人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新しいLiDARスキャナを搭載しカメラが劇的に進化した「iPhone 12 Pro」と「iPhone 12 Pro Max」何が違う?

2020.10.14

Appleは、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxを発表した。

「これはiPhoneにとって大きな飛躍です。市場で最高の5G体験をもたらし、iPhoneに最大限のものを求めるユーザーに最も先進的なテクノロジーを提供します。

これまで、各世代のiPhoneは我々がスマートフォンに期待するものを変えてきましたが、5Gに対応したiPhone 12 Proは新たな世代のパフォーマンスを提供します。

ハードウェアとソフトウェアの緊密な統合は、より多くのカメラで使えるようになったナイトモード等のコンピュテーショナルフォトグラフィ機能を可能にし、Dolby VisionによるHDRビデオを可能にします。

最先端のLiDARスキャナにより、ユーザーはこれまでにないARを体験できます。また、明るさの足りない場面でのより高速なオートフォーカスやナイトモードでのポートレート撮影といった利点をカメラにもたらします。

これらの体験とさらに多くのことが、このiPhoneのラインナップを史上最高のものにしました」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、グレッグ·ジョズウィアック氏は述べている。

優れた5Gの体験

iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxでは、世界トップクラスのハードウェアと世界トップクラスのソフトウェアのシームレスな統合により、先進の5G体験を世界規模で利用できる。

iPhoneで5Gを使用すれば、高速なダウンロードやアップロード、より高品質のビデオストリーミング、よりキビキビと反応するゲームの体験、アプリケーション上でのリアルタイムなやり取り、高解像度のFaceTime通話などが実現。

iPhone 12 Proの各モデルはほかのどんなスマートフォンよりも多い5G周波数帯に対応するため、世界中で最も幅広く5Gエリアをカバー。

米国で販売されるiPhone 12 Proのモデルは、5Gのうち、より高い周波数帯を使用するミリ波にも対応するため、人が多く混み合った場所でも最高4Gbpsの通信速度を実現する。

また、iPhone 12 Proの各モデルにはバッテリー駆動時間を延ばすスマートデータモードが搭載されており、5Gが必要かどうかを賢く判断し、データ使用量、速度、電力のバランスをリアルタイムで調整する。

パワフルで効率の高いA14 Bionic

他の追随を許さないA14 Bionicは、スマートフォン業界で初めて5ナノメートルプロセスを使ったチップ。これまでで最速かつ最も効率的なA14 Bionicは、他のスマートフォン向けの最速チップと比較して最大50パーセント高速のCPUとGPUを備えており、コンソールレベルのゲームの体験、パワフルなコンピュテーショナルフォトグラフィなどを実現しつつ、素晴らしいバッテリー駆動時間をもたらす。

機械学習の限界を押し広げ、A14 Bionicはパフォーマンスをこれまでより80パーセント向上させる16コアのNeural Engineを搭載。これは毎秒11兆回の演算を可能にし、最も過酷な機械学習モデルにおいても向上したパフォーマンスを実現。

新しいデザインと革新的なディスプレイテクノロジー

高品質の素材で設計されたiPhone 12 Proは、洗練されたフラットなエッジの新デザインを採用。新しいデザインは医療に使われているものと同じグレードの美しいステンレススチール製フレームと精密でなマットな背面ガラスを使い、驚くほど強靭なCeramic Shieldを導入。

Ceramic Shieldで強化された前面カバーは、他のスマートフォンのガラスより強靭で、高温結晶化ステップを新たに加えガラス母材内のナノセラミック結晶を析出させることで、ガラスを超え、耐落下性能が4倍向上している。

外枠を狭めて隅々まで広がる驚くほど大きなディスプレイを使い慣れたサイズに収めた、6.1インチのiPhone 12 Proと6.7インチのiPhone 12 Pro Maxは、システムワイドのカラーマネジメントにより業界最高クラスの色精度を実現したSuper Retina XDRディスプレイを搭載。

さらにiPhone 12 Pro Maxでは、これまでのiPhoneの中で最大のディスプレイと350万ピクセル近い最高の解像度によって、まるで現実の世界のような驚異的な視覚体験が可能。

これらのOLEDディスプレイはHDRビデオコンテンツを生き生きと映し出し、最大時の明るさは1,200ニトに達する。

iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxは、業界最高クラスのIP68等級の耐水性能があり、最大水深6メートルで最大30分間の水没に耐えるほか、コーヒーやジュースなどの日常的な液体に対する耐水性能を備えている。

多彩なProカメラシステム

世界最高のプロのカメラは、A14 Bionicによる最先端のカメラハードウェアのおかげで、あらゆるレベルの写真やビデオの愛好家のための一層多彩なツール。

A14 Bionicは新しい画像信号プロセッサ(ISP)と共に画質を向上させ、伝統的なカメラでは実現できなかったパワフルなコンピュテーショナルフォトグラフィを実現。

iPhone 12 Proの各モデルは、Appleのマルチフレーム画像処理とコンピュテーショナルフォトグラフィをRAW形式の多用途性と組み合わせた、今年末に登場予定の新しいApple ProRAWも特長。

