン【ATH-WP900】

ハイエンドモデルのヘッドホンとして紹介したいのが、側面のウッドデザインが特徴的なATH-WP900です。約8万円と決して安価とはいえませんが、オーディオファンを満足させられるであろう高品質に仕上がっています。

側面に木を採用したのは、デザインのためだけではありません。木そのものが持つ音響特性によって、クリアな音場を再現しながら、音色は柔らかく暖かいものになります。ドライバーも53㎜と大型で、ドライバーの前室と後室の通気を最適化することで、歪みの少ないクリアな中低域の再生を可能としています。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】ATH-WP900 

※データは2020年9下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。