人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

NEDOとシャープが高効率太陽電池セルを活用し電気自動車用の太陽電池パネルを製作

2020.10.26

NEDOとシャープが電気自動車用太陽電池パネルを製作

NEDOとシャープは、NEDO事業で開発した世界最高水準の高効率な太陽電池モジュール(変換効率31.17%)と同等のセルを活用し、電気自動車用太陽電池パネルを製作した。

パネルは、1kWを超える定格発電電力を達成し、走行距離や走行時刻などの利用パターン次第では、年間の外部電源からの充電回数をゼロにできると試算している。

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、2016年4月に産学の有識者からなる「太陽光発電システム搭載自動車検討委員会」を設置し、運輸分野のエネルギー・環境問題の解決を目的として、太陽光発電システム搭載自動車に関する調査・検討を行った。

シャープや日産自動車らが参加する同委員会では、2018年1月に公表した中間報告書の中で「変換効率30%以上の太陽電池パネルを使用すれば、自動車のような限られた設置面積においても、1kWの発電電力を実現することが可能である」、「ユーザーの利用パターン次第では、年間の充電回数をゼロにすることが可能である」と試算している。

また、NEDOは2014年9月に策定した「太陽光発電開発戦略」の中で発電コスト低減目標達成のため、革新的で高性能な太陽電池の開発を推進する事業を行い、その一環としてシャープはIII-Ⅴ化合物3接合型太陽電池の技術により、世界最高水準の高効率太陽電池モジュール(変換効率31.17%)を開発した。

シャープはこのたび、移動体への太陽電池搭載の可能性を検証するため、日産自動車の協力の下、上記、III-Ⅴ化合物高効率太陽電池モジュール(変換効率31.17%)と同等のセルを活用して、電気自動車(以下、EV)用太陽電池パネルを製作した。

本セルは約0.03mmの薄いフィルム状であり、車体の曲面形状に沿って効率よく搭載できることから、1kWを超える約1,150Wの定格発電電力を実現した。本パネルは、公道走行用実証車(以下、実証EV)として、日産自動車のEV「e-NV200」に搭載されている。

今後NEDOは、本実証EVの実証結果のほか、2019年7月からトヨタ自動車が実施した、シャープ製の太陽電池パネルを搭載したプラグインハイブリッド実証車による公道走行実証のデータと併せて、IEA PVPS task17などの国際的な調査活動に生かす。

さらに、NEDOは新規事業として、車載用III-Ⅴ化合物太陽電池の実用化に向け、さらなる高効率化とコストダウンを推進し、太陽電池の新規市場創出とエネルギー・環境問題解決を目指す。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。