ユーザーは色、細部、ダイナミックレンジに対する完全なクリエイティブコントロールをiPhone上もしくは他のプロ向けの写真編集アプリケーションで体験できる。

iPhone 12 Proは、7枚構成のレンズ、ƒ/1.6の開放絞り値の新しい広角カメラを搭載し、これまでのiPhoneで最も明るく、明るさが足りない場面での性能が写真とビデオで27パーセント向上した。

120度の視野角を持つ超広角カメラは、狭い場所も壮大な風景も、より多くの光景をとらえることができる。焦点距離52mmの望遠カメラはポートレートの構図にぴったりで、4倍の光学ズームレンジを実現。

iPhone 12 Pro Maxでは、プロのカメラ体験がさらに進化。ƒ/1.6の開放絞り値の新しい広角カメラは、47パーセント大きい1.7μmピクセルのセンサーを誇り、明るさの足りない場面での性能が87パーセントも向上した。

広大な超広角カメラと、より近づいたショットやタイトな構図が撮れる柔軟性が増した焦点距離65mmの望遠カメラも搭載し、システム全体として、5倍の光学ズームレンジを提供する。

ナイトモードが強化され、TrueDepthカメラと超広角カメラでも利用できるようになり、さらに明るい映像を撮影できるようになった。

そして明るさが足りない場面で三脚を使うと、露光時間を長くすることでビデオを鮮明にし、光の動きを美しく描き、よりなめらかな露出を可能にする、ナイトモードのタイムラプスを搭載。

さらに、Deep Fusionが向上して高速になり、すべてのカメラに搭載されたほか、新しいスマートHDR 3によって複雑なシーンでもより現実の世界に近い写真を撮影できる。

iPhone 12 Proの各モデルは、スマートフォンの中で最も高品質なビデオを楽しむことができ、映画品質の映像制作のためのさらに進化したビデオ手ぶれ補正や、ワークフロー全体でDolby Visionを使った最高60fpsのHDRビデオの体験を可能にする初めてのカメラであり、唯一のデバイス。

Dolby Visionでのグレーディングは撮影中にその場で行なわれ、写真アプリケーションやiMovieでの編集中にも維持。

年末までにはFinal Cut Pro Xも対応。 Dolby Visionは撮影中も再生中もSuper Retina XDRディスプレイの素晴らしいコントラストを活用。またユーザーは最高4KのDolby VisionをサポートするAirPlayを使って、ビデオを外部デバイスと共有できる。

リアルなARと画期的なカメラの体験

まったく新しいLiDARスキャナがProモデルに搭載され、光の距離を測定し、その場面のピクセル深度の情報を利用できるようになった。

このテクノロジーにより、さらに高速でよりリアルなAR体験が実現。また、明るさの足りない場面でのオートフォーカスが6倍向上するので、写真やビデオをより正確に、より短時間で撮影できる。

この先進的なハードウェアとA14 BionicのNeural Engineのパワーにより、ナイトモードのポートレートが可能になり、明るさの足りない場所での美しいボケ効果を映し出す。

画期的で新しいMagSafeアクセサリ

MagSafeがワイヤレス充電をさらに良く、さらに効率的に。また、簡単に取り付けられ、iPhone 12 Proの各モデルを美しく引き立てるアクセサリのエコシステムも導入。

MagSafeは、ワイヤレス充電コイルの周囲を取り囲むマグネットの配列が適切な配置と効率のために最適化されており、いつでもiPhoneを完璧につなぐので、ほかにはない体験をiPhoneにもたらす。

MagSafe充電器は最大15Wの電力を効率的に供給し、既存のQi対応デバイスにも適合。MagSafe充電器と、iPhoneとApple Watchで利用できるMagSafeデュアル充電パッドといった充電用途のアクセサリに加えて、iPhoneの背面に簡単に装着できる新しいシリコーンケース、レザーケース、クリアケース、そしてレザーウォレットも登場。また、サードパーティ製の画期的なMagSafeアクセサリも登場予定だ。

iOS 14を搭載

iOS 14は、ホーム画面をカスタマイズする新しい方法を導入してiPhoneの体験を刷新。美しく再設計されたウィジェットは、タイムリーな情報を一目でわかるように表示し、ホーム画面のどのページにも、さまざまなサイズでピンで固定することができる。

Appライブラリは、すべてのアプリケーションを操作しやすい1つのシンプルな画面に自動的にまとめた、新しいスペース。iOS 14には、App Clipでアプリケーションを見つけて使う新しい方法、メッセージでつながるためのパワフルなアップデート、マップを使った環境にやさしい街の探索方法も導入されており、プライバシー機能の強化によって透明性とユーザーがコントロールできる領域も向上している。

価格と販売については、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxは、128GB、256GB、512GBのモデルがあり、仕上げはグラファイト、シルバー、ゴールド、パシフィックブルーの4色を用意。

価格はそれぞれ106,800円(税別)と117,800円(税別)から。日本、オーストラリア、中国、ドイツ、英国、米国などの30以上の国や地域では、10月16日(金)午後9時(日本時間)からiPhone 12 Proの予約注文を開始し、10月23日(金)から販売を開始する予定。iPhone 12 Pro Maxの予約注文は11月6日(金)午後9時(日本時間)から開始し、11月13日(金)から販売を開始する予定。

関連情報:https://www.apple.com/jp/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。