人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界初の8K対応!ホームシアターの体験をかつてない高みへと引き上げるデノンのAVアンプ「AVR-X4700H」「AVC-X6700H」

2020.10.18

世界初の8K対応AVアンプ「AVR-X4700H」&「AVC-X6700H」

デノンから「AVR-X4700H」と「AVC-X6700H」が8K映像信号のパススルーに対応した初のAVアンプとして世界に先駆けて発売される。

もちろん、ただ単に8Kに対応しただけではない。明るさと色の表現力を高め、映像のリアリティを向上させるHDR(ハイダイナミックレンジ)については、従来のHDR10、Dolby Vision、HLGに加え、HDR10+、Dynamic HDRにも対応。

TVからのマルチチャンネルリニアPCM信号やDolby Atmos、DTS:Xなどのイマーシブオーディオ信号の入力を可能にするeARC、ゲーミング&VR体験を革新するALLM、VRR、QMS、QFTなどの最新機能もサポートし、ホームシアターにおける体験の質をかつてない高みへと引き上げます。いずれもHDMI端子は8入力/3出力を装備。

そのうち1入力(HDMI 7)、2出力(モニター1/2)が8K/60および4K/120pのパススルーに対応する。全端子がデジタル映像コンテンツの著作権保護技術「HDCP 2.3」、そして従来のHD映像の2倍以上の広色域表現を可能にする「BT.2020」のパススルーに対応している。

品名:9.2ch AVサラウンドレシーバー
品番:AVR-X4700H
希望小売価格:180,000円(税抜価格)
JANコード : 49-51035-07287-5(AVRX4700HK)

品名:11.2ch AVサラウンドアンプ
品番:AVC-X6700H
希望小売価格:330,000円(税抜価格)
JANコード : 49-51035-07278-3(AVCX6700HK)

サウンドクオリティについては、“モンスター”と形容されるに相応しい圧倒的な物量とデノンが誇る高音質化技術を惜しみなく投入された旗艦モデルAVC-X8500Hの開発過程で得られた知見およびカスタムメイドの高音質パーツや回路設計技術を最大限に活用し、クラスを超えたクオリティにまで引き上げた。

ロスレスオーディオやイマーシブオーディオの真価を引き出し、ダビングステージに迫るサウンドをホームシアターで再現すること。このデノンのAVアンプが目指す理想を具現化したプレミアムクラスのAVアンプ。それがAVR-X4700H、AVC-X6700H。

AVR-X4700H、AVC-X6700Hは、立体音響再生のクオリティを最大限に引き出すために、パワーアンプに全チャンネル同一のディスクリート構成を採用し、チャンネルごとの音質差を排除している。

AVR-X4700Hは、最大出力235Wの9chディスクリート・パワーアンプを搭載。単体では9.2chまでの再生に対応し、パワーアンプを追加することで最大11.2chまで拡張することができる。

AVC-X6700Hは、増幅素子にAVC-X8500Hと同じDHCT(Denon High Current Transistor)を採用した最大出力250Wの11chモノリスコンストラクション・パワーアンプを搭載。新たに13.2chのプロセッシングに対応し、パワーアンプを追加すれば[7.1.6]やフロントワイドを含む[9.1.4]までシステムを拡張することができる。

また、5.1chシステムで使用する場合には5つのスピーカーをすべてバイアンプ駆動する「5.1chフルバイアンプ」にも対応。音声フォーマットについてはDolby Atmos、DTS:X Auro-3Dに加え、IMAXシアターの体験をホームシアターで再現するIMAX Enhanced、および新4K/8K衛星放送で使用されているMPEG-4 AAC(ステレオ、5.1ch)もサポートしている。

バーチャル3Dサラウンドテクノロジーについては、Dolby Atmos Height Virtualizer およびDTS Virtual:Xに対応。ハイトスピーカーやサラウンドスピーカーを設置していない環境においても、高さ方向を含むあらゆる方向からのサウンドに包み込まれるイマーシブオーディオ体験が可能になる。

AVR-X4700H、AVC-X6700Hは、Hi-FiコンポーネントおよびハイエンドAVアンプを開発する中でデノンが培ってきたディスクリート・パワーアンプやダイレクト・メカニカル・グラウンド・コンストラクションなどの技術、ノウハウを受け継ぐとともに、デジタルオーディオ回路にD.D.S.C.-HD32を搭載。

サラウンドサウンドのデコードからAL32 Processing Multi Channel処理、D/A変換に至るまで、すべての処理を32bitで行っている。また新たにAVC-X8500Hと同じ最新型の32bitデュアルコアDSPを採用し、ハイエンドモデルに迫る機能性と音質を実現した。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。