人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

情報通信技術関連を専攻したIT分野の卒業者数の多い国TOP3、3位ロシア、2位アメリカ、1位は?

2020.10.13

日本は「IT人材供給力」の低下が課題に

世界92の国・地域について、情報通信技術関連を専攻したIT分野の卒業者数をヒューマンリソシアが調査したところ、データが確認できた74の国・地域での合計は、年間約151.2万人。これは、約2,137万人である世界のIT技術者の約7%となる。また、地域別にみると、アジア・オセアニア地域が93.5万人を輩出しており、世界の6割強を占めていた。

また、AI(人工知能)やビッグデータ解析などこれからの科学技術の発展に重要となるSTEM関連分野においては、科学・数学・統計学などを専攻した卒業者数が、74の国・地域合計で、年間約237.8万人となった。地域別では、アジア・オセアニア地域が146.7万人を輩出している。

調査では、卒業後IT技術者として就業する可能性が高い情報通信技術関連を専攻したIT分野の卒業者数と、AI(人工知能)やビッグデータ解析などで重要となる、科学・数学・統計学などSTEM関連分野を専攻した卒業者数について、世界92の国・地域の大学等を対象に調査している。それでは「国別レポート」も見ていきたい。

IT分野の卒業者数、1位インド、2位米国、3位ロシア、日本は3.4万人で9位

情報通信技術関連を専攻したIT分野の卒業者数を国別でみると、1位はインド(55.0万人)、2位が米国(14.8万人)、3位がロシア(9.3万人)となった。

なお中国については同等のデータが取得できず対象外としているが、エンジニアリング専攻の大学学部卒業者数は、55.0万人のインドの2倍以上となる118.0万人。

また日本は、3.4万人で9位。他のアジアの国々では、5位にフィリピン(7.7万人)、6位ミャンマー(4.6万人)、8位インドネシア(3.9万人)、10位マレーシア(3.0万人)などがトップ10にランクインしている。

IT分野の卒業者数、増加率1位は183.3%増のアルメニア、日本は1.4%減

IT分野の卒業者数について、時系列でデータが取得できた直近年と比較した増加率を算出したところ(図表④)、アルメニアが183.3%増で1位となった。続いて2位はハンガリーで81.7%増、3位はスロベニアで66.3%の増加だった。

一方、DX(デジタルトランスフォーメーション)推進に向かう中、IT人材不足が叫ばれている日本は1.4%減と、卒業者数が減少している。

IT技術者の供給力を推計、1位ミャンマー、2位イラン、3位フィリピン

各国のIT技術者の需給バランスを見る参考として、現役IT技術者数に対するIT分野卒業者数の割合を算出したところ、1位は244.4%のミャンマー。

ミャンマーでは、現役IT技術者の約2.5倍にも上るIT卒業者が年間で輩出されていることになる。続いて2位はイラン(58.3%)、3位はフィリピン(42.9%)と続きました。高い経済成長が見込まれる新興国が上位にランクインしており、これらの国々では、経済発展に向けて、IT人材の育成に注力していると考えられる。

なお、この数値が高いほど、新たにIT技術者となりえる卒業者が多く輩出されており、IT技術者の供給力が高いと推測できる。一方、先進国と呼ばれるG7構成国について見てみると、日本が3.1%、米国3.1%、ドイツ3.0%など、0.8%のイタリアを除き、3~4%前後に留まっている。

※カナダについては、本調査シリーズでは対象外としている。

STEM関連分野の卒業者数、1位インド、2位米国、3位イギリス、日本は3万人で13位

続いて、これからの科学技術の発展に重要となるSTEM関連分野について、科学・数学・統計学などを専攻した卒業者数を国別に見ると、1位はインドで、113.7 万人となった。

歴史的に数学教育で定評の高いインドが、圧倒的な人数の卒業者を輩出している。続いて、2位が米国で28.1万人、3位がイギリスで10.2万人と続いた。

一方日本は、3.0万人で13位となった。その他のアジアの国では、4位にミャンマー(8.2万人)、9位バングラデシュ(4.1万人)がトップ10位に入り、韓国は日本より上位の11位(3.5万人)でした。なお中国については同様のデータが確認できなかったが、参考までに、サイエンス専攻の大学学部卒業者数は25.6万人となった。

STEM関連分野の卒業者、増加率1位デンマーク、2位ガーナ、3位コスタリカ、日本は減少

続いて、STEM関連分野の卒業者について、時系列でデータが取得できた直近年と比較した増加率では、最も増えていたのはデンマークで、44.7%増。続いて2位は、アフリカのガーナで42.6%増、3位はコスタリカで32.4%増となった。

日本は1.1%減と、IT分野の卒業者同様、減少しているという結果だった。なお、アジアの国でトップ10にランクインしたのは、10位のタイ(20.0%増)のみとなり、その他の主要国では、アメリカが20位(4.2%増)、インドが27位(2.6%増)となった。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